2016年06月07日

■ショップに新フォルムのコーヒーカップ&湯飲みをアップしました。

工房で居候している、子スズメちゃんですが…。
うちに来て、2週間が経ってもう巣立ちヒナになりました。もうかなりしっかり飛びます。
しかし、幸か不幸か?ぜんぜん私たちに懐きませんよ。がく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗) これって、なんか残念なような…。
ゴハンを食べるときだけピイピイ言って、満腹になると『フン!!』と言う顔をして、用なしとばかりに落とし物を残して、勢いよく飛び去って行きます…。私が昔飼っていた、スズメのぴーちゃんとぜんぜんちがうなあ…。もうやだ〜(悲しい顔)
…いやいや、野生に戻るんだからこれでいいんですねexclamation と思いながらも、ちょっと寂しい私です。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


国産漆のうつわ専門店 和×和 にカップと湯飲みをアップしました。
2016IMG_4245.jpg
いろんな形のカップ類を5客入れています。ムード


↓サイズ感の比較です。Gメン75並びにしてみました。
2016IMG_4242.jpg
径8cm前後、高さは10cmくらいのカップたちです。
朱溜と木地溜、どっちもきれいですよ〜。どの子もプルプルお肌で憎いですっ。ぴかぴか(新しい)


ちなみに…。

↓漆の作業中はこんな感じでした。
2016IMG_3782.jpg
こんな素軽い感じも新鮮ですね。


↓こちら、手持ちのイメージです。
2016IMG_4055.jpg
ちょっと個性的?
2016IMG_4109.jpg
すっぽりとどれもいいサイズですよ!
木工旋盤の刃物の種類が増えたので、さらに豊かなラインが挽けるようになりました。


↓須恵器風の形です。
2016IMG_4099.jpg
意外と飲み口がいいですよ〜。


↓そして、こちらは卵形の湯飲みです。
2016IMG_4190.jpg
ふわっとした、優しい形でしょう?けっこう気に入っています。ぴかぴか(新しい)
能登産のケヤキの木目がうるわしいです。

↓ちなみに白木地の時はこんな感じでした…。
2016IMG_3232.jpg

2016IMG_4197.jpg
この形。コーヒーよりはお茶に向く形なんですね。(コーヒーもいただけますが…)

さて、これらのカップの印象的なしっとりした塗り肌ですが…。
上塗りに2006年産の岩手県の大森貴太郎さんの盛辺生うるし を使っています。
10年前の真夏の漆なんですね! まだ若い大森貴太郎さんの漆なので、勢いがあるような気がします。
カップや湯飲みを挽くのはとても楽しいので、松本もいろいろ木地を仕込んでいるようです。
また、ショップページで詳しくごらんくださるとうれしいなあと思います。わーい(嬉しい顔)



2016IMG_4512.jpg
さて、今日のおまけ写真は、かわいい居候の子スズメちゃんです。
ビンビン動くので、写真を撮るのもひとくろう…。ふらふら


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->