2016年08月16日

■2016年五色台の漆掻き(9辺目)

工房の3ニャンズのうちの最年長、13才のミルミル(黒猫♀)が、今日病院へ行きました。がく〜(落胆した顔)
以前から、長いシッポの先になんかかたまりがあるなあ〜と思っていましたが…。
今朝、なんとシッポの先が赤くなって血が出ているではありませんかexclamation
12年ぶりに病院へ行ったミルミル…。
改めて検査に行くことになりましたが、どうなっちゃうんでしょうか。たらーっ(汗)


さて、五色台にある工房のウルシ畑で、今年から松本が漆掻きをしています。
今日は引き続き、そのご紹介をしますね。


↓9辺目に行ってきました。ぴかぴか(新しい)
DSC_5451.jpg


↓漆の量は大幅アップしていましたexclamation
DSC_5454.jpg
前回10cc → 15cc とものすごく増えました。ちょっとビックリです。
雨がないのですが、降ればもう少し出るんだろうな〜。
台風が接近しているので、降雨を期待しているんですが、四国はどうなんでしょうか。


1辺目/2016年7月11日
2辺目/2016年7月19日
3辺目/2016年7月23日
4辺目/2016年7月27日
5辺目/2016年7月31日
6辺目/2016年8月4日
7辺目/2016年8月8日
8辺目/2016年8月12日

次回の10辺目は、ちょっと日を明けて作業をしようと思います。


2016G_5761.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
昨日撮った娘(プールに行く直前)とミルミルの写真です。
まだシッポが無事ですよ。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

2016年08月12日

■2016年五色台の漆掻き(8辺目)

ペルセウス座流星群が見ごろだというので、お風呂上りに家族で外へ出かけました。
私が以前からチェックしていた、近所の観察スポットに行ったんですが…。
(周囲が開けていて車の往来も少なく、街灯が近くにないところ。意外と少ないですよ〜)
流れ星さん見る!とはりきっていた娘ですが、やっぱり時間帯が早すぎたなあ〜(午後9時)15分滞在して2個しか流星が見られませんでした。あせあせ(飛び散る汗) (しかも娘気づかず)
子供はアトラクションみたいにバンバン何か見られるかと思ったんでしょうね〜〜。
何もない空間で夜空を凝視することは、まだできなかったです。ざんねんざんねん。

さて、五色台にある工房のウルシ畑で、今年から松本が漆掻きをしています。わーい(嬉しい顔)
今日はそのご紹介です。


↓昨日は8辺目に行ってきましたexclamation
DSC_5447.jpg
傷をつけると、やわらかい樹液がブワッとにじみ出て、流れます。
サラサラの樹液なので、散らないようにしっかりと回収しますよ〜。樹皮などに吸い込まれやすいので、事前にしっかりと鎌できれいに掃除しておくのが大事な仕事です。


↓漆の量は、だいたい前回と同じくらいみたいです。
DSC_5449.jpg


あいかわらず、雨がほとんど降りませんね〜。
台風が一度でも来たら、降雨が期待できるんですけども。たくさんの雨は、日照不十分や、傷をもつウルシの木を傷める原因になりますが、いくらかは降ってもらいたいものです。ふらふら

1辺目/2016年7月11日
2辺目/2016年7月19日
3辺目/2016年7月23日
4辺目/2016年7月27日
5辺目/2016年7月31日
6辺目/2016年8月4日
7辺目/2016年8月8日

今回は、例の凶悪アシナガバチさんにそっくりな子を見かけたので、ちょっと用心したそうですよ〜。
自然の規律の中では、人間は侵入者ですもんね。しっかり用心せねばexclamation


2016G_5733.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
工房の玄関横のウルシの木に住んでいる、カマキリさんです。
ウルシの葉っぱと同じ緑色で、忍者みたいです。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

2016年08月11日

■スズメとヒナゲシの丸重箱を製作中です。

もうお盆ですね。わーい(嬉しい顔)
娘が私の実家へ遊びに行きましたので、ゆっくり仕事をしていますよ〜。
今日から帰省先でお過ごしの方が多いんでしょうね。
工房は、来月の京都での作品展を控えていますので、いつものように仕事をして過ごすことになりそうです。あせあせ(飛び散る汗)


さて、そんな今日は私の製作中の作をご紹介したいな、と思います。


↓こちら、三段の丸重箱です。
2016G_5694.jpg
まだ制作途中なんですが、なんとなく雰囲気は分かりますでしょうか。
主役はスズメちゃん。
そして舞台はヒナゲシ畑…というイメージなんです。ハートたち(複数ハート)

下地でテクスチャを付けながら、描きました。ここまで進めるのに一番時間がかかります…。
これからはもう一度絵付けのぐあいをチェックして、調整します。
それから箔を貼ったり、彩色したりしますよ〜。


スズメちゃんはお花をくわえています。
2016G_5706.jpg
春のイメージですね。
ハッピーに、そして優しい気持ちになれるような、かわいらしいお重になればいいなあと思って作っています。
重箱の木地はトチで、五寸サイズ(径15cm)とごく小さい可愛らしい丸重箱です。
年末の関東の作品展に出せたらいいなあと思っています。わーい(嬉しい顔)


2016G_5682.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 
引き続き、パパラッチ・ザッキによるスクープ写真ですexclamation
2階の窓のスダレの隙間からパチリ。ちょっぴりキジバトさんが見えます。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2016年08月09日

■オーダー品の梅の花の三段重箱です。

工房の玄関横のウルシの木で、巣作りしていたキジバトさんですが…。
ぶじ2羽いることが判明しましたexclamation 夫婦でかわりばんこで巣に入っているみたいです。朝が交代の時間なのか、片方のハトさんが(雌雄ソックリで区別つかず)、こちらをジッと見ながら電線にとまっている姿を見かけます。
よく目が合って恐縮してますよ〜。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。


↓お客様からのご注文のお重箱です。
2016G_5654.jpg
梅のお花の絵付けがだいたい終わりましたよ〜。うれしいです。ぴかぴか(新しい)  ※前回
朱漆でしべをくっきりを描き、華やかで可愛らしい梅のお花を表現しました。
しべは、やや肉厚に描いていますので、上塗りをすると陰影が出てより絵に深みが出てきます。
だいたい絵付けができましたので、あとは細かい微調整をしていこうかな。
和紙肌の仕事
中塗りの様子


ところで、お重箱の構図には、今回も苦心しました…。
2016G_5662.jpg

もともとのお客様のイメージは、しだれ桜のお重箱を気に入ってくださって、オーダーでは梅のお花にというご注文でした。
しかし、桜と梅では、ぜんぜん魅せ方が違うことが分かり がく〜(落胆した顔)、構図や花の表現はガラッと変えました。
今回は、訪問着の絵羽柄のように、一枚の絵画として成立する構図になっています。
なので、見る面によって、違う流れの梅の枝を見ることができるんですよ〜。ムード

わたしに構成力がもっとあればいいんですけどあせあせ(飛び散る汗) 
方向性を決めて、下絵を作るのに相当時間がかかりました。
お重箱、特に角重箱は場面も大きく、面と面の区切りがはっきりしているので、丸重箱よりも難しい感があります。
また、角重箱は丸重箱よりも格が高いので、やはりそれなりの雰囲気がないと、器物に似合わないしなあ…。


↓以前制作した、梅の花尽くしの丸重箱。
2014MG_2213.jpg
梅でも雰囲気変わりますね。ムード
丸重箱はくだけた感じの絵付けがやっぱり可愛いです。


ご注文をいただいてから5年も経過しましたので、待って下さっているお客様に感謝です。
角重箱の上塗りは難しいので、あせらずよいタイミングで作業を進めたいなと思います。わーい(嬉しい顔)


2016G_5532.jpg
さて、今日のおまけ写真は… お昼寝ダラダラむぎ君です。
ゴハンの時間とミル姉ちゃんが帰ってきたときだけシャキッとします。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2016年08月08日

■2016年五色台の漆掻き(7辺目)

工房のお庭のセミさんの寿命がどんどん短くなってきています…。
クモの巣にかかって動かなくなったセミさんを集めて、葉っぱのお布団で看病?するのが、今の娘のブームです。
2日経てば、可哀想なセミさんも、クモ毒から回復して動けるようになりました。(←しらなかった!)
そんな生き返ったセミさんを、ウルシの枝に乗せてやると、すぐにストローを刺して樹液を吸うまで復活していたんですが、ここ最近のセミさんはそこまで進まずに、力尽きるようになっています。あせあせ(飛び散る汗)
今夜、今年初めてコオロギの声も聞きましたし…。
猛暑ですけど、確実に季節は、そっと秋が忍び込んでいるなあ〜と感じています。


さて、五色台にある工房のウルシ畑で、今年から松本が漆掻きを開始しています。わーい(嬉しい顔)



↓今日は7辺目に行ってきましたexclamation
DSC_5440.jpg
松本の漆掻きの場合、スタートが遅いので、辺数がすくないですよ〜。
傷を重ねるたびに、どんどん傷の長さを広げていたんですが、これ以降はあまり変わらなくなってきます。


↓漆の量もさらに増えました。
DSC_5438.jpg
いよいよ夏らしい樹液の色になってきました。
やっぱり、自分で自分好みの漆が採るのはとても楽しいみたいです。ぴかぴか(新しい)

1辺目/2016年7月11日
2辺目/2016年7月19日
3辺目/2016年7月23日
4辺目/2016年7月27日
5辺目/2016年7月31日
6辺目/2016年8月4日

次は8月12日くらいかな??
今年の夏も雨が極端に少ないのが気になります…。ここ数週間はまとまった雨がないかなあ。
渇水の香川県らしい夏ですが、そろそろ一雨ほしいところですね。



2016G_5646.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
今年もありました! コンポスト発のカボチャさんです。
お庭の一角は、このカボチャツルが占領し、大蛇のようになっていますよ〜〜。あせあせ(飛び散る汗)
もうちょっと大きくなったら、収穫して食したいなと思います。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

2016年08月06日

■お直しをした梅の箸置です。

ハラハラしましたが、オリンピックが無事はじまりましたね。
いままでは夏は仕事でしゃかりきになっていることもあり、なんだか縁遠かったスポーツの祭典ですが…
今回は偶然、お客様のお身内に日本代表の選手がいらっしゃると知り、ぐんと身近に感じています。わーい(嬉しい顔)
ささやかなエールですが、応援したいなあ。この夏の楽しみが増えました。ぴかぴか(新しい)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。

工房には、お客様から入院していただいているうつわや小物がいくつかありますよ〜。
その中でもちょっと珍しかったのがこの子です。


↓陶胎の梅の箸置ちゃんです。
2015IMG_8434.jpg
写真は去年お直しの様子です。
割れた状態の写真がありませんが…。
昨年、関東で強い地震があり、運悪くそのときに落ちてしまい、どちらもパカッとまっ二つになってしまいました。陶器の木地なので衝撃に弱かったのです。たらーっ(汗)
断面に麦漆(小麦粉と漆を練ったもの)を塗布し、つよく圧着しています。


↓その後、包帯がはずれて、かけた部分につくろいをしました。
2016G_0998.jpg
この時点で、もう痛々しい感じはなくなりました。ムード


↓上塗りをし直して、完成ですexclamation
2016G_5626.jpg
もう新品同様になりました〜。ぴかぴか(新しい) 私どもにとってもうれしい瞬間です。
お直しにはいつも時間がかかりますが、可能なかぎりは対応するように努めています。
今頃は、もとの持ち主さんのおうちの食器棚でなかよく並んでいるんじゃないかと思います。わーい(嬉しい顔)


2016G_5610.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
暑い中、すずしげなおもむきでウルシの葉っぱでお昼寝のアマガエルちゃんです。
今年はまだまだ暑いのかな?
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事

2016年08月04日

■2016年五色台の漆掻き(6辺目)

五色台にある工房のウルシ畑で、今年から松本が漆掻きを開始しています。わーい(嬉しい顔)
1辺目/2016年7月11日
2辺目/2016年7月19日
3辺目/2016年7月23日
4辺目/2016年7月27日
5辺目/2016年07月31日
今日は6辺目に行ってきましたexclamation


↓ついに6辺め!!
DSC_5429.jpg
傷をつけたとたんにブワッと漆樹液が出てきました。ぴかぴか(新しい)
圧力が高くなって、盛夏らしいウルシの木の生命力を感じます。


DSC_5435.jpg
だんだん増えてきましたね!
漆樹液の色は、にごりがさらに減り、粘度が少なくなってサラサラになってきました。

五色台の工房のウルシ畑まで、車で片道1時間弱くらいの道のりですが…。
松本はうれしそうに通っています。
今年は下調べの1本だけの漆掻きですが、まとめて漆掻きできる年が来るのが待ち遠しいです。わーい(嬉しい顔)



さてさて、今日のおまけ写真は…
2016G_5638.jpg
5月に拾って育てて放鳥した、子スズメのひよちゃんみたいな子です。
工房のバードレストランに1羽でやってきました…。
換羽中でボロボロ。ひよちゃんも今こんなかんじでしょうか。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

2016年08月02日

■オーダーの端反椀を納品しました。

真夏らしく暑い日々ですね。
工房のネコたちも思い思いの場所で、行き倒れておりますよーー。
さて、先日、お客様からご注文いただいた、端反のお椀をぶじ納品してホッとしているところです。ぴかぴか(新しい)


↓ケヤキの端反椀、2タイプです。それぞれ5客ずつのご注文でした。
2016G_5130.jpg
ツヤツヤの黒溜です。黒いお椀なのに、なんだか華やいで見えるから不思議ですね。


↓サンプルで制作した木地はこちら。
2016IMG_3057.jpg
左のお椀が、径12.5cm 高さ7.5cmくらいです。
右のお椀は径14cmくらい。高さはほぼ同じです。お客様に見ていただいたんですが、どちらも採用になりました。


↓こちらが完成品です。ぴかぴか(新しい)
2016G_5144.jpg
濃い木地溜仕上げかと思って前回はそのように書いていましたが…。黒溜だになりました。たらーっ(汗)
お色はおまかせくださいました。厳密には黒溜と木地溜の中間くらいの仕上げにしました。
黒いお椀なんですが、かすかにケヤキの木目が感じられる、やや透明感のある黒です。キレイですよっ。ムード
松本のおすすめです。


↓手持ちの雰囲気はこんな感じです。
2016G_5136.jpg
2016G_5140.jpg
…さすが松本のコレクション漆だなあ。
「国産漆」と言っても、一般的な?漆では、こういった雰囲気にはなかなかできないです。
とくに調合した漆ではなく、ていねいに長期熟成させた漆の自然な表情なんですよ〜〜。ハートたち(複数ハート)
うすく12回くらい塗り重ねましたので、この微妙なニュアンスが生まれました。

IMG_5147.jpg
光線が強く当たるところは、透明感のあるビターショコラのようなカラーです。
シンプルですが、国産漆の魅力っていろいろあるなあと思わせたお椀でした。

少し形が違うお椀2種ですが、とても使い出があると思います。
ながくご愛用くださると嬉しいです。わーい(嬉しい顔)


2016G_5606.jpg
さて、今日のおまけ写真は… 松本の漬けた今年の梅干しちゃんです。
スモモみたいなデッカイ梅だったので、立派です。
たっぷり梅酢も取れてラッキーです。ぴかぴか(新しい)
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作

2016年08月01日

■21時より570mlめんぱ弁当箱を再販します。

先月、めんぱのお弁当箱の最終オーダー会をしましたが…。
キャンセルが1点出ましたので、国産漆のうつわ専門店 和×和 で特選品として、本日21時より再販します。わーい(嬉しい顔)


↓総木地溜がベーシックプランです。オプションで黒溜、朱溜にもできます。
2016G_4940.jpg
イメージ写真のめんぱは、上塗り前の状態です。
仕上がりは下記の写真のように、塗り厚のある濃い色になりますよ。ぴかぴか(新しい)
2016_menpa_11_2_.jpg


●サイズ/570ml サイズ。
●色/総木地溜(オプションで黒溜、朱溜も可)
●仕様/蒔地の下地はなし。木地に刃物のはつりあとはなし。
●銀彩/オプションで好みの銀彩を入れることができる。
●保多織の袋付き。


詳しいスペックは商品ページをごらんくださいね。
ただし完成品ではなくオーダー設定になっているので、納期は来年になりますが、ご検討下さいますと嬉しいです。わーい(嬉しい顔)



2016G_5587.jpg
さて、今日のおまけ写真は…
電線にとまっていたクマゼミとクモさんです。
…何をしていたんだろう? 2匹とも押したり引いたりと、漫才に見えました。あせあせ(飛び散る汗)
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->