2006年08月09日

■琴平の箱屋さんへ行きました。

毎日、暑いですね。晴れ 
今日は琴平町にある箱屋さんを訪ねていきました。町の中心部にある、本当に古くて小さいお店(というか仕事場)なので、歩き回って探しました。

8_9_hakoya_.jpg
石堂紙器屋さんでパチリ。石堂さんはキャリア50年のベテランです。今回、作品を持って贈答用の紙箱の打合せをさせていただいたのですが、一つ一つ丁寧にサイズを計って手作りしてもらいます。
箱の化粧紙も、おすすめのものをいくつか見せてもらい、すっきりした桐目調のものに決めました。

以前は、香川県内にはたくさんの箱屋さんがあったのですが、どんどん廃業されてホントに少なくなってしまいました。うちの工房は変型ものの作品も多く、それに合う箱がずっと欲しかったのですがいいお店が見つからなくて困っていたんです…。(琴平でももう2軒しかないそうです)
隣町に、老舗のいい箱屋さんがあって、ほんとうに良かった!!

8_9_otera_1_.jpg

8_9_otera_2_.jpg
箱屋さんのすぐ近くにあります。



せっかくなので「こんぴらさん」の町の風景をちょっとご紹介します。

8_9_kanban_.jpg

8_9_hata_.jpg
『しあわせさん、こんぴらさん』の黄色い旗が
町並みのあちこちに立っています。
この黄色は、こんぴらさんを表す色で、あちこちに見られます。


8_9_mati_.jpg
知る人ぞ知る、讃岐の数少ない名酒「悦 凱陣」の酒蔵、丸尾本店さんの周辺の町並みです。(松本和明は下戸ですが、日本酒が大・大好き。昔から凱陣の大ファンです)
「美味しんぼ」に紹介されて有名になってしまいましたが、松本は当時掲載誌のスピリッツを持って丸尾本店さんに見せに行き(たまたま本の入荷が早い徳島で本を買ってすぐ行ったとか)、お店の人に「いつの間にこんなマンガが…」とびっくりされたそうな。(掲載に事前承諾はとらないんですね…)

こんな風に、琴平町は古いお店がまだ残ってて(とは言ってもかなり様変わりしたのですが)ちょっとほっとする雰囲気を感じることができます。人影
posted by 宮崎佐和子 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
徳島が本の入荷が早いなんて初めて聞きました。
高松の方が早そうなのに…。
でも、東京よりは発売遅いし、雑誌や本の種類も少ないですね。
東京の感覚で発売日に買いに行くとなかったり、関東にしかない雑誌だったりと肩透かしにあうことがあります。
掲載雑誌もあるかなぁ…。
Posted by SUWA@携帯から at 2006年08月10日 02:16
コンバンハ(^^)

松本によると徳島はジャンプやスピリッツなどの週刊紙の発売が二日早いそうです。(ちょっと前の話ですが)
四国でも徳島だけなんだって。なぜだろう??

『チルチンびと』は大きい書店なら香川にもあります。(住まいのコーナーに…)
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年08月10日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1095876

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->