2006年08月13日

■私のお気に入り/古い重箱

一時期、松本と地元の骨董・古道具屋さんをまわったことがありました。
古くていいものはないかな〜とけっこう探したのですが、なかなか漆器(ちょっとでもマトモなもの)は無いんですよね…。(これが陶器類ならそこそこあるんですが)

そんな中、私がちょっと気に入って買ったのがこの小ぶりの重箱です。
いい品ではないのですが大きさや、きっちり作っていない?というおおらかさがかえっていいかな〜と。(^^)

8_11_hako_1_.jpg

4段重で梨地に桃?のような植物のごくかんたんな蒔絵が付いています。
しかしこの4段の箱、どう並べても絵柄がうまく繋がらないんですよね…(^^;)

でもまあ、それもご愛嬌、ということで。

8_11_hako_2_.jpg

実はこの重箱、蓋が2枚付いています。
なので、二つのお重にして使えるというものなのです。


8_11_hako_3_.jpg

いまこの重箱は、私のアクセサリーBOXとして
使われています。
(ジュエリー、とまではいかなくても
素朴な天然石のアクセに凝ってます)
軽いし、小ぶりで重ねて使えるのでけっこう便利なのですムード



この重箱、そんなに古いものではなく昭和頃に作られたものではないでしょうか。骨董、というより古道具といったものと思います。
決してそんなにきちんとした作りではないので、お料理を入れるのにはちょっと…というものですが。
それでもけっこう可愛いところがあって、こんな小物入れにしたら素敵じゃないでしょうか。

(それにしても骨董の漆器はわりと良いものでもすごく安い! 陶器類はあんなに高価なのに…。なんか納得いかないなあと思うことがあります)
なぜかなあ… (^^;)バッド(下向き矢印)
posted by 宮崎佐和子 at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ お気に入り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1112215

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->