2015年02月06日

■オーダーの竹筒のお線香入れの木地です。

今日の10時半ごろ、徳島で震度5強というけっこう大きな地震がありました…
香川県はあんまり揺れなかったらしく、私は車で運転中だったしでぜんぜん気付きませんでした。あせあせ(飛び散る汗)

娘が保育所の日だったのですが、そんな時に限って、いきなり高熱が出てすぐ返品されてしまい(滞在時間15分)今日は朝からバタバタしておりました。うー、朝はいちおう平熱だったのに。
今のところ、インフルエンザのテストは陰性でしたが…。う〜ん、気が抜けません。
子供も、自らはだしになって「遊ぶぞ!」と張り切っていたのに… ショボ〜ンです。
うちは自営で今はシーズンオフだからやくりくりができますが、お勤めのお母さんはホント大変ですね〜〜。
はやくよくなって〜〜〜。ふらふら

さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
今回もお客様のお品です。オーダー品ですよ。


バッド(下向き矢印)竹で作った木地がズラリ…。
竹筒の線香入れ1
なんのお品かと言いますと、「竹筒のお線香入れ」になるのです。ハートたち(複数ハート)


バッド(下向き矢印)こちらの「竹筒のお線香入れ(山帰来)」の追加制作となります。
竹筒のお線香入れ(山帰来)
もう当分は竹筒の木地を作る予定がないので、お問合せいただいた時に、どうしよう〜と思いましたが…。
お線香入れに良さそうな木地をストックの中から、4つ見つけてきましたので、ぶじお受けすることができました。(ホッ!)
とりあえず、4つとも作業を進めていくつもりです。ある程度仕上がったら、竹の表情を見て、山帰来の図柄が似合いそうな木地に絵付けしようかな?と思っています。

マダケ
さて、「もう当分は竹筒の木地を作る予定がない」と書きましたが…。
竹の加工はたいへん手間がかかります。竹の仕入れ、油抜き、加工、と全部松本がしていましたが、けっこうな一大イベント?でしたよ〜。
ちょっと次回はいつするかどうか、見通しができません。
※竹の「油抜き」をしました。(前編)
※竹の「油抜き」をしました。(後編)
※竹筒づくり

…竹って、切って、乾かして、削ればいいものではないのですね〜。
私もこの仕事をするまでは、ぜんぜん知りませんでした。




バッド(下向き矢印)竹の切り口は強度がないので、和紙や糸を巻いて補強しています。
2015IMG_4132.jpg2015IMG_4134.jpg
蓋の方が糸を巻いた竹筒です。節の部分で切っていますので、このように野趣あふれる筒となっています。

山帰来にならなかった方の筒は、その筒の雰囲気にあった絵付けをしようと思います。
線香入れになりそうなサイズの木地は残り3つのみですので、満足いく仕上げにしたいなーーとおもってます。わーい(嬉しい顔)
はやく子供が元気になりますように。



2015IMG_4147.jpgさて、今日のおまけ写真は…

産直で買ってきました。たぶん、桃の花だと思うんですが。
早くお花が咲かないかな〜〜
春よこいこいっ。

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 21:47| Comment(5) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
この記事へのコメント
こんばんは。

ニュースで地震のことを見て気がかりだったのですが、
香川では揺れが少なかったとのことで、一安心しました。
ご無事で何よりでした。

自然災害はいつも突然なので、
気を付けるにしても難しいところですよね・_・;


竹もですが、素材によって様々な雰囲気・風合いを感じられるところも
漆の素晴らしいところなのかな、と感じました。

完成が楽しみですね!
Posted by GIL at 2015年02月07日 00:52
GILさん、こんにちは!
お気遣いありがとうございます。(^^)
気を付けなければ!と思いつつ、普段はわすれているので… ドキッとしました。
ものを積み上げているところが多いので、どうにかできるといいですが…;;

竹って、魅力的な素材ですよね。
漆でより引き立てばいいなあ〜と思います☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2015年02月07日 15:27
こんばんは
お線香入れ、これほど手間がかかるとは知りませんでした。
ありがとうございます。
とっても楽しみにしています♪


Posted by Tです at 2015年04月10日 22:56
Tさん、こんばんは!!
コメントをくださいまして、ありがとうございます。(^^)
そして、とてもお待たせしています。
4月から子供が保育所に通い始めましたので、環境が整ったら絵付けをしていきますね。
何とぞよろしくお願い申し上げます☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2015年04月10日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113286107

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->