2015年02月28日

■オーダー品の茶櫃を中塗りしました。

2歳の娘ですが、春からの保育所が決まりました…。ぴかぴか(新しい)
第一希望のところです、よかったーーexclamation×2 一時保育でときどきお世話になっていたところですが、春からは毎日通えるんですね。あとから聞いた話では、かなり人気で倍率の高いところだったそうで(知らなかったよ…;;) ホントよかったです〜。
ここでも仲のよいお友達ができているようで、駐車場で「あ、○○ちゃん来た!」と可愛いお友達が娘に声をかけてくれます。
言葉が遅く、しゃべれない娘なので、コミュニケーションの言語といえば「ウンウン」「ダメ」くらいしか言えないのに… どうやってお友達と交流しているかホント不思議ですがあせあせ(飛び散る汗)
お友達のケンカの仲裁をしたり、風邪を引いたお友達にティッシュで鼻をふいたりとお世話もしているそうな。(←これを先生から聞いて驚愕… 家での彼女と違いすぎる がく〜(落胆した顔)
もう3月、出てきたチューリップの芽を見て「チーップ!」とうれしそうな娘を見て、春の期待がふくらみます。ハートたち(複数ハート)


さて、そんな今日はこれをご紹介したいなと思います。
お客様のオーダー品の茶櫃と茶托です。


バッド(下向き矢印)漆室の中…。ただいま、中塗りをしたところです。
茶櫃の中塗り
茶櫃の木地 茶托の木地 オーダー 国産漆←白木地の時は、こんな感じでした。
径が一尺二寸(約36cm)茶托5枚も一緒です。








もうずいぶん前に引退された香川県の伝統工芸士さんの挽いた茶櫃で、在庫わずかのところ、運良くおさえたものです。吸着旋盤ではなく木製のはめ木で丁寧に挽いた木地で、とっても姿がよい茶櫃なのですよ〜。
この茶櫃、今まで何度もていねいにすり漆を重ねて、ゆっくり進めていました。
そしてご注文当初は、木地溜の無地仕上りの予定でしたが… 昨年末に追加で銀彩の絵付けが決定しました。これは絵付け前の中塗りとなります。
蓋の内側に、ミズナラのドングリちゃんが入る予定ですよ〜。図案も決まりましたが、とっても可愛くなりそうで楽しみです。
長くお待たせしているので、早くお渡ししたいなあと思います。わーい(嬉しい顔)




スミレさて、今日のおまけ写真は…
今年も可愛く咲きました。黒ハート
工房の庭の片隅のスミレちゃんです。今年は少し株が広がったような気が…。
スミレの花は食用にできると聞き(サラダとか、デザートとか… ちらし寿司に乗せてもかわいい)
スミレを増やしたいな〜と考えています。

いつもありがとう…→ ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114418072

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->