2015年04月09日

■オーダーのお重箱、製作中です。

今週は、月曜日からまいにち娘は保育所…という夢の期間の始まりでした。(いま2才6ヶ月)
毎朝、娘はもう喜んで出かけていきます。教室では、ならし保育中のクラスメイトが「ママ、ママ、行かないで!」と泣き叫んでいるのを「???(えーなぜ?)」という感じで不思議そうに見ている娘は、保育所で遊ぶのが大好きです。
しかも、お迎えに行っても(クッ、まだまだ遊びたいのに…ふらふら)と迷惑そうな顔をするのはなぜ??
毎日、帰りは保育所の玄関で「イヤーーーッ」とエビぞりになって、先生に「あらまあ!」と言われるのが日課になってしまいました。あせあせ(飛び散る汗)
はあ… つかれるわあ…。
子供が朝からいなかったら、どんだけ物事がサクサク進むだろうとワクワクしていましたが、溜め込んだいろんな雑用に手間がかかっていて、なかなか作業部屋でゆっくりできません。もうやだ〜(悲しい顔) 要領わるすぎだなあ。
はやく自分の仕事部屋を片付けて、じっくり仕事をしたい! 来週はその環境をめざします…。

さて、そんな今日はこれをご紹介いたします。


バッド(下向き矢印)作業中のお重箱ちゃんです。
2015IMG_6122.jpg
五.五寸(約16.5cm)サイズの角重箱、お客様のオーダー品です。
優雅な和紙肌仕様です。ほぼ1年前に外側の和紙を貼り直しました。
じつはもう、かれこれ4年くらい前にいただいたオーダーだったりします。(うわっビックリしないでください;;)
もともと角重箱は、制作工程がとっても多いので時間がかかるんですが…。私の出産や育児が間に入ってしまったため、よけいに間があいてしまいました。たらーっ(汗)
「あせらずに良いものを作ってください」という言葉に甘えすぎ…だなあ〜 うう反省。
工房のお客様は、じっくり待ってくださる方が多くて、申し訳なく思います。


バッド(下向き矢印)(おそらく明治時代の)大福帳の和紙を貼りました。
和紙貼り
以前も書きましたが、とってもいい和紙でした。もう使ってしまって残念です。
今回は、全体をすり漆をしました。これで、和紙が器物になじんできます。

バッド(下向き矢印)うーん、やっぱりいい和紙だなあ〜。とても風合いがいいです。
2015IMG_6123.jpg
このお重箱は、黒地に梅のお花の柄付けをする予定になっています。
今からもう、私の脳内にこのお重箱ちゃんが仕上がった、凛々しい姿が目に浮かんできます。(妄想)
その幻影にたどりつけるよう、今年は順調に進めたいなと思います。わーい(嬉しい顔)



2015IMG_6178.jpgさて、今日のおまけ写真は…

木工場でノビ〜のミルちゃんです。
木工場に行くと、いきなり天井から落ちてくるので、いつもビックリします…。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118010227

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->