2015年04月22日

■オーダーの茶櫃に、ミズナラを絵付け中です。

2才6ヶ月の娘の高熱はあいかわらず続いています。あせあせ(飛び散る汗)
今日は、おんぶでなく抱っこがいいと泣いて私にしがみつき、40度越えでアツアツの12キロの体を何時間も抱いてました…。
こんなに高熱が続くのははじめて…もう3日経ったのになあ〜。
今日は病院で違う薬を処方してもらいましたが、最近の娘は麻薬犬なみ?の嗅覚で、好物に仕込まれた薬の味に気がつき「イヤッ」と言ってガンとして飲まないんです。もうやだ〜(悲しい顔) 
新しい薬は試しの1日分で、2包しかなかったのに1包をムダにしてしまいました。なんとか残り1包を飲ませることができて、少し症状が落ち着いた気がするので、明日はもう少し出してもらおうと思います。


さて、そんな今日はこれをご紹介したいと思います。
今日もお客様のオーダー品ですよ。わーい(嬉しい顔)

バッド(下向き矢印)茶櫃の蓋の裏に絵付け中です。
ミズナラ
この騒ぎで、しばし仕事がとまっていますが… とほほ。
描いているのは、ミズナラです。お客様のご希望なんですよ。今まで「ドングリの木の一種」という認識しかなかった樹木ですが、この機会にいろいろ調べてとっても愛着が湧いてきました。ムード 一枚ずつ葉を描いていて、最近になってやっとさまになってきたところです。
径が一尺二寸(約36cm)ある、りっぱな茶櫃なので、かなり大きな画面になります。単純な線描のデザインなので、今回は私にしては珍しくきっちり下絵を作り、慎重に描いていますよ〜。
この葉っぱは「舞台」です。この葉の収束するところに、主役になる金色の可愛いドングリをたくさん描きます。ぴかぴか(新しい)

バッド(下向き矢印)白木地の時は、こんな感じでした。
オーダーの茶櫃と茶托 国産漆
茶托5枚も一緒に製作中です。
トチ材なのですが、杢がそこそこ入っている雰囲気の良い木地だったので、大きな絵が入って杢が見えなくなるのがもったいなく感じ、お客様にご相談して葉っぱは線描になりました。
制作の過程 ※木地の仕入れ → ※木地固め  → ※中塗り

…これまた、2年以上お待たせしているお品ですね。たらーっ(汗)(木地を仕入れた時は、娘は寝返りを始めた赤ちゃんだったりするし;;)
もうここまできたら、焦らず慎重に仕事を進めていきたいと思います。



2015IMG_6753.jpgさて、今日のおまけ写真は…
何やら怪しい、人形のぽぽちゃんです。
一時小康状態になった娘が、ぽぽちゃん人形と遊びました。
ぽぽちゃんも病気になったかも?と私が言うと、娘は本と自分の枕でベッドをつくり、人形を寝かしつけて看病してました…。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
この記事へのコメント
あらら、娘さんつらそうですね・_・;
やはり季節の変わり目ということもあるのでしょうか。
早く回復するよう祈っています。

ナラの木といえば、うちの周辺にも
コナラやミズナラの木がたくさんありまして
家具やシイタケの原木、木炭などにも使われているようです。


季節の変わり目といえば
こちらも急に暖かくなってきたのですが、
私も、なぜか最近肩こりがひどいです^_^;
Posted by GIL at 2015年04月24日 00:14
GILさん、こんばんは!

昨年の秋は子供とドングリハンターになっていたので、いろんなドングリを集めました。
コナラやミズナラのたくさんある森は豊かな森なんでしょうね〜。
思わず童心にかえってしまします。

娘のほうですが4日目になんとか回復しました。(^ ^;
私も子供もはじめての体験なので、あわてましたが、とりあえずよかったです。
心配してくださってすみません;;

肩凝りもいやですよね、こじらすのはよく言われて私もすごく凝っていることに気付きました。(焦
葛根湯がわりと効きますよー。もしおうちにあったらのんで見てください☆

Posted by 宮崎佐和子 at 2015年04月24日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/122276982

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->