2008年04月02日

■あらためて工房のメンバーの紹介です。

この日記はこの4月で3年目を迎えました。
最近見て下さっている方のために、改めて「和うるし工房あい」のことをごく簡単にご紹介しようと思います。^^

まずはメンバー。
松本和明と宮崎佐和子の二人でやっています。(別姓なんです)
4/2松本と宮崎

松本は高松市の塗師屋さんの息子で、8才からずーっと漆をやっています。
「漆ばか」なんですね。
若いけどキャリアは30年近くあります。
私は丸亀市出身で香川県漆芸研究所に入所するまでは、地元の出版社でいました。
私たちが結婚して「和うるし工房あい」を立ち上げたのは2001年の春。
「和うるし」、つまり日本産漆だけを使ってものづくりをしようというのが工房のコンセプトです。
しかも「日本産の漆ならなんでもよい」というのではなく、自分で選んだ最高の日本産漆だけを使うというのが揺るがない指針です。
つまり料理人が「鯛ならなんでも良い」というのではなく「○○でさらに○○の時期が良い」と自ら選んで来るようなものでしょうか。
ごく当たり前のことのようですが、実際に漆の良し悪しにこだわる人はほとんどいないのがふつうです。
松本の漆液に対する目利きは鋭く、大変シビアです。

松本の転機は、漆芸研究所の研究員時代に、実際の漆掻きを徳島で見たことでしょうか。
「木から流れ出る樹液は、知っているどの日本産漆とも違う」とショックを受け、2000年、浄法寺で漆掻きを学ぶこととなります。

4/2浄法寺で漆掻き研修中の松本


私はもともと「漆の木」にはとても興味がありました。
研究生時代中に「西日本の漆を守る会」が発足した時は、会報づくりのお手伝いをしながら、西日本の漆の産地、岡山、京都(丹波/夜久野町)徳島にもよく行き、漆掻きさんたちの事情も間近で見たものです。
とにかく日本産漆の現状は、現場に足を運ぶとびっくりするようなことばかりでした。


*****************************************

…当時から考えると、この工房の仕事もよく続いたなあ、と思います。
私たちが独立して二人で仕事を始めた時、多くの方(特に漆関係の方)は「理想は高くても、こりゃ続かないだろう」と、思われたかと思います。あせあせ(飛び散る汗)
「漆を仕事に食っていく」だけでも困難と言われているのに、「日本産漆しか使わない」というのだから、これはもう狂気の沙汰、というわけなのです。
そのぶん、ご心配をかけたかと思いますが…。
なんとかやっています。^^

松本は「ぜったい日本産漆の良さを知ってもらう」と、
私は「日本産漆だけでやっていける前例になろう」ととにかく続けてきました。
目標はいろいろあるのですが…これからもがんばっていこうと思っています。

さて、なんだかちょっと固くなりましたが…。たらーっ(汗)
明日は工房の大事なメンバーたち、「和うるし工房あいのネコ」たちを改めてご紹介しようと思います。

今日もクリック^^…iモード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) |   工房のメンバー
この記事へのコメント
3年目突入、おめでとうございます。
他のこともそうですが、ブログも毎日続けるのって、なかなかできないことですよね。
これからも楽しみにしていますので、
いろいろ教えてくださいね。

>monacoさん、お茶をされているんですね。
そうなんです。
こちらのブログを知ったのも、
お茶仲間で漆芸作家のかたのブログからなんです。
茶道で使う漆の道具だけでなく、日常で使う漆器・陶器も興味ありありです。
Posted by monaco at 2008年04月03日 12:09
こんにちは☆
人が行かない道はとても大変なご苦労があると思いますが それだけに他には知りえない価値ある時間は流れているのだと思います
強い志を持たれたお二人。。。
歩かれる道に日はずっと照らされていると思います

って
何も知らないまま生意気書きました^^;
ネコちゃんメンバーご紹介楽しみです♪
Posted by reniko at 2008年04月03日 12:43
monacoさん、こんばんは。
今日はとても風の強い日だったのですがお住まいの方はどうでしょうか。

>3年目突入、おめでとうございます。
他のこともそうですが、ブログも毎日続けるのって、なかなかできないことですよね。

ありがとうございます。^^
本当は、毎日、とはいかないのですが、なるべく心がけています。
自分自身も去年のことを振り返ったりして、貴重な記録にもなっていて、それはそれで便利あんですよ。
(二人とも記憶力がないので、とくに;;)

>こちらのブログを知ったのも、
お茶仲間で漆芸作家のかたのブログからなんです。

わっ!そうなんですか。
お茶人さんで作家さん、というのはとても憧れます。すてきですね。
その方によろしくお伝え下さると嬉しいです。

>茶道で使う漆の道具だけでなく、日常で使う漆器・陶器も興味ありありです。

うつわっていいですよね。
私も何にも知らない頃は「何が違うんだろう」と思っていましたが、いろいろ見えて来るととも奥が深いです。
未熟者ですが、こちらこそ色々教えて下さるととても嬉しく思います。
どうぞ、よろしくお願いします。

Posted by 宮崎佐和子 at 2008年04月03日 20:38
renikoさん、こんばんは!
コメントを下さいまして、とってもうれしいです〜。
renikoさんちのネコちゃんは元気でしょうか。
(またアップして下さいね)

>人が行かない道はとても大変なご苦労があると思いますが それだけに他には知りえない価値ある時間は流れているのだと思います

ものごとには、タイミングや運があるような気がします。
私自身がこの仕事に向いているかどうかは疑問ですが、縁あってこうしているのだと思います。
なので、いつも出来ているかは別ですが、できるだけ最善を尽くしたいなあとは思ってます。

>歩かれる道に日はずっと照らされていると思います

はい… うすい日ざしかもしれないけど、そう信じてやっていきますね。

猫さんたちは3匹いるので、1匹ずつ紹介して行きます。
猫ですが… やっぱり今までの歩みと連動しているので、やっぱりいろいろ思いがあります。
見て下さると嬉しいです。

ではでは、これからもよろしくお願いします。
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年04月03日 21:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13495042

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->