2015年06月07日

■ショップ和×和に、工房初期の孫椀をアップしました。

毎日、午後2時〜4時ごろに猛烈な眠気に襲われます。ふらふら
今日も意識が遠くなりましたが、気合いでビックウェーブをなんとか乗り越えました。この眠気さえやってこなければ、日中もっと仕事がはかどるのに… ブツブツ。
そんな大波を乗り越えながら?今日はショップ和×和に、お椀を追加しました。


バッド(下向き矢印)ラッパ形の孫椀たちです。ムード
2015IMG_8391.jpg
どれも工房初期(2003〜2005年頃)に制作したものです。
完成しないまま、置いていたものを最近上塗りをして仕上げました。上塗り漆は最近使っているものですが、中塗りまでの漆や作風は、当時の岩手県産の漆だけを使っています。
…こうしてみると、当時もいろいろ漆の表情にチャレンジしていたんだなーと思いました。


バッド(下向き矢印)絵付けした孫椀。
2015IMG_8254.jpg
日輪をイメージした紋様なのですが、アクセントに金箔をあしらうのも当時少し行っていた表現でした。
今の作風を見慣れていると、ちょっと新鮮に感じます。ぴかぴか(新しい)


バッド(下向き矢印)こちらは縄文黒のお椀です。
2015IMG_8353.jpg
2種類の炭粉を使って、このような表情を作りました。当時、松本が縄文時代の黒い漆に憧れて、しきりに制作していたものです。
…使っている漆の量もかなりなものです。他の孫椀と比べると、持った時の感触や重みがぜんぜん違うですもん。あせあせ(飛び散る汗)
こうした一般的な「漆」のイメージからかけはなれた表情は、面白いと思います。


バッド(下向き矢印)こちらは、ベンガラ溜の変わり塗りです。
2015IMG_8218.jpg
前回ご紹介した、赤い粥椀とほぼ同じ手法で仕掛けをした変わり塗りです。極薄でベンガラ漆・生漆をランダムに重ねてこの表情を生み出しています。赤い粥椀もベンガラ溜でしたが、異様に鮮やかな赤でした。
こちらの孫椀は、このように落ち着いた雰囲気の渋い赤色です。

こうして並べて見るとたのしいですね〜。当時の木地と漆を思い出して、懐かしくもあります。
当時は、今の工房のネコさんたちのうち、ミルミルがいるかいないかの頃ですから… わあ〜。
ごゆっくり見てくださると嬉しいです。わーい(嬉しい顔)



2015IMG_8345.jpgさて、今日のおまけ写真は…

今年は咲きました! ハスの水槽に入っている、キンギョモ?のお花です。
水草なので、ずっと水中なんですが、なぜかお花は水上に伸びてきてヒッソリと咲きます。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
この記事へのコメント
気がつくのが遅かったです。顔3(かなしいカオ)
全てsold out。

次回楽しみにしています。
Posted by T at 2015年06月09日 23:04
Tさん、おはようございます!!
すみません (> <) けっこうはやくお嫁にいってしまいました…;;;

また、ちょこちょこと出しますので、チェックしてくださると嬉しいです。
いつもありがとうございます。
何とぞよろしくお願い申し上げます。
Posted by 宮崎佐和子 at 2015年06月10日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138915498

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->