2006年10月03日

■第28回浄法寺漆共進会のお知らせ

今年も、この季節がやってまいりましたexclamation
浄法寺の漆かきさんたちが腕を競う、浄法寺漆共進会です。これは、浄法寺漆の振興を目的に毎年行われる、いわば「漆樹液のコンクール」といった会でしょうか。
たくさんの審査員さんの厳重な審査のうえ、今年最高の浄法寺漆が選ばれます。

第27回浄法寺漆共進会1
昨年の共進会の会場の様子です。中央、松本和明です。

第27回浄法寺漆共進会2
部門ごとにずらりと並んだ漆桶。審査の方だけでなく、参加者も
蓋紙をめくって漆の色を見たり、粘度を確認したりと真剣です。



第27回浄法寺漆共進会3
出品された漆。出品者が分からないよう、ナンバーで出されます。
賞はいろいろあって、それに相応しい漆に授けられます。


プロの方のみならず今年漆かきを勉強された研修生も、その成果を発表する場ともなるのです。師匠はもちろん、お世話になった漆かきさん達の力作が並びます。漆好きにはこたえられない場面です。
さすがに今年はいけないなあ。レアな漆をたっぷり品定めできるんだけど…。
今年の漆の出来はどうでしょうか。

==========================


日時/平成18年10月13日(金) 午後1時30分〜
場所/二戸市福祉会館(浄法寺総合支所前)
問合せ/浄法寺総合支所 地域振興課 TEL.0195-38-2211(内線212)
posted by 宮崎佐和子 at 23:09| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 浄法寺町の漆かきだより
この記事へのコメント
素人にとっては少々不思議な光景です(笑)。結果はいかがでしたか?
作品展の案内のお葉書ありがとうございました。どんどん進化される(という表現は変でしょうか)素敵な器の写真をうっとりと眺めています。ご多忙のご様子ですが、お二人ともどうぞお身体大切にしてくださいね!
Posted by koyuri at 2006年10月04日 07:53
koyuri さん、お久しぶりです〜(^o^)/
ブログ見てくれてうれしいです。
ちびさん達は元気ですか、旦那さんはヤセましたか!?
(うちは両方ともやばいです :)

案内の通り、岡山での作品展はなかなか予定に入れられてない状態で… (^^:)
会う機会が少ないけどお互い元気でがんばりましょう!
(^_-)
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年10月04日 23:07
始めまして!
漆の検索していて辿り着きました。
何と国産漆でうつわを仕上げているのに驚きです。
浄法寺などで国産漆が沢山採れていてもなかなか使えないのが現状のようです。
お椀や孫椀にとても食指が動いています。
いつか拝見したいと思っております。
Posted by ai at 2006年10月12日 13:48
aiさん、はじめまして(^^)/
書き込みありがとうございます☆
たくさんの情報の中から目にとめてくださってうれしいです。

>何と国産漆でうつわを仕上げているのに驚きです。
>浄法寺などで国産漆が沢山採れていてもなかなか使え
>ないのが現状のようです。

…かなりお詳しいですね
と思ったら、わわっ盛岡のうつわ屋さんなのですね!
今は浄法寺の漆を主に使っていますが(それと徳島をちょっと)、来年は茨城の漆も初めて使えそうです。

(リンゴ美味しそうですね。紅玉、酸っぱくて大好きなのですが最近はお店でとんと姿をみかけません…)
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年10月12日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1389648

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->