2006年10月23日

■漆と木のスプーンの木地彫り。

今日、雑誌掲載用の写真をいくつか撮影しました。
(主にスプーン作りの写真です。せっかくなのでちょこっと紹介。)

いま一番おすすめなのが、やはり漆のスプーン。あさってからの日本橋での作品展で木地作りの実演をします
10/23スプーン木地彫り

10/23スプーン木地型取り
立体的に仕上がるスプーンも、もとは一枚板。
型取りをして切り抜き、
彫刻刀で微妙なラインを仕上げていきます。


ものすごく精度を要求されるので、白木地のフィニッシュまで松本がこだわりを持って携わり、私は木地に触らせてもらえません。塗り木地になってからやっとお手伝いができますが…。仕上がりまでものすご〜〜く手間がかかります。
たくさん作ってもすぐ無くなるのですが、がんばって作り足したので日本橋にも少し持っていけそうです。

--------------------------------------------------------------
和うるしの器展
10月25日(水)〜10月31日(火)
会場/日本橋高島屋 7階
特選漆器売場

※会期中は松本和明が在廊します。
※会場でスプーンの木彫りの実演予定。


posted by 宮崎佐和子 at 18:33| Comment(4) | TrackBack(0) |   漆のスプーン制作
この記事へのコメント
手仕事って世界で唯一つのものを生み出す。
ひとつ、ひとつ丁寧な手作り素晴らしいです。

手を傷つけないようにしてください!って私じゃないってね。私は、抗生物質入りの塗り薬が効きましたよ。痛みがすっかり消えました。
Posted by ききょう at 2006年10月24日 05:24
なんか、しろうとっぽい。

ださい。
Posted by とおりすがり at 2006年10月24日 20:05
ききょうさん、こんばんは (^^)/

ききょうさんのけがはだいぶよくなったんですね〜よかった!!
指のけがは心理的にもダメージきますので、私も気をつけたいと思います。
がんばるぞ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年10月24日 22:07
とおりすがりさん、はじめまして(^_^)

この木地はまだ型から切り出したばかり。途中段階…なのです。
これからいろんな過程を経てあっという変貌をとげますよ〜〜! お近くならぜひ見にいらしてください♪
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年10月24日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1508877

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->