2015年08月20日

■出品中の栃朱溜変わり塗りぐいのみです

高島屋京都店で「和うるしの器展」開催中です。ムード
松本が京都へ行ってはや3日…。
2才10ヶ月の娘の反応が心配でしたが、意外や意外。「お父さんは遠いところへお仕事へいっている」という説明を、なんとな〜くに理解したのか、いつもの10分おきに発する「ぱぱ どこ?」はいっさい言わず、淡々とすごしています…。
食卓にランチョンマットが2枚しか敷かれていなくても、納得しているようで、深く追求されませんでした。
松本がいないと、けっこう子供の相手たいへんかなーーと思っていましたが…。
ワガママ言ったり、ふざけながら食事食べたり、ということはあまりなく、わりといい子にしています。ホッ。あせあせ(飛び散る汗)
…でも、わかりました。今までは、おとうさん目当てで無理難題をふっかけていたのね。ぶじ戻って来たら、元の木阿弥なのだろうか…?

さて、そんな今日はこれをご紹介します。
今回の出品作品の一つです。


栃朱溜変わり塗り小鉢
あざやかな茜色がとってもかわいいexclamation 8cmサイズの栃朱溜変わり塗りぐいのみです。


バッド(下向き矢印)ふちが端反になっています。
2015IMG_0193.jpg
スッと気持よくお酒が口の中に入りますよ。ムード
濡れたような透明感のある塗り肌で、ちょっと根来風なのがすてきです。
木地はトチ材で、ふわっと軽いですよ〜。


バッド(下向き矢印)裏もきちんとつくりこんでいます。
2015IMG_0196.jpg
このようなテイストの酒器をいくつか展示しています。
ぜひ、会場でごらんになってくださいね。わーい(嬉しい顔)


2015IMG_0206.jpg
今日のおまけ写真は…。工房から見える天霧山です。
なんだか、日の色や風に秋の匂いが空気に混じってきているように思います。


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 和うるしの作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161880584

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->