2006年11月04日

■重箱の図案を考えています…。

年末の作品展に出品する予定の重箱。
いま、図案に悩んでいます。

11/4 重箱
小さい二段重と大きい三段重2種あります。
小さい方は二段だし、可愛くあまり派手になりすぎないようにいくつか図をつけたのですが、三段重になると…むむ。
大きい重箱はお値段もはるものになるので、悩んでしまいます。

写真は、椿の図です。椿のモチーフって漆に合うんですよね…ハートたち(複数ハート)
お重、といえは四角い重箱が多いですが、丸い重箱は角がないのでお手入れもしやすくってかわいらしくておすすめなんです。
posted by 宮崎佐和子 at 22:55| Comment(8) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
椿の図案ですかぁ〜 私は、椿は、全開のものより蕾がほころび始めた瞬間が好きです。

確かに角の隅のところに手入れしにくいです。
丸のお重箱っていいですね。可愛いしやさしいです。
Posted by ききょう at 2006年11月05日 08:06
言われて見れば、お重の角って確かに洗いにくいです^^
丸ってやっぱり温かみがありますよね〜
Posted by つゆくさ at 2006年11月05日 12:51
ききょうさん、いつもありがとうございます♪

椿っていいですよねえ。
私は八重よりも一重のヤブツバキが大好きなんです。
侘助なんかが一輪、飾っているのをみるとホント心が洗われますよね。
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年11月05日 18:44
つゆくささん、コンバンワ〜(^^)/
そうなんです「重箱の隅をつつく」なんていうくらいですから…

つゆくささんは、いろいろされてるんですね〜。
(もちろん愛のクリックしてますヨ♪)
「迫力のローアングル」はダンナも出張先でチェックしてあまりのカワユサにもだえていました(笑)
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年11月05日 18:49
先日金沢へ旅行し、「箔一」で箔貼り体験をしてきました。思いのほかうまく出来、二段重の図案を思案中でNETサーフィンしていたところ見つけたSITEでした。ウレタンに箔を貼り図案は波型で金・銀と組合せました。Masking Tapeを利用しましたので図案を書き込んだ訳ではありません。ひとつ教えていただきたいことがあります。東京・合羽橋で漆器の二段重を買い求め、箔一で購入した接着剤を用い体験時と同様に薄く塗り、箔を張ります。その後クリアラッカーを箔の上に薄く塗るように言われましたが、屋内木部の透明仕上げ用しか手に入りませんでした。注意書きには「トルエン・メタノール・酢酸エチル等の有機溶剤は含まれていません」と表示されているのですが、これを使用して問題ないでしょうか。ご意見宜しくお願いいたします。
Posted by 杉野 由美 at 2009年05月22日 15:20
杉野さん、はじめまして。
この日記を見つけてコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
箔一さんで、箔貼り体験をされたとのこと、そういうった手仕事がお好きなのですね。

さてさて、ご質問についてですが…。
申しわけないのですが、杉野さんのいまされているお仕事は、当方でしている仕事と素材・作ろうとするものが、まったく方向が違うものなので、う〜ん、すみません。お答えすることができません。;;

貼った箔の上にクリアラッカーを塗る、というのは箔の保護のためですね。うちもそうですが、漆工芸では、箔を貼るのも箔の固めもまず漆を使います。(この上の記事の丸重箱は、木地はトチ材で漆は国産漆のみを使って中塗りまでしたものです)なので、ウレタンやラッカーを使うお仕事には、明るくありません。
まずは、体験教室で教えてくださった、箔一さんにお尋ねしてみてはいかがでしょうか。

…参考にならなくってすみません。
どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年05月22日 22:47
宮崎様
ご回答いただきまして有難うございました。箔一さんにも再三確認したのですが、観光客向けの箔貼り工芸でしたから、漆器ではなくウレタン素材に貼り付けるという体験でした。購入した素材が漆器でしたので果たしてラッカーでよいものかと不安になりました。兎にも角にも一応出来上がりました。既に漆で完成した二段重箱の上に貼り付けたものですからやはり一体化はせず後付の感はあります。自宅で使用するものですからまぁ〜、いっかと。自己満足に過ぎませんが楽し体験でした。有難うございました。
Posted by 杉野 由美 at 2009年06月02日 11:10
杉野さん、こんばんは。
その後のご様子を教えてくださいまして、ありがとうございました。^^

箔一さんにおたずねになって仕上げられたのですね、お疲れさまでした。
箔の仕事は、けっこうコツがいるものなので、素人の杉野さんがご自分で頑張って仕上げたのはすごいな〜と思いましたよ。
ご自宅で使うぶんには、問題ないのではないでしょうか。

また、ときどき日記を見てくださいますとうれしく思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年06月02日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1648225

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->