2008年07月07日

■坂出「八十場」のところてん。

今日も夏日ですね…。あせあせ(飛び散る汗)
「○○い」と言ってはいけない、と思いつつもやっぱり口にしてしまうのは、私だけでないと思います。^^;

さて、そんな今日、松本がしきりに「やそばに行こう、やそば」と言うので、久々に行ってきました… 坂出市の八十場(やそば)に。

ここには、地元とっておきの凉をとるスポットがあるんです。
さて、どんなところかといいますと…。

バッド(下向き矢印)工房のある善通寺市から車で20分くらい。坂出市の城山という山のなかにあります。

7/7八十場への道
国道から、しばらくこんな山道を通ると「ところてん」の看板が見えてくるんですね…。
そうです、お目当ては「ところてん」のお店。
決してうどん屋さんじゃないんですよ〜。^^



バッド(下向き矢印)着きました、清水屋さんですexclamation(クリックで拡大)
7/7八十場の清水屋さん

7/7八十場の清水屋さん
こんなところてん屋さんなんですexclamation


山の中に、ひっそりとあるお茶屋さんみたいなお店です。
(オープンな作りで、昔とちっとも変りません)
店の脇には山からの清水が流れ、コイの泳ぐ池があり、そんな水と木々の緑を見ながら、冷たいところてんをいただけるんです。
7/7清水
冷たい! この清水に触れると
「八十場に来た!」って実感します。


さて、さっそくところてんを…。

7/7八十場の清水屋さん
以前は「酢醤油」の大、小だけでしたが、今は甘味もあります。
「一度は挑戦しよう」と思うんですが、まだ手を出したことがありません。
(今回も、やっぱり酢醤油を頼みました。^^)

バッド(下向き矢印)いただきます!(クリックで拡大します)
7/7ところてん
7/7八十場の清水屋さん


…しばし、暑さを忘れてしまいますよ。^^

(クリックで拡大します)7/7八十場の看板
八十場(やそば)っていう、名前は伝説があって、この地の美しい水にご利益があったんだそうです。
香川県でも、この地域では「夏は八十場でところてん」というのが定番になっていて、このあたりでは誰しもが「子供の頃、連れて行ってくれた」という思い出がある場所なんですよ。
子供心には、酢醤油のところてんは美味しいかどうか分からないものでしたが…緑やせせらぎが、なんだか嬉しかったものです。

さて、今日はすいていますが、お盆の頃になると込んでいて、道中の山道で車とすれ違うのがたいへんなほどです。


バッド(下向き矢印)おまけ…! ここで見つけたカミキリムシさん。
7/7カミキリムシ

ひさしぶり! ゴマダラカミキリムシさんですね。(捕まえるとキイキイ鳴いて怒りました)
夏休み、イチジクの木なんかでよく見かけました…。懐かしいなあ。


お昼から、遊んでしまいました。
これから夜にかけてお仕事、がんばります。

今日もクリック^^…→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 22:02| Comment(8) | TrackBack(1) | ■ 日記
この記事へのコメント
鳴沢村の氷穴に行くと涼しいです。
中に氷がたくさんあります。
欠点は穴から出たあと暑さが倍増することです。
Posted by 鮭缶 at 2008年07月08日 07:09
写真から、水の冷たさが伝わってきます。
この水で作ったところてんなら、おいしいでしょうね〜。
(私はつい、この水で抹茶を点てたいと思ってしまいますが)
Posted by monaco at 2008年07月08日 18:33
鮭缶さん、こんばんは!
わ〜ん、暑いですねえ。夕立も降らないし…
なかなか涼しくなりません。(ネコたちも伸び切っています。;;)

>鳴沢村の氷穴に行くと涼しいです。
中に氷がたくさんあります。

氷穴…いいですねえ、と思ったら山梨県ですね;;
それにしても、夏でも天然の氷が見られるのはなんとも神秘的です。('o')

>欠点は穴から出たあと暑さが倍増することです。

倍増、しますよね。^^;
(漆の出土品を見に埼玉に行った時に、百穴に入りましたが、その時私も鮭缶さんと同じことを思いました)
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月08日 22:06
monaco さん、こんばんは。^^
東京はあいかわらず楽しそうですねえ。

>写真から、水の冷たさが伝わってきます。

はい、とっても冷たいんです!
この清水のおかげでしょうか… どんな猛暑でもこのお店のまわりはひんやりしているような気がします。

>この水で作ったところてんなら、おいしいでしょうね〜。
(私はつい、この水で抹茶を点てたいと思ってしまいますが)

わっお茶人さんなら、きっとそう思われるでしょうね。^^
やはり、昔からおいしい水として徳島からお茶人さんが求めていらしたと看板に書いてありました。(よみがえりの水ですから、ご利益もありそうです)

…今夜も暑そうですから、また冷たいところてんが食べたくなってきました。^^;
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月08日 22:14
「よみがえりの水」ですか。
これ飲むと、若さもよみがえる……かな?
Posted by monaco at 2008年07月09日 12:03
八十場のところてんですね、そういえばもう10年以上行ってないですね・・・
まだ以前と変わらずやってるんでしょうね。変わらないことって大切ですね。
それにしても宮崎さん、昆虫好きですね!
Posted by ShopMaster at 2008年07月09日 13:21
monaco さん、こんばんは!
今日はそんなに暑くなかったです(というか昨日までが暑すぎなんですが…)

>これ飲むと、若さもよみがえる……かな?

はい、よみがえります!
…という気がします。笑

でも、お店番の女性はここ数年同じ方なんですが、いつも生きの良さそうなぷりっとしたお肌をしているんですよ。
ご利益をたっぷり受けているんでしょうか…?
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月09日 22:21
ShopMasterさん、こんばんは!
いつもありがとうございます。^^
ここしばらくの暑さは、ちょっと大変でしたね。;;

>八十場のところてんですね、そういえばもう10年以上行ってないですね・・・
まだ以前と変わらずやってるんでしょうね。変わらないことって大切ですね。

はい、全然変らないですよ。^^
看板が新しくなって、メニューに甘味(ところてんに黒蜜とか)がちょっと増えたくらいです。
金山トンネルを通られる時は、たまに寄り道してみましょうよ〜。

>それにしても宮崎さん、昆虫好きですね!

ははは、そうですね。^^;
でもゴマダラカミキリムシは久しぶりに見たので、ちょっと興奮してしまいました!
最近は見かけないですねえ、カミキリムシさん。
幼虫の原木が少なくなっているんでしょうか、ちょっと気になります。
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月09日 22:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16726219

この記事へのトラックバック

八十八(やそば) ところてん
Excerpt: 坂出八十八にある「清水屋さん」のところてん。十数年ぶりで食してみました。お店の佇まいも良い雰囲気で癒されます。とてもおいしかったです。
Weblog: ShopMasterのひとりごと
Tracked: 2009-10-22 08:02
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->