2008年07月10日

■漆を『濾す』作業。

さて、漆の仕事に欠かせないものの一つに「濾す」作業があります。これはとても大事な仕事で、漆液の中の微細な異物を取り、そして、『濾す』ことで漆液の成分を均一化させる作用もあります。

この『漆濾し』のやり方は、濾す漆の用途によっても違います。木地固めに使う漆、中塗り用の漆、そして上塗り用の漆では、方法やその気遣いの仕方がかなり異なってきます。
…特に上塗り用の漆を濾す時は、細心の注意を払って、慎重に仕事をします。

さて、うちの工房の『漆濾し』の写真を撮っていたものがあるので、ちょっとご紹介したいと思います。

※今回の写真はすべてクリックで拡大します。


バッド(下向き矢印)今から濾す漆です。もちろん日本産ですが、ちょっと変った漆で、大森俊三さんの山で採った枝漆なんです。
7/10漆濾し

この漆は、今から濾しますが、木地固めに使います。
「枝漆」というのは、漆掻きの本当の最後の最後に採る、残り汁みたいなものなんです。
でも、名人の手によって、ていねいな仕事で採られたこの「枝漆」はどこに出しても恥ずかしくない、かなり良い漆だと思います。

バッド(下向き矢印)さて、松本の濾し方はちょっと独特だと思います。
7/10漆濾し2

渋濾し紙2枚で2回、濾します。
2枚の濾し紙を茶碗に重ねて置き、その中に漆を落し入れます。
そして、まずは上の1枚の濾し紙だけで漆を包みこみます。(松本は、漆濾しの時は『鉗子』を使っています)

バッド(下向き矢印)1回目の漆濾しです。
7/10漆濾し3

力をかけて絞らなくても、漆の重みですーっと落ちていきます。
7/10漆濾し4


バッド(下向き矢印)濾し終えたら、下に残っている2枚目の濾し紙の出番。
7/10漆濾し5

2枚目濾し紙の上には、1枚目で濾した漆が溜まっています。
これを2枚目の濾し紙で再度包んで、同様に濾します。

バッド(下向き矢印) それにしても美味しそうな?カラメル色。
 正直言って、枝漆には見えません…裏目漆みたいです。
7/10ウルシ濾し6

濾し紙の微細な目を通して、中の漆がいろんな表情を見せながらわき出して落ちていきます。すーっと吸い寄せられるように漆が落ちて行くさまは、なんだか不思議な気分です。

それにしても、学生時代に中国産漆を濾す時は、本当に大仕事でした。べたべたの漆を灯油で薄めて、そこそこの硬さに調節してから濾すのですが…。
ほんとうに、水あめかタールのように重い漆で、濾し紙に入れてもなかなか落ちず、ものすごく時間がかかったりしました。(あと、そうじも大変でした)
それを思うと、同じ漆を使っているはずなのに、この軽やかさはなんだろう?と今でも思い出して不思議になることがあります。

バッド(下向き矢印)…ちなみに、この枝漆で木地固めした椀です。
6/5木地固め
(この山で採った枝漆は、あっexclamationと言う間に使い切ってしまいました。…だって、使うの気持ちいいんだもん by松本)
つい去年のことですが、この枝漆はもういつ使えるかどうか分かりません…。あせあせ(飛び散る汗) この山で採る枝漆は、とても重労働なのです。だから、無理に欲しいとは、言えないんですよね。

また、こんなマイルドな漆で楽しい木地固め、したいです。ムード

励みにしてます →  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(11) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
涙がでるほど懐かしいです。
濾して(むずかしい字ですね)る場面を子どもの頃よく見ました。
Posted by tugumi at 2008年07月11日 23:29
tugumさん、こんばんは。
いつも見て下さって、ありがとうございます。^^

>涙がでるほど懐かしいです。
濾して(むずかしい字ですね)る場面を子どもの頃よく見ました。

わ… そうなのですか。
漆濾しの作業場を間近でごらんになっていたなんて、本当に漆が日常にあったのですね。

きっとその方も「いい仕事ができますように」と思いながら、漆を濾していらしたと思いますよ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月11日 23:47
濾している漆って、
高取焼の釉薬とちょっと似た感じですね。
Posted by monaco at 2008年07月14日 11:51
monacoさん、こんばんは!

>高取焼の釉薬

…高取焼が分からなかったものですから、ちょっと調べてみました。^^;
わ〜個体差がありますが、色とか微妙な透けぐあいがこの漆にけっこう似ていますね。面白いです。勉強になりました。

(あ、松本が隣りで『大樋焼き』にも似ている、と言っております。…うん、こちらも似ているなあ。楽しいです)
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月15日 01:32
そうですね。大樋さんはもうちょっとつるんとした感じのようにも思いますが、
独特の飴釉の風合いにも似てますね。
Posted by monaco at 2008年07月15日 10:12
あっ、懐かしい!
高取………高取八山さんでしたね。
Posted by いちご納豆 at 2008年07月15日 20:31
monacoさん、こんばんは!
今日の香川は、雨が降りそうで降りませんでした。がっかり。

>そうですね。大樋さんはもうちょっとつるんとした感じのようにも思いますが、
独特の飴釉の風合いにも似てますね。

そうなのですね。
って、私、やきものはてんで分からないんです。;; すみません〜〜(> <)/
大樋焼きは、松本が金沢に行った時に美術館のような施設で見たんだそうですよ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月15日 21:34
いちご納豆さん、こんばんは!
いつも見て下さっているんでしょうか…ありがとうございます。^^ 暑いですねえ。

>高取………高取八山さんでしたね。

って、私、やきものはてんで分からないんです。;; すみません〜〜(> <)/
(高取焼宗家のページを見ました… すごい御作揃いです。こんな優雅なうつわでお茶をいただいてみたいものです)
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年07月15日 21:39
初めまして。いつも読ませていただいてます。

僕も学校で漆をやってるんですが、使う漆によってこし方が違うんですね。知りませんでした。うちは中国産ばかりですが
勉強になります
Posted by おおもり at 2008年11月02日 10:38
すいません
日記のリンクから飛んだのでこんなところにコメント残してしまいました(笑)
Posted by おおもり at 2008年11月02日 12:07
おおもりさん、初めまして!
このたびはコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^

>日記のリンクから飛んだのでこんなところにコメント残してしまいました(笑)

いえいえ、どこに書いて下さってもすぐ分かりますから大丈夫です。
濾し方は、いろいろ流儀があって、お仕事をされている方にはそれぞれこだわりのある大事な部分です。料理の下ごしらえの一部分みたいなものです。

>僕も学校で漆をやってるんですが、使う漆によってこし方が違うんですね。知りませんでした。うちは中国産ばかりですが
勉強になります

おおもりさんは、漆にかかわる勉強かお仕事をされているんですね。一般の漆工房と違ってかなりヘンな仕事をばかりしている工房の日記ですが…。
楽しんで見て下さってとても嬉しく思います☆

これからもよろしくお願いいたします!
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年11月03日 00:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16826535

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->