2016年01月21日

■長野県産の漆をチューブ詰めしました。

さむいよーー。
暖冬のまま、春を迎えられるかも??とうすーい期待を抱いていたんですが…。
やはり季節は正直ですね。さすがの香川県にも雪がちらつき、朝は水槽に薄く氷が張りました。たらーっ(汗)
娘は、「めだかさん の おうち ばりばり になっちゃった …」としきりに気にしていました。 
いよいよ強烈寒波到来ですよね。この週末は、エネルギーあふれる3歳児とどうやって過ごすか悩みます。ふらふら

さて、そんな寒い今日ですが、これをご紹介したいなと思います。


↓新年に、工房に届いた長野県産の漆。
信州産 長野県産 漆 国産漆 竹内義浩2016IMG_0519.jpg
長野の竹内義浩さんの採った漆です。ぴかぴか(新しい)
もう精製も終わっている漆なので、桶から出してチューブ詰めにした方がよいと松本に言われました。
じゃあ、今日やっておこうということになり… 撮影もするつもりでした。しかし…。

↓ハッ!がく〜(落胆した顔) もうラスト一本になっていました。
2016IMG_0686.jpg
仕事早すぎ…。あせあせ(飛び散る汗) 松本は、今まで五貫樽の漆樹液をバンバンチューブに入れていたせいか、(こんなのとか※ )1.5キロくらいの量の漆はあっという間に片付いてしまったのでした。


↓最後の1本のチューブをペンチでしっかりと閉じます。
2016IMG_0691.jpg
2016IMG_0695.jpg
チューブ詰めの作業について、詳しくはこちらをごらん下さい。→ ※漆をチューブ詰めにしています。

2016IMG_0698.jpg
そうこうしていると、あっという間にピカピカの7本の漆チューブの完成です。ぴかぴか(新しい) (1本200g入り)
この漆のチューブの写真を見て、「あっ、和うるし工房あい さん、国産漆の小分け始めたんだ?」と勘違いする方もいるようですが、ちがいますちがいます。
国産漆を長期熟成させて、保存するという、あまり一般的でない方法で管理しており、「ポテンシャルがピークに達した」と松本が判断をした漆は、樽から出してチューブに移し替えて、熟成を止めているのでした。
大事な国産漆をベストな状態で保管するためのチューブ詰めなのですよ〜〜。

チューブに入らなかった漆が100gくらいありますので、茶碗に入れてもらいました。
小物を作る時にちょっと使ってみようと思います。わーい(嬉しい顔)

2016IMG_0704.jpg
今日のおまけ写真は、むぎ君です。
不意打ちで撮ったので、エッという顔をしています。
いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) |   工房に届いた漆たち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172456599

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->