2009年01月14日

■制作中のものをちょっとご紹介。

今日の午後は、地元紙の方が工房に取材に来られました。ムード 取材の方が帰られて、気がつくと外は真っ暗です。
なかなか日が長くなりませんね‥ 寒い日が続いているし、春が待ち遠しいです。

さて、今月末に今年最初の作品展が、梅田の阪急百貨店さんであります。品切れの作がたくさんあるので、昨年末から作り足しをしているんですよ。

1/14制作中のうつわ
めんぱのお弁当箱も品薄‥。孫椀(小さめのお椀)
も新しく仕上げないと、ほとんどないんです。


バッド(下向き矢印)銀彩の作業中のお椀たち。
1/14制作中のうつわ2
一個ずつ柄が違うんですよ。
作ってて楽しいものの一つです。

フリーカップも銀彩をしているのがあります。(可愛いですよ)年末の催事で、本当に在庫ゼロになってしまったフリーカップですが‥。幸いなことに、中塗りまで仕上げている木地がいくらかあったので、それを仕上げて今回出します。
そんなに数は多くないですが、ぜひ見てくださいね。^^


バッド(下向き矢印)オーダーいただいたお箸入れです。
1/14注文の竹筒
これももう少し‥。
早くお渡しできるようにしなくちゃ。

この竹のお箸入れ、けっこう人気のあるものの一つです。木地を作るのがちょっと手間がかかるのですが、これも作っていて楽しいです。
素材が竹、ということで木地が同じ形のものが本当に一つもありません。これが楽しさの一つなんです。
中には「うわっ、これ私が欲しい!」というような木地も見つけてしまいます。(でも、大事な木地なので自分のものにできないんですが‥)
また、それぞれの木地に合うと思う絵を付けられるのがとっても楽しいです。


posted by 宮崎佐和子 at 20:03| Comment(6) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
宮崎さんの器の図柄は、どのようにして決めて描くのですか。写生ですか。
ダンナさんとお話なさいますか。
Posted by 山茶花 at 2009年01月14日 21:27
山茶花さん、こんばんは!
コメントをくださいまして、ありがとうございます。^^

>宮崎さんの器の図柄は、どのようにして決めて描くのですか。写生ですか。

えっと、器物によっていろいろです。
モチーフはその器物に似合うと思うものを選んでいます。
図柄自分でスケッチしたもの写真を撮ったものを参考にすることもありますし、伝統的な古典柄をうつすこともあります。(竹筒のお箸入れのような小さいものは古典柄が多いです)
こうした器の絵付って、たいてい下描きはしない派なんですよ。その時の気持ちで一気に描きます、なので同じものってほとんどないです。

>ダンナさんとお話なさいますか。

お椀や小物などは、どんどんやってしまいますが、お重箱のような大きいものはやっぱり相談してから計画することが多いです。
ちなみに、今回の写真で2番目の銀彩のお椀のものは松本が描いたものなんですよ。
けっこうこれも好評です。^^
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年01月15日 19:09
今週は一日4回の雪かきから始まりました。
この時期アラジンストーブ一台で過ごせるなんて私にとっては夢の様な世界で羨ましいです。

2番目の画像、“手”が違うなぁと思いながら拝見しましたがざっくりとした感じがいいですね。去年「FUJITA」展で観た大和絵風の一画を思い出しました。

Posted by いちご納豆 at 2009年01月15日 21:42
いちご納豆さん、こんばんは!
うんと冷え込む日が続いていますね。;;

>今週は一日4回の雪かきから始まりました。
この時期アラジンストーブ一台で過ごせるなんて私にとっては夢の様な世界で羨ましいです。

うわー、いちご納豆さんちは積雪地帯なんですね。('o';)
私は、スキーにも行ったことがないので、雪が10センチ以上積もっている光景はたぶん見たことがないです。香川では、窓から雪がちらつくのが見えると、みんな『おお!』と見入ります。
こっちはそんなのんきなものですが、豪雪地域の方は、冬場の雪かきは大変な重労働ですよね‥。
うちのアラジンは2台あって、あまり寒くない時は一階に1台、冷え込むと二階に2台目が稼働して、もっと寒くなるともう1台パワーのあるストーブがヘルプで点火されます。
アラジンはパワーはないけど、とろ火で持続性があるのがいいですね‥。猫たちにも大人気です。^^

>2番目の画像、“手”が違うなぁと思いながら拝見しましたがざっくりとした感じがいいですね。去年「FUJITA」展で観た大和絵風の一画を思い出しました。

ありがとうございます。
やっぱり、その方面の方でしたら違う人がしているなってすぐ分かっちゃいますよね。^^;(今は二人しかいないですし)
レオナール・フジタ展をごらんになったのでしょうか?
四国にはこないみたいで、ちょっと残念です。
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年01月16日 19:32
こんばんわ。
かぶれがやっと終息です!
皮膚科の先生が「やっと治りますね」って。
2週間かかりました(笑)
おお!梅田の阪急でですか??
是非行きたいので詳しい事を教えてください
宮崎さんも来阪されるのでしょうか??
来週からまた、漆の勉強再開します。
Posted by 塩田 詔子 at 2009年01月16日 19:50
塩田さん、こんばんは!
うわっおめでとうございます〜 私も嬉しいです。^^
落ち着くまで、ほんと半月かかっちゃいましたね‥。でも、あとは腕の痕が早く消えるのを待つばかりですね。

>おお!梅田の阪急でですか??
是非行きたいので詳しい事を教えてください
宮崎さんも来阪されるのでしょうか??

梅田の阪急百貨店さんの9階です。
漆器売場にある、1坪ちょっとくらいの小さな催事場です。
松本が保多織の作務衣を来て、真剣に実演しているのでたぶんお分かりになるかと思います。(去年までは美術画廊の手前の場所でしたが、今は阪急さんが改装中なのでちょっと位置が変わっているかもしれません)
残念ながら、私はお留守番ですが‥
もしお近くでしたら、ぜひぜひお友達と遊びにいらしてくださいね!
松本の漆おたく話が濃いかもしれませんが‥笑 いろいろ資料も持って行きますよ。ぜひごらん下さい。

>来週からまた、漆の勉強再開します。

良かったですね。
また新たな気持ちで取り組んでくださいね。

これからもよろしくお願い申し上げます☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年01月16日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25512178

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->