2006年12月23日

■焼き菓子と漆のうつわ。


きょう、東京のお客様からクリスマスラッピングの焼き菓子が届きました。
思わぬ贈り物をいただいて、松本も私もびっくり〜!

12-23ケーキ1.jpg
ドライフルーツケーキとクッキー類の詰め合わせ。
私たち、焼き菓子は大好きですハートたち(複数ハート)

12-23ケーキ2.jpg
ドライフルーツケーキを漆の板皿に乗せてみました。
(卓は後藤塗りです)


ケーキは「加藤千恵」さんのものだとか。
私は初めて知りましたが、松本は以前お菓子作りに凝ってた時、この人の本を見て勉強していたそうで「オリジナルは初めて食べた」と大喜びです。
私は味はよく分からないのですが、アイシングが美味しいケーキは初めてでびっくり。(アイシング…たいていはべたべた甘いだけで、食べたいものでないので除けたくなります)
でも、このアイシングはすっきり甘酸っぱくって、思わず手に取って口に入れたくなる美味しさ。松本いわくこのアイシング作りが難しくて、挑戦してもなかなかできなかったそうな。

松本は見かけによらず大の甘党。
(美味しい日本酒も大好きだけど下戸…)
おいしいものって、シアワセな気分になれるのでいいですよね ムード
posted by 宮崎佐和子 at 20:05| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 日記
この記事へのコメント
> 卓は後藤塗りです
すみません。後藤塗りとは、どんな塗りなのですか?
木地の風合いを生かした塗り方のようですけど・・・
実は西条のだんじりには、漆塗り(など)で、塗り上げただんじりと、木地のままのだんじりがあります。
漆で塗り上げると百年以上平気ですが、木地のままだと桧に彫刻している部分がもうボロボロに近いだんじりも多いのですが、毎年接着剤のお世話になってしのいでいるようです。
木地の彫刻を生かしたままで、長く保存できる良い方法があればと、探しています。
Posted by 舁だんじり at 2006年12月24日 13:07
きゃーー うれしいー???
加藤先生の自宅兼お店(もう無いけど)で3段トレイのアフタヌーンセット食べたことがあります。とても可愛いらしいカフェですが、
ゲッ、スリッパが。。。
ガラス越しに先生とスタッフの方がケーキなどを作ってるのが見えるのです。たぶん、この焼き菓子も先生が作ってるかな?
松本さんは、お菓子もカゴも
作れるんだ。凄すぎ。
Posted by りさ at 2006年12月24日 19:02
舁だんじりさん、こんばんは!!
後藤塗りは、簡単にいえば朱漆が乾きかけの時に指で叩いて凹凸を出したうえに溜塗りにしたものです。^^

NHKの番組で塗りと白木、両方のだんじりが紹介されていましたね。どちらもそれぞれの良さがあって綺麗だったけど…
たしかに白木だと傷みやすいだろうなあ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年12月24日 23:30
りささん、このたびはありがとうございます♪
松本の妹もそのカフェに行ったことがあるらしいので、電話で聞き込みをしていました。
(りささんと同様のコメントが…^^:)

ところで、松本いわく「イナカの人間はなんでもできる」だそうです。(でもお菓子づくりは完全に本人の趣味です…)
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年12月24日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2723081

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->