2009年03月19日

■環境の違うウルシの比較。

素材って大事です。
当たり前なんですが、やっぱり「漆芸」には、漆が欠かせません。
でもこの「漆」というものはたいへんデリケートな素材でして… ウルシノキ由来の天然の植物樹脂なのですが、その時々の状態によって、立場や位置づけもめまぐるしく変わります。
木から生まれるので、樹液を生産した時は特用林産物ですし、流通する時は塗料としてあつかわれるでしょう。塗って仕上がると工芸品になったります。

そう考えると、とても不思議なものですね exclamation

さて、工房ではその「素材としての漆」を追求しているので、漆の木の育成はだいじな仕事の一つです。
先日、3年越しの苗(徳島産)をやっとに移植したところ。(その時の記事)
実は、その移植した苗を何本か工房に持ち帰っているんですよ。


バッド(下向き矢印)これが、田んぼで3年間育った徳島産の漆苗です。
3/18漆の芽1
この子たちはあまりにも大きくなりすぎて…。あせあせ(飛び散る汗)
ちゃんとひげ根が生えるまで、工房で毎日めんどうを見ることにしました。(ひげ根がなくって太い根っこしかないままで移植すると枯れてしまいます)
で、はるばる高松市から善通寺市に運ばれてきたこの木たちにも、ちゃんと春が訪れています。^^

     バッド(下向き矢印)少し芽がふくらみかけた状態です。
3/18漆の芽2
3/15高松市の苗畑2
肥えた田んぼで育ったので、
こんなに太っているんですよ。


そうそう、この田んぼで大きくした徳島産の漆の苗木ですが、いつもこの日記でご紹介している、工房の庭の漆の木と同じ株なんですよ。
もう少し詳しく言うと、同じ木の根っこから派生した兄弟で、遺伝子も同じです。(徳島には現地の漆かきさんが気に入って残している木があるのです)
岩手の漆の木とは、品種が違うようです。
工房では、地元産の漆の木を増やしています。

で、この「兄弟」と思われる工房の漆の木たちですが、育っている環境が違うので漆の芽の様子がぜんぜん違っています。

バッド(下向き矢印)工房の庭で育った漆の木のほう。
3/17  ウルシの新芽4
細くてあっさりしています。

上の栄養たっぷり田んぼ育ちのほうは、頭がすごくでっかくコテコテに太って芽も大きくむぎゅむぎゅ〜っとしているんですが…。
やせた庭土育ちの工房の庭のほうは、すらーっとして芽の数もまばらです。
別々に生えているので、二つ並べられないのが残念です。;;

左が田んぼ育ち、右がやせた庭土育ちです。
3/18漆の木33/18漆の木3
兄弟の命運?はこんなに分かれるものですね…。

左のほうは、今年の秋頃に五色台の漆畑に移植して、将来うるしを採られるために大きくなります。こんな幼いのにムッチリした姿を見ると、将来いい漆がたっぷり出そうで期待してしまいます。ぴかぴか(新しい)


ちなみに…。
こちらは、浄法寺産の漆の木(実生)です。
3/18漆の木
どことなく、また顔つきが違うでしょ?
工房で種から育てた、思い入れのある木です。ムード


posted by 宮崎佐和子 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) |   阿波うるしについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27705885

この記事へのトラックバック

豆乳クッキーダイエット
Excerpt: ダイエット食品にはカロリーを抑えつつ栄養価は落とさず満腹感を得られるものなど、研究を重ねて作られたんだなぁと感心するものがいろいろあります。
Weblog: 豆乳クッキーダイエット
Tracked: 2009-03-26 15:53
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->