2009年03月26日

■卓上式の漆室が完成です。

先日から弟子が作っている自分の卓上式の漆室ですが、ついに出来上がったようです。

バッド(下向き矢印)アクリル版ではめ込み式のフタをつけました。
漆室
「できたねえ〜 ぴかぴか(新しい)」と二人して喜んでしまいました。


アクリル板の補強と取手を兼ねて、棒を貼り付けています。(あれ?×型につけたんですね。松本は+型をすすめたらしいんですが…)
まあ、どちらでもなかなかいいように仕上がったと思います。フタを開けなくても、外から中の様子が見えるというのは、なかなか便利だと思いますよ。^^

バッド(下向き矢印)こんなふうに持って、取り外しします。
漆室

この室は、自分で設計したらしいですよ。
指導した松本は、いま福岡に出張中で不在なんですが…。必要なものはちゃんと段取りしていたので、一人で完成させることができたらしいです。よかったよかった。
だんだん仕事環境が整いつつあるので、この漆室を使う日もそのうちやってくることでしょう。

* * * * * * * *

さて、話は変わりますが…。
そろそろ「あれ」をしようかと思っています。

3/26漆たる


漆の入っていた樽を、ご希望の方におゆずりします。
※前回の企画

近いうちに、正式な募集の記事をアップします。
(くわしいことはその時に…)
工房に人が増えることになって、いろいろ片づけをしています。そうすると出るわ出るわ、漆の樽たちが…あせあせ(飛び散る汗) ゴロゴロしています。
捨てるのがもったいないようなのを残しましたので、ご興味のある方はどうぞよろしくお願いいたします。

では近々、募集の記事を出しますね。

ぜひ、ぽちっと!→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) |   弟子の日記
この記事へのコメント
こんばんは。

ふたが透明なのは、やはり便利な気がしますね。
漆の硬化具合などは、直接見ないと分からないかもしれませんが
何となく安心感がある気がします(笑)。

このふたは、ただはめているだけにも見えますが
ポロッと外れたりしないですか?
Posted by GIL at 2009年03月27日 23:51
完成ですね!
コンパクトな感じで使い易そうです(^^

僕も温度管理の問題がクリア出来ればすぐにでも作りたいなぁ(笑)
Posted by おおもり at 2009年03月28日 19:13
GILさん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。
漆室ができるというのは、ウキウキするものがありますね。

>ふたが透明なのは、やはり便利な気がしますね。
漆の硬化具合などは、直接見ないと分からないかもしれませんが
何となく安心感がある気がします(笑)。

やっぱりいちいち開ける回数が減る…というのは大きな利点だと思います。
開口の大きな室なので、きっと開けるたびに湿しが逃げるでしょうし…。
それに、やっぱり楽しいです♪

>このふたは、ただはめているだけにも見えますが
ポロッと外れたりしないですか?

大丈夫、外れたりしないですよ。^^
上下に桟がついていて、それでとまるようになってます。
また、実際に使う様子もお知らせできると思いますので、よろしくお願いいたします。
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年03月28日 19:48
おおもりさん、こんばんは!
今日はけっこう冷えます。::
そちらも寒いのではないでしょうか。

>完成ですね!
コンパクトな感じで使い易そうです(^^

わ、ありがとうございます。
きっと本人が一番うれしいでしょうねえ。
設計する時も、中に入れる網を決めてサイズを考えたりと楽しそうでしたよ。^^ 

>僕も温度管理の問題がクリア出来ればすぐにでも作りたいなぁ(笑)

やっぱり欲しくなってしまいますよね、マイ室。
でも、ある程度、湿度を保てる空間ができる箱でしたら、なんでも漆室にできるので(そういえば以前、漆教室をしていたときなんか、段ボール箱を使っていましたよ)
気軽にしようと思えばいくらでも気軽に準備できたりするのが、楽しいところです。
おおもりさんの計画がうまくいくことをお祈りしています。
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年03月28日 19:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27931097

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->