2009年04月28日

■山田潤さんの工房へおじゃましました。

モデルの山田潤さんではありませんよ。(笑)
京都にお住まいの「その道」の有名人の男性です。そのお仕事の内容を簡単なカテゴリに入れて表現するのはむつかしいですが… 
竹中道具大工館の大工道具館だよりの第18、19号に寄稿された山田さんのコラム・建築工人達の道具 第7回:江戸熊の鑿その1、2 を読むとその特殊な専門性がお分かりになると思います。
           
4_28_jun_1_.jpg
山田潤さん。4月25日にご自宅で。

お知り合いになったきっかけは、広島の石社さん(石社鍛冶屋さん)「すごいのがいるんだよ…」と紹介して下さったのがおつき合いのが始まりです。
少し前から、工房の木地の一部をお手伝いしていただいていて、そのキレに、「すご〜」と思っていました。
実際にお会いする機会がなかったので、弟の結婚式に京都へ行った時に無理をいってごあいさつにうかがわせていただきました。^^

バッド(下向き矢印)工房には、刃物や砥石がずらりと…。
4_28_jun_4.jpg
おたくどうしで、さっそく全開で対談?ですよ。

話の途中で、山田さんが学生時代に作ったという鑿を見せていただきました。これが…すごく美しいんです!
4_28_jun_5_.jpg
わ、いいですねえ。使い心地はどうなんでしょう?
刃物のことはよく分かりませんが、柄にかくれる部分までキチッと作られていてきれいだなと思いました。
他にも砥石やご自分で作られた指物の木地とかを見せてくださいましたよ。

    バッド(下向き矢印)そして…これを発見。

4_28_jun_2_.jpg
スダレではありません。もしかしてこれは…!

工房でお願いしている、お箸の木地たちなんです。ぴかぴか(新しい)
4_28_jun_3_.jpg
窓辺につるして木地をゆっくり馴染ませているんですが(いつも丁寧に乾燥してくださってます)、こんなふうにきれいに繋いで干してくれているなんて知りませんでした。

…お箸は「木をまっすぐ削ればいいんじゃない?」と思われているかもしれませんが、本当にいいものを作ろうとすると、そういうわけにはいかないんです。
まず、細かく切るのが惜しいような木目が素直でまっすぐな良い材を仕入れ、目の方向に合せてカットし、それをゆっくり乾燥し…場合によっては少し削って乾燥、そしてまた少し削るというように繰り返してすすめていきます。
こうして、反りにくい美しい木のお箸の木地になっていくのです。
プラスチックのお箸木地なら、こんな苦労はないのですけどね…

工房のお箸木地は、松本がずっと手削りで作っていたのですが、工房の仕事量があまりにも増え、木地作りに専念する時間が取れなくなってきて、ずっと悩みのタネでした。
売れるのは早いのですが、作るのはこだわりのあまり、時間と手間がかかりすぎるのです。
なので、一時期は、催事会場に「スミマセン、今回はお箸はまったくありません!」と胸を張って言っていた時も。(←胸を張るなって ;;)
しかし、松本の求めるクオリティーの仕事を引き受けてくださる方はなかなかいなくて、山田さんと巡り会った時は「おお!」と感激しました。もうやだ〜(悲しい顔)


バッド(下向き矢印)で、この日もお願いする木地を持ち込みましたよ。
箸木地箸木地
材は、ナラです。ほか、ウルシ材で箸箱も作ってもらいたいのでそれも入れました。(いっぱい頼んでごめんなさい〜)
昨年末から、工房のラインナップにお箸が切れずに入っているのですが、特注のお箸以外は山田潤さんの木地のものが大半になってきているんですよ。
同じラインでお願いしているんですが、松本作とは微妙に違う(おたくにしか分からない違いですが ;;)スカッとした美しい木地、また改めて御紹介したいと思います。ムード

バッド(下向き矢印)まだおたく談義は続く…。
4_28_jun_6_.jpg

スケジュールが押していたので、短い時間でしたが、山田さんありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 日記
この記事へのコメント
こんばんは。

実は刃物も大好きな私ですが(笑)、
すばらしい鑿ですね。
普段鑿は使わないですが、何となく欲しくなります^_^;


以前、箸を作ったときは
そもそも木をまっすぐ切るのが大変でした ・_・;
使ってるうちに徐々に反ってきたりもしましたし
いいものを作るのは本当に大変だと思います。

ナラ材って、ほんのちょっとの水気でも
すぐ反ったりしたことあったのですが、
それだけ加工にも気を使われているんですね。
Posted by GIL at 2009年04月30日 19:51
GILさん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^

やっぱり刃物、お好きなんですね〜。バレバレですよ。笑
刃物はよく分からない私ですが、松本をはじめいろんなプロの方マニアの方々のお話や刃物を見せてもらって、なんとなく分かる部分も出てきました。;;
山田さんの鑿はとても端正でしたよ。

>以前、箸を作ったときは
そもそも木をまっすぐ切るのが大変でした ・_・;
使ってるうちに徐々に反ってきたりもしましたし
いいものを作るのは本当に大変だと思います。
ナラ材って、ほんのちょっとの水気でも
すぐ反ったりしたことあったのですが、
それだけ加工にも気を使われているんですね。

ものづくりされる方ならわかる「まっすぐにつくる」、これって意外と難しいんですよねー。
…実は、少し前にケヤキ材でお箸一膳のご注文をいただいているんですが、お客様は「お箸ひとつにいつまでかかるんだろう」とやきもきされているかな〜とちょっと心配になっていたりします。^^;; それまで扱っていなかった材なので、乾燥とかに時間がかかっちゃうんですね。でも、もう少しでできるので、やっとお渡しできると思って待ち遠しいです。
そして、お箸の木地の乾燥ですが、制作中に一度出来た木地が反ったりするとその分ロスになっちゃうので、なるべく反らない木地を作ろうと山田さんと一緒に松本は材の乾燥方法(仕入れてからの乾燥ですが)をいろいろ試してみている最中なんですよ。

でも、山田さんのおかげで、ハイクオリティーな小物木地の制作の負担がちょっと軽くなりました。
また、そんなお箸のご紹介もしますね♪
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年04月30日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28754467

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->