2009年05月15日

■漆の「雄花」も咲きました。

さて、5月も中旬になって、むぎ君がこんなかっこうで床に転がる季節になりました。

バッド(下向き矢印)こんなかっこう。
5_15_mugi_.jpg

5月11日の日記
で「ウルシの雌花が咲いた」とお知らせしましたが、ほどなくして「雄花」も咲きましたよ。ムード
なので、ぜひアップしようと、瀕死のカメラに鞭打って?今年のお花の写真を撮りました。(なんとかおさめることができました ;;)

バッド(下向き矢印)ウルシの雄花たちです。(徳島産の漆、高知産の漆)
5_15_obana_1_.jpg
5_15_obana_2_.jpg

ほんとうに小さなお花なのですが(約5ミリほど)雄花の方はシベが大きくて黄色い花粉がたっぷりついているので、うんとにぎやかに見えます。

バッド(下向き矢印)そして雌花さんはというと…。(浄法寺産)
5_15_mebana_.jpg
5_15_mebana_2_.jpg
淡いグリーンで、とっても清楚な感じなんです。
昨年、雄花と雌花を比較した記事を作っていますので、よろしければ見てくださいね。^^

花の盛りはほんの数日です。
すぐに散ってしまって、雌花の中心がだんだんふくらんで青い実を結ぶのですが…
今年は、どうも虫さんが少ないです。ふらふら
いつもなら、カナブンやミツバチ、クマバチが蜜を求めていそがしく仕事をしているんですが… 今年は、数匹のミツバチがやってきているだけでした。(去年はいっぱい来ていました
さ、さみし…;; いったいどうしたのでしょうか。
今年、大きな漆の木を切ってしまったので、その影響なのでしょうか。(その切った一番大きな木の花に、虫がよく集まっていた)
花の時期にはもう少し日がありますが、ちゃんと受粉して少しでもいいから実がついてくれたらな〜と願っています。

きょうもぽちっと☆→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29169635

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->