2007年01月04日

■珍しく親子で仕事しています。


さて、きのうの仕事の続きです。
松本の亡くなった父の時代からの、漆の頼まれものを仕上げるべく、松本の母が工房に来て仕事をしました。今回は主に研摩。松本が「研ぎさえやっといたら、あとは塗っとくけん」(←この研ぎの下仕事がけっこう手間なんです)
…という具合で、義母に上塗り前の研摩をしてもらったのです。

1-4-作業1.jpg
珍しく三人でのショットです!
(松本は木地削り、私は会計中…)


1-4-作業2.jpg
松本の母テルコさん。

う〜〜ん、ひさびさにテルコさんの濃いさぬき弁を間近で聞きました。世代を経るにつれ、方言の密度が落ちているような気がしました。

とりあえず今日は研摩がぜんぶ終わり、一安心。(でもこれからが塗りにはいるまでが時間かかるんだよね) テルコさんいわく「まだうちにお盆とか残っとったで」ってまだ頼まれ仕事がたまっているようです…あせあせ(飛び散る汗)

“職人さん”がどんどんいなくなる、という話はあちこちで聞きますが、身近でこう様子を見るとなかなかせつないものがあります。義父はまだ若くて体は健康だったので「そろそろ工房の仕事も手伝ってもらおう」と思っていた矢先で、松本は今なお「親父〜死にやがってこの〜」と怒っています。笑 
義父は腕が確かな人だったので、ほんと今でも惜しいです。

1-4ミルミル.jpg
さて、きのうから松本の母と妹が工房にいるので、ネコさんたちは緊張の連続です。^^; 年末に私の実家に預けられて、甥っ子二人の洗礼?を受けて人なつっこい“むぎ”までもがビビリネコになっています 晴れ
posted by 宮崎佐和子 at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
男の子は容赦ないから(´∀`;)
ビビリ入るのもしょうがないですね(笑)
Posted by つゆくさ at 2007年01月05日 17:16
そうなんですよ〜
子供の『キャアア〜』の声がしただけでガクガクブルブルです。^^:
つゆくささんとこのニャンコも姪っ子さんの洗礼をうけていましたね〜〜
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年01月05日 22:06
お仕事すすみそうな快適な雰囲気です。
お母さまもごいっしょってとこが、またいいです。
ibookのタンジェリン使ってますね〜 

今年もよろしくで〜〜〜す!
Posted by ききょう at 2007年01月06日 08:18
ききょうさん、ありがとうございます♪
めったにないことだったので、仕事しつつも楽しかったです。^^

このibook子は、会計&名簿管理用です。
この頃のって使いやすかったなあ〜〜。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年01月06日 19:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2932139

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->