2009年06月24日

■変わった形のオーダー箸です。

以前から「調子が悪い」と言っていた、工房の一眼レフのデジカメ(EOS Kiss)。だましだまし使っていたんですが、本格的に動かなくなってしまい、少し前、修理に出しました。
修理費ン万円かかる予定だったんですが、運良く五年補償に入っていたことを思い出してホッとしました。あせあせ(飛び散る汗)

バッド(下向き矢印)さて、京都の山田潤さんに削っていただいたお箸木地です。こちらも順次新しいものの作業が進んでいます。
箸木地

…さて、これらのお箸に混じって、すごく変わった形のお箸があるのが分かるでしょうか?(一番下のお箸です)
これ、大阪のお客さまからのオーダー品のお箸なんですが…。
すごく変わった形です。こんなお箸は、作るのはもちろん見るのも初めてです。


バッド(下向き矢印)近い長さのいつものお箸と並べてみました。
箸木地

「ふつうのお箸は持ちにくい」というお客さまで、その方が持ちやすいと言われるお箸の形をヒアリングして松本が注意深く手削りしました。(グリップペンみたいな形が持ちやすいのでは?と言われるのですよ)
試行錯誤して作ったのですが、かつて見たことないような形になってしまったので「大丈夫だろうか…がく〜(落胆した顔)」と思い、木地の段階でお客さまに見ていただいたんです。
その結果、
「これでOK」というお言葉をいただき、安心して漆の作業に入っているというわけです。

う〜ん、勉強になりますねえ…。
「道具」って、使う人によって使いやすい形がこんなにあるなんて、ちょっとした驚きで新鮮でした。早く仕上げて使っていただきたいな。ムード


mugiuri.jpgさて、今日のおまけです。
夏至のころのうり坊。お昼寝の真っ最中です。(うり坊があおむけになっておなか丸出しで寝るのは珍しい)
うり坊が気になって、思わず近づいてきて見てしまう、むぎ君です。;;






posted by 宮崎佐和子 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) |   オーダー品制作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30050820

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->