2007年01月13日

■漆刷毛の切り出し/1


漆の仕事で欠かせないものの一つに「刷毛」があります。
これは特殊な道具で、まっすぐに梳いた女性の髪を糊漆でぴったり固め薄い板で貼り合わせ作ったものです。
刷毛1.jpg
刷毛2.jpg

まだ一度も使っていない、全通し(端から端まで毛の通った刷毛のこと)の刷毛。
力をこめる仕事が多いので、補強を兼ねて麻布を漆で貼って朱漆を塗っています。
このままでは使えません。持ち主自身が先を切って毛を出し刷毛の用をなす部分を作らなくてはいけません。それを「切り出し」と呼んでいます。
その仕事の出来いかんで、その後数年間以上におよぶ漆の塗り仕事の質に影響が出るので、慎重かつ丁寧にやらなくてはいけません。

刷毛3.jpg
刷毛4.jpg
完全に毛の通っていない端っこは角度を付け切り落とし、切り口を鉋などで揃え、それを基準面とします。

刷毛5.jpg
刷毛の毛の長さを決め、毛引きでその長さ分切り込みを入れて、印をつけます。この長さ決めは、塗り仕事の内容や刷毛の厚みなどによって自分で決めるのですが、その“きめどころ”は微妙です。

刷毛6.jpg
「へら太刀」でまず片面、板を削ります。

刷毛7.jpg
返してその裏の面も同様に削ります。

刷毛8.jpg
刷毛9.jpg
側面から見ると凸型に切り出せました。
(次回続く)


この「切り出し」の仕事は、自分の道具のメンテナンスの一つなのですが、めったにする機会がありません。
なのでこの機会に記事で様子を紹介していきたいと思います。


posted by 宮崎佐和子 at 23:18| Comment(7) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
ご無沙汰しています 
まだ刷毛の切り出しはしていないので
すごく参考になります 
というより 自分でできるのかなぁと思います
買い出すと癖になるので この2ケ月で10本くらい買ってしまったのですが 果たして切り出すときがくるのでしょうか・・・上塗り用にまで刷毛先を使いこなすさえ無理です・・・
Posted by 大塚 at 2007年01月14日 00:34
回りの道具環境もシンプルで
洗練されたこだわりを感じます。
いいものを作るための大切な作業。
さすがにプロだってことを実感します。 
Posted by ききょう at 2007年01月14日 08:29
大塚さん、こんばんは!
大塚さんなら反応が早いと思っていました。笑

すごい〜10本ですか。ひと財産ですね。
思い立ったら一気にやってしまいましょう。平野先生のところでずばっとやっちゃうとか。
刷毛の切り出しについては引き続き紹介するので、雰囲気だけでも参考になれば幸いです。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年01月14日 23:27
ききょうさん、いつもありがとうございます♪

刷毛の切り出し、私は怖くてなかなか一人でできません。笑 だって、失敗したら高価な刷毛がどんどん短くなっていくんだもの〜。(エンピツみたいな感じで)

仕事ってほんとに地味な作業の積み重ねだと感じます。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年01月14日 23:29
広重さんの刷毛ですが 安いのが出たときに買いためてるので松本さんのお父さんみたいな財産というほどの物じゃないですよ 
それと広重さんは刷毛おろしもしてくださるので いけないとは思いつつほとんどズルしてます・・・時間がなかかな(言い訳です・・・)

漆芸研究所の話は師匠からもよく聞きますが すごく厳しかったらしいですね 授業料を取らないだけのことはあったとおっしゃってました
いやならやめろ!と
Posted by 大塚 at 2007年01月15日 22:08
大塚さん、さすが目端がききますねー^^
材料はある時に買っとかないと後で泣きます。←多数経験あり。
刷毛おろしもしてくださるんなら、利用しない手はないですヨ。

漆芸研究所… 厳しかったのかなあ。
私の場合“厳しい”ってよりも、とにかく課題が多くて、時間がいくらあっても足りなかったです。(授業の帰りは疲れて運転ができなかったことも)あっ、これも厳しかったことになるのかな? 笑

いやならやめろ、はまさに正論ですね。^^;


Posted by 宮崎佐和子 at 2007年01月15日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3049392

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->