2009年10月07日

■和うるし作品「三段重箱 しだれ桜」

国産漆の重箱
「しだれ桜」2009年8月制作
漆/岩手県産うるし 木地/アスナロ

六寸(約18センチ)サイズの三段重箱です。
木地を下地でつぶさず、溜めにしていたまましばらく置いていた重箱木地がありまして… なかなか手がつかなかったのですが、ある日ふとそれを眺めていると「きっと優しい桜が一番似合うだろう」と思い付きました。
そこで、少し繊細なしだれ桜を銀彩で描いたものです。


日本産漆の重箱

桜の柄の重箱このお重箱は、この夏に工房で天日精製した漆(2006年大森俊三さんの盛漆です)で上塗りしていまして…。これがちょっと面白い風合いの漆なので、それと相まってなかなか楽しい仕上がりとなっています。
『つや消し』の塗り肌なのですが、単につや消しというだけでなく、どことなく無骨でかつクールな、ニュアンスのある薄衣をまとって不思議な雰囲気をただよわせます。

しかもこの上塗り漆、少しグレー調の色合いを含んでいますので、それがさらに漆だけど漆のようではないような、釉薬に近いような硬質な印象をより感じさせるのではないか、とも思います。


重箱 和うるし工房あい

それにしても、桜っていいですね。^^
日本人に一番愛されているモチーフではないでしょうか…。私も大好きです。ムード

posted by 宮崎佐和子 at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | ■ 和うるしの作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31999219

この記事へのトラックバック

らんちゅうの専門書/雑誌/マニュアル
Excerpt: いくら調べても、本当に欲しい情報は手に入りませんでした。専門書や雑誌を読めば、一般的な飼い方は当然知ることができます。しかし、水換えの頻度であるとか、与える餌の量、どんならんちゅうを選んで購入すればよ..
Weblog: らんちゅう品評会[日らん全国大会]で勝つための育て方/餌のやり方/病気治療/飼育環境[山田芳人が明かすらんちゅう飼育の真髄]山田芳人
Tracked: 2009-10-12 16:01
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->