2009年10月12日

■弟子の漆かき研修14/15〜17辺目です。

こんにちは、弟子の芝吹です。だんだんと涼しさから寒さへ体感が変わってきました。漆も乾きが落ちてきています。


さて、工房の木の漆掻きは、15、16、17辺と進んでいます。
バッド(下向き矢印)9/23に15辺目を掻きました。

P1060830.jpg

漆の中に白粒が出てきています。あまりよくありません。


バッド(下向き矢印)9/18の14辺目に掻かないでいた禿げた木を掻いてみました。

P1060836.jpg

ものすごく白い漆が出てきました。これは、辺掻きを終えた後に木に残っている漆を全て採りきるために傷のついていない所に傷を入れて採る裏目漆の時に出る漆だそうです。葉が落ちてしまったので、時期は早いですが裏目漆になってしまったようです。この木は1ヶ月程おいてからまた裏目を掻こうと思います。


バッド(下向き矢印)9/29に16辺目を掻きました。この木はまだ葉があるので続けています。

P1060860.jpg

だいぶ出が悪く、ねばい漆になりました。


バッド(下向き矢印)葉が黄色くなってきています。

P1060870.jpg



辺掻きの間を6〜7日にして、10/6に17辺目を掻きました。16辺目のような白くねばい漆が出てきました。こちらも虫にやられてきていましたが、寒くなり虫の勢力が弱まったのか禿げるまでにはいたらず、なんとか葉を残しています。後1〜2回で辺掻きを終えようかな、ガンバレ漆の木ダッシュ(走り出すさま)手(グー)

今回もありがとうございました。


* * * * * * * *

宮崎です。
早いもので、漆掻きもあと少しですね。第一回目は今年の6月、こんな様子だったんですよ。^^
葉っぱの残った方の木には、いっぱい実がついたので、ぜひとっておこうと思いました。


10_12_urusigasi_.jpgさて、今日の出来事…。東京の漆チームから、噂に聞いていた「あるもの」が工房に届きましたexclamation それは… 世にも不思議な漆のお菓子なのです。がく〜(落胆した顔) (決して市販品ではありません、念のため…)
おそるおそる蓋をあけると、あれれ? こんがり可愛らしい焼き菓子たちがいっぱい。この可愛いお菓子にどんな秘密が隠されているのでしょう。また、おってレポしたいと思います。


いつも応援ありがとう→  
人気blogランキング
にほんブログ村

posted by 宮崎佐和子 at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) |   弟子の漆かき研修
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32853902

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->