2009年10月16日

■第31回浄法寺漆共進会。

今年の「浄法寺漆共進会」が、15日にぶじ終わったようです。
今回は平日の開催だったのですが、なかなかの人出だったようでちょっと嬉しく思います。
今年の漆かき長期研修生の臼杵さんが、会場の写真を送ってくださったので、アップしますね。
臼杵さん、ありがとうございました。ムード


10_17_kyousinkai_1_.jpg
共進会の審査員は高橋勇介氏、町田俊一氏、富士原文隆氏の3名の方々です。

さて、漆の共進会は「漆樹液のコンクール」のようなもので、漆掻き職人さんである組合員さんたちの各自の「これぞ!」という、イチオシの漆が出品されます。
ずらーっと、漆の入った木樽が匿名で会場に並べられるのですが、「初辺の部」「盛辺の部」「末辺の部」と、採取時期に分けられて出品されます。

それらの樽の中身の漆を、ヘラ立て(木ヘラで漆をすくうこと)で確認しながら、審査の方々が項目にそって点数をつけていきます。

※昨年の共進会の様子



バッド(下向き矢印)この審査の様子なのですが…。
10_17_kyousinkai_2_.jpg
この漆の色、粘度、などいろいろチェック項目を見て、審査員さんたちが真剣に見ていきます。一般の方からすると「何を見ているだろう?」と不思議な光景に見えるかも…。


さて、今年の賞はどなただったのでしょう?
初辺の部の金賞は佐藤春雄さん。
盛り辺の部は金賞工藤竹夫さん。
末辺の部の金賞は猪狩史幸さん(今年の長期研修生の一人)でした。
皆さん、おめでとうございます。ぴかぴか(新しい)

(ちなみに臼杵さんは盛り辺の銅賞だったそうで… こちらもおめでとうございます。^^)


バッド(下向き矢印)さて、臼杵さんが、うちの工房に来る予定の漆樽の一つの写真も撮ってくださいました。
10_17_kyousinkai_3_.jpg
研修生は、会の裏方としてお忙しかったはずなんですが… ありがとうございます。;;
今年も、大森俊三さんと大森清太郎さんの漆を、受注生産という形でお願いしているんです。

私たちが一番気にしているのは、やっぱり今年の漆のできぐあい。
皆さんご存知のように、今年は天候不順で野菜の収穫にも大きな影響がありました。もちろん、木からの産物でもある漆樹液も天候に左右されます。

正直、昨年はかなり良くなかったのですが…。あせあせ(飛び散る汗)
たぶん今年もあまり良くないと思います。(とはいっても、それは最高の漆を知っている、松本の求める基準が高すぎるため)漆掻きさんは最善を尽くしてくださっているので、楽しみに待とうと思います。

共進会に出品された漆たちは、おそらく今日出荷されていると思います。
昨年から、制度が変わり、自動的に翌日出荷になったらしいです。(なので、去年はすぐに漆が工房に届いてしまいました。※昨年届いた漆
新しい採ったばかりの漆は、今が大事な時期で動かすと品質に影響してしまいます…。
なので工房の漆は、通年通り、年内は動かさずに安静にして置いていただくようにお願いしました。^^
来年のお正月のころ、見ることができる予定です。ムード
また、その時はご報告しますね。





10_13_urusikaki_.jpgさて、岩手県よりまだまだ暖かい、香川県ですが…。弟子が先日、最後の辺掻きをしましたよ。日本の各地で、いろんな世代や立場の人々が、漆に熱い情熱を持って向かっているんだなあ、しみじみ感じるひとときです。

いつも楽しみにしています^^→  人気blogランキング
にほんブログ村
posted by 宮崎佐和子 at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 浄法寺町の漆かきだより
この記事へのコメント
こんばんは。

この日の三日前に浄法寺に行ってきました。
今の時期が、漆の出荷時期なんですね。

同じ県内でも結構遠いので
なかなか浄法寺に行けないのが
ちょっと残念ですが、また行ってみたいです。

漆は、採ったあとしばらく寝かせないといけないんですね・・・。
ふと、酒造りのような繊細さを想像してしまいました^^;
Posted by GIL at 2009年10月17日 19:34
松沢です、コメントが遅れてすみませんでした。

まずは無事に共進会&出荷が終わったところです。レポートは満足なものではありませんが、ブログに載せましたのでご覧ください(^^)

そちらへの出荷は年明けになりますが、楽しみにお待ちください。
Posted by matsuzawa at 2009年10月17日 23:43
GILさん、こんばんは。
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^

>この日の三日前に浄法寺に行ってきました。
今の時期が、漆の出荷時期なんですね。

そうなんです〜
なので、GILさんが「浄法寺」のタイトルで日記を書かれているのを見て「もしや漆を見にいったのかな?」と思いました!
岩手県は広いので…
もし、機会がありましたらごらんくださると嬉しいです。

>漆は、採ったあとしばらく寝かせないといけないんですね・・・。
ふと、酒造りのような繊細さを想像してしまいました^^;

わ、GILさん日本酒がお好きですか??
これは浄法寺漆の品のよい表情を出すための、大事な要素の一つなのですよ。
おっしゃるように、ほんとに酒造りと同じ感覚なんです。
(GILさん、食に感性がおありですから、なんとなくわかっていただけるのでしょうか)
「日本産漆でさえあればいい」という方なら、この時期に動かそうがかき混ぜようがまったく気にされないのだと思うのですけど…。^^;
ほんと、漆もお酒も「生きている」という言葉がぴったりだな〜と感じます。
でも、お客さまにとっては、高額なものを作っていますので、漆の品質にはとことんこだわりたいと思っています。

いつもありがとうございます、
これからもよろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年10月18日 19:55
松沢さん、こんばんは!
そしていつもお世話になっております。^^
つつがなく共進会と出荷が終わりまして、何よりです。
準備や裏方、そしてご説明などなど、大変だったと思うのですが、ほんとうにお疲れさまでした☆
(浄法寺の大イベントですものね〜)

今年は小分けが多かったとのことで「うわっ、溜めた樽から漆を分けるのって大変だな〜 ;;」と思いました。
でも「まず一キロだけ欲しい!」というような、作家さんの気持ちもすごく良くわかるので、こうした対応は喜ぶ方が多いのではないでしょうか。

>そちらへの出荷は年明けになりますが、楽しみにお待ちください。

年内はおあずけしますので…。
それまでうちの子たちをどうぞ、よろしくお願いしますね。
共進会の前日まで、いろいろと段取りをしてくださいまして、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年10月18日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32967319

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->