2009年10月27日

■工房のネコむぎ君の膀胱炎、その後。

工房の3匹の猫の1匹、キジトラのむぎ君。
前日、病気になって、大嫌いな病院に行きました…。

10_27_MUGI__2_.jpg

10_13_mugi_7_.jpgなんの病気か心配しましたが、前回の診察ではおそらく膀胱炎だろうとのことでした。こんなふうに、ひっきりなしにトイレに通って(ほんと10分おきくらい)トイレに座り込んでいるような状況だったんですよ。あせあせ(飛び散る汗)




バッド(下向き矢印)で、10日間の膀胱炎の投薬を終え、いよいよ診察です。
10_27_mugi_.jpg
診察台の上でびびりまくりのむぎ。

じつはむぎ君、尿石症の体質なのです…。
※病院デビューの日記
なので、今回は尿石の結晶がおしっこ内にできていないかの検査をしました。
それには、検査用のおしっこが必要で、獣医さんがそれを採取しようと膀胱を押すのですが、緊張のあまりなかなかおしっこが出ないむぎ君…。

10_27_MUGI_3_.jpg
結局、カテーテルで導尿されてしまいました…。
(痛そう… ふらふら


検査の結果、結晶はなかったそうで、ほっ。
(結晶ができると、それが詰まってしまうのですね)
ただ、おしっこのpH値が高めで、結晶ができやすい状態なのと、あと潜血が少しあるので、膀胱炎は完治していないから1ヶ月は投薬を続けるようにと言われました。


バッド(下向き矢印)むぎ君の検査結果とお薬です。
10_27_MUGI_3_.jpg
体重も安定。

錠剤が処方されているんですが、お薬がきらいなむぎ君なんで、くだいて粉末にして、好物の猫缶に練り込んで食べさせています。
とてもよく効くお薬なので、症状はすぐおさまったんですが、ここで十分に根治しておかないとダメなんだとか。(でもどんな病気もそうですよね)
やっぱり猫は、泌尿器系がよく悪くなる動物だそうで…。
猫を飼っている皆さん、ぜひ気をつけてあげてくださいね。^^

10_27_MUGI_1_.jpg命からがら?病院から抜け出して、くつろぐむぎ君…。
秋らしい日射しをあびて、黄昏れています。ムード


posted by 宮崎佐和子 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房のネコ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33230463

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->