2010年01月31日

■こんな道具も使っています… 真綿。

ふだん、何げなく工房の仕事で使っているものはたくさんありますが、ふと眺めるとけっこう面白いものや変わったものがあるように思います。
その中のひとつ、私がよく使っている「道具」を紹介いたしますね。^^


バッド(下向き矢印)これです… 何かお分かりでしょうか。
 (綿菓子ではありません〜)
真綿

これは真綿、つまりお蚕さんの繭からのシルクの綿なんです。ふわふわ、ぽわぽわ曇りで、手に乗せているとぽっと手のひらが暖かく感じます。

これを漆の仕事の何に使うのかといいますと…。


バッド(下向き矢印)金箔の仕事、箔押しなどに使います。
真綿

厚さが0.0001ミリと言われる、たいへんたいへんデリケートな金箔…。(透かすと向こうの景色が見えるほどです)
わずかな吐息でも浮かぶような、金箔はそんな極薄の金の膜です。
「金と漆」はたいへん相性がよく、とっても美しい表情を作り出すことができるのですが…。
この「真綿」の使い方は主に「箔押し」、漆で地描きしたあと、金箔をそっと乗せて箔がやぶけないように付着させる時によく使います。

この「真綿」は、木綿の綿よりもうんとあたりが柔らかく、そして繊維がたいへん長いので、こういった仕事にもってこいなのです。

ほんと、自然の素材って役に立つものですね…。
蚕さん、ありがとうexclamation


かごに入ったネコさて、今日のおまけ…。
竹籠に入る、うり坊とミルミルです。こんなカゴがあると、見過ごすことができないたちなのがネコさんですねあせあせ(飛び散る汗)
ネコたちがこうなると、この竹籠を腕にさげて「おひとつ、いかが?」と売り子さんのマネ(ネコ売り?)をしてみる私です。

posted by 宮崎佐和子 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(1) |   道具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35039752

この記事へのトラックバック

プロが選ぶ本物の道具店
Excerpt: 雪道にはスノーヘルパー/車止めでバックオーライ/ バーベキューコンロ10種類国産品/ パラソルスタンド携帯に便利使用簡単風が吹いても容易に倒れない/ 事前にご用意!防災用品
Weblog: banco-life
Tracked: 2010-02-02 10:28
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->