2010年03月05日

■陽光につられて。

今日は全国的に暖かい日らしく、地域によっては初夏のような気温だったんだとか。
香川県は、初夏とまではいきませんが… ぽかぽかして気分のよい一日でしたよ。晴れ

漆室
暖かいと、漆室のゴキゲンがいつもよりいいようです。

そして…。
モクレン
お庭のモクレンさんが、この暖かさにつられて、もう開花しようとしているのを見てビックリ がく〜(落胆した顔) 


メダカ
お庭の梅干し壺の中の黒メダカさんたちも、水面にあがってきておりました。(このメダカさん、お隣りのおじさんがいつの間にか入れてくれた子たちなんです)

あ〜、ほんとに春の太陽の色だなあ。ムード

そして、工房の猫さんたちも…。

むぎとうり坊
むぎ君(左・キジトラ)うり坊(右・銀トラ)
ミルミルと違って、完全室内の子です。

この二匹が、外の光景が気になるらしく…。
玄関までやってきて、ドアを開け閉めするたんびに、一生懸命外を見ようと、ムリムリ競ってつめかけておりました。あせあせ(飛び散る汗)


ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
はじめまして
ブログ村からのお邪魔です。
漆、身近だけどよく知らない。
まだまだ知らないtことばかり。
勉強になります。
いけばなをしています。
木蓮はお庭で咲いている姿は
花も大きいし美しいなぁって思うのですが
実際にいけようとすると
枝振りが単調、平面過ぎて難しいです。
自然って美的センス最高ですね。
Posted by へなうさぎ at 2010年03月06日 09:42
へなうさぎさん(かわいいペンネームですね)、はじめまして!
たくさんのすてきなブログの中から、この日記をみつけて下さいまして、本当にありがとうございます。^^

いけばなの先生をされてらっしゃるのですね、こちらこそ、いろいろ教えてくださると嬉しく思います☆


>木蓮はお庭で咲いている姿は
花も大きいし美しいなぁって思うのですが
実際にいけようとすると
枝振りが単調、平面過ぎて難しいです。
自然って美的センス最高ですね。


わわ、たしかにそうかも…!!
私はいけばなはさっぱり分からないのですが… ;;
 モクレンの花や枝ぶりの美しさを、切り取って表現するのは難しいかなということは、なんとな〜く分かります。
(実はこの日記に掲載したモクレンの写真も、お花をうんとアップにして撮った写真を最初載せようとしたのですが… 庭で見たモクレンの空気感が感じられず、枝がいろいろと写ったこちらの写真に差し替えました;;)


>自然って美的センス最高ですね。


…ほんとうにそうだと思います。
花の絵を写して描いても、やはり本当の花の実物の美しさとはほど遠いです。
儚いからよりきれいなのでしょうか。


これからも、ときどきのぞいてくださると嬉しいです。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年03月06日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36032705

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->