2007年04月04日

■禁断の味?タラの芽の天ぷらではありません。

今日は風が冷たいけど、いいお天気の日です 晴れ
ウルシの芽のてんぷら… 「おいしいけどかぶれる禁断の味」はほんとうでしょうか。芽が伸びてしまわないうちにためしてみようと思います!!!

4/4漆の天ぷら1
山菜採りのように…いそいそと芽を摘む松本。
(自宅の庭なのですが…)

4/4漆の天ぷら2
摘んだ切り口から、漆の樹液がにじみ出して危ない感じです。


4/4漆の天ぷら4
さて、たくさん採ってしまいました(だって楽しいんだもん♪)
今回は徳島産の阿波うるしの木の芽を採りました。木もたくさんあるし、けっこう芽が伸びているので… ^_^
味の差を比べてみようと、いろんな長さの芽を摘みました。

4/4漆の天ぷら5
けっこう虫がついていたりするので、よく水洗い。
ころもを用意して、揚げま〜す!

4/4漆の天ぷら6小さいのひとつ、揚がりました!
あれれっ、赤かった新芽がきれいな緑色に…!?

揚げている最中、ずっと甘くて香ばしい匂い(アーモンドもしくはピーナッツに近い香り)が周囲に立ちこめます。
うわ〜けっこうこれは期待できるのかな。どきどき。


これが禁断の珍味?
「漆の新芽のてんぷら」です。
4/4漆の天ぷら7
4/4漆の天ぷら8う〜ん、タラの芽の天ぷらソックリです。これは間違えそうになるのも無理がありません。
では、この「輪島の塩千俵」を添えていただきます!

4/4漆の天ぷら9
4/4漆の天ぷら13
どきどき。いよいよ行きます!




………。

「あれっおいしいよ…」
「すごーくおいしいよ!」


…というかんじで、ウルシの芽の天麩羅はすごく美味しかったんです!わーい(嬉しい顔)
松本いわく「甘味が強くて香ばしく、やはりナッツ系の香りは強い。芯の部分はピスタチオのよう。しかも食感は軽く、筋はない」…とのことです。

私は味オンチなので、そこまで感想は言えませんが…。^_^:
間違いなくおいしいです。
確かに甘くてしかも旨味が強く、山菜にありがちなエグ味は全くありませんでした。「うるしの芽」と知らなければ「美味しいわぁ」と老若男女問わず誰でもパクパク食べちゃうこと請け合いです。

4/4漆の天ぷら
さて、きょうの食材です。笑

今回はいろんな成長差の新芽を採って試してみたのですが…
かなり大きい芽(というかもう葉っぱ)でも、柔らかく美味しく出来ました。
でも、味が濃厚で旨味の強いのは、矢印部分の軸にあたる部分でしょうか。柔らかくほんの少しねっとりした感じで、うまみが濃い。葉っぱもおいしいのですが、衣がたくさん付いてしまうので、その分、衣の味に押されてしまいます。
さて、一番右側の漆の芽の切り口が黒くなっていますが、これは漆の樹液です。(もちろん皮膚に付くとしっかりかぶれますあせあせ(飛び散る汗)) 

春の珍味に舌鼓を打った、松本と私ですが…
「ねえ、なんか舌がピリピリしない?」
「うん、する…」

…となんだか危険な余韻を感じています iモード
※かぶれることも考えられますので、安易にまねしない方がよいとおもいます。

ランキング参加中、今日もクリック→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング


posted by 宮崎佐和子 at 18:06| Comment(19) | TrackBack(0) |   漆かぶれについて
この記事へのコメント
今日はおいしい珍味がタダで試食できてよかったですね。
今頃二人共・・・大丈夫?

やっぱり、怖いなあ

次は、漆芸研修所の研修生を呼んでふるまうとか。
Posted by 舁だんじり at 2007年04月04日 20:21
内臓大丈夫ですか(´∀`;)
経過が心配ですが…禁断の味ほどウマイといいますからね(笑)
ふぐの肝みたいなモンでしょうか♪
Posted by つゆくさ at 2007年04月05日 00:09
いかにもうまそうですね〜 
粘膜はかぶれないけど 後が怖いと漆屋さんに聞きました・・・結果次第によっては私も
しかし禁断の味は魅力的でドキドキしますよね

とらふぐの肝を食べたときはドキドキの後
美味に感激! でも食べ終わってしばらくは緊張してました
Posted by 大塚 at 2007年04月05日 01:29
びっくりした!!!
本当に食べたんですね。
しかも松本さんのコメントからすると美味そう…。
松本さんの表現力、グルメレポーターになれますよ(^O^)

内臓はカブレナイようなことを猫好きシェフが言ってましたが、どうなんでしょう…舌は(?_?)
なんか読んでてドキドキでした。

ターちゃん、昨日もいなかったけど寒いからかもしれません。強風だし。
私が行くの22時前なんで。竹輪は、ほとんど食べてましたよ。差し入れだったんですね。
また、報告しますね。
Posted by SUWA at 2007年04月05日 17:47
舁だんじり さん、ご心配ありがとうございます。^^:
あっけないくらい何ともないです。
(今晩、父母から安否を気づかう電話がありました)

研究生… なんか本当に「食べてみたい」って言いそうだなあ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月05日 23:16
内臓はもちろん、どっこも大丈夫です、つゆくささん。
^^
松本が言うにはもう体内を通過したらしくて…
けろりとしたもんです。
(ふぐよりも安上がりだな)
これは毎年やるかもな…。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月05日 23:19
大塚さん、私も食べたあと緊張していました。笑

>粘膜はかぶれないけど 後が怖い

っていうのは、食べたものが出た時にかぶれるってことですよね。^_^: ほんとにそんな人もいたらしいです。

新芽を水洗いした時に、切り口から出た漆が私の手にしっかりついたし(今も残っている)油で揚げるとはいえ半生だし… かぶれやすい人は勇気がいると思います。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月05日 23:24
SUWAさん、あっけないくらいどうもないです。^^
松本は「今度は岩手産の漆の芽を試してみようか」などと言っています。
シェフのお店に、送りましょうか??ナンテ(^.^)

ターちゃん、そういえば夜遅くはいませんでした。
ママネコもいないのが心配だけど… もしかしてもう赤ちゃんが生まれるのかもしれないなあ。ちょっと心配。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月05日 23:32
おー!これは興味しんしんです。来年は一切れくださいね。
Posted by ShopMaster at 2007年04月06日 21:41
 久し振りです、うるし芽のてんぷらの味はどうでしたか?葉もてんぷらにできるみたいですよ。 韓国料理の漆鶏(オッタッ)というの知っています?それもすごいみたいですよ。今度そちらに行ったら看板が「和漆のレストランあい」になっていたりして。
 こちらはまだ浄法寺のうるしの苗がとどきません、最近雪が降ったみたいで。
 
               うすき
Posted by 臼杵 at 2007年04月06日 22:09
Posted by at 2007年04月06日 22:14
Shop Master、このたびは移転おめでとうございました。(ちょっと遠くなってしまって寂しいですが)

来年と言わず、今年でも。
一切れとは言わず、たくさん差し上げますよ〜〜(^田^) 
…安全の保証はできませんが。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月06日 23:32
臼杵さん、こんばんは!! ^_^
松本によると浄法寺はひと月ほどの時差?あるので、苗が来るのはもう少し待たないといけないみたいです。楽しみですね〜。

うるしの芽の天ぷら、良かったですよ!!
マイルドで万人受けするお味じゃないでしょうか。
韓国料理の漆鶏、検索で見てみました…察するに薬膳みたいなお料理かなあ? かなり美味しいそうで心が動きます。笑
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年04月06日 23:41
うるしの新芽を食べられたとか・・・
うるしは火を通しても成分がかわらないそうですから食べると危険ですよ
この記事を見てまねされる方が出るといけませんから
注意書きをするか、削除された方がいいかと思いますが・・・

芽が出る季節にはうるしの芽を食べた方が時々病院にこられるそうです
Posted by きはる at 2008年08月24日 02:01
きはるさん、はじめまして!
このたびは、コメントをくださいまして、ありがとうございます。^^

>うるしの新芽を食べられたとか・・・
うるしは火を通しても成分がかわらないそうですから食べると危険ですよ

はい、ご心配ありがとうございます。
危険を承知でやっているわけでして。笑
火を通すのは、旨味を出すための調理で、うるしの成分を変えるためじゃないんです。
うるし好きの、ほんとに酔狂なお遊びですね、まったく常識ある方からごらんになると、とんでもないことだと思います。^^;

>この記事を見てまねされる方が出るといけませんから
注意書きをするか、削除された方がいいかと思いますが・・・

…実は、きはるさんのいただいたコメントを読んで、最初、『えっマネする人がいるの? ('o')』とびっくりしました!
私は一連の流れで(漆の木を育てて、漆の木の樹液を使って作品を作る)この日記を書いていますので、その中の余興として、たまにこんな話題もとり上げています。
でも、検索でいきなりこのページに来て、ここしか読まない方もいらっしゃるかもしれませんね。
見知らぬ方にご迷惑をかけるのは、不本意ですので、注意書きを考えて文末に付けようと思います。
ご指摘を、ありがとうございます。^^

>芽が出る季節にはうるしの芽を食べた方が時々病院にこられるそうです

実は、このあたりのお話が、とっても気になります。笑
もしどんな話かご存知でしたら教えて下さると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎佐和子 at 2008年08月24日 19:51
ウルシの新芽食べられたんですね。
私の知り合いから聞いた話ですが、久しぶりに会った子供の同級生のお父さん。タラの芽と間違えてウルシ食べてしまったそうで、顔がものすごいことになってしまったそうです。
人によってかぶれる人とそうでない人がいるんですね。

Posted by とある通りがかり at 2013年11月28日 17:25
とある通りがかりさん、こんばんは。
コメントをくださいまして、ありがとうございます。^_^

ウルシを食べてしまったお父さん、たいへんな目にあってしまいましたね;;
個人差がありますが、どちらかと言えば遠慮しておいた方が無難かと思います。
Posted by 宮崎佐和子 at 2013年11月29日 01:01
知り合いから貰ったコシアブラにウルシが混ざっていたらしく、夜、家族全員で天婦羅にして食べたが私のに混入したらしく食べて2時間後に胃痛?腹痛?そしてかぶれが両腕に、なにが起こったのか解らず明日病院に行かなきゃと。。。次の日の朝、かぶれは全快しておりおなかの具合も病院に行くほどでもないかと。食べた量が少なかったせいかも知れません。
Posted by 高橋弘子 at 2014年09月09日 17:53
高橋さん、はじめまして!
コメントをくださいまして、ありがとうございます。(^ ^)
コシアブラ… たしかにウルシに似ていますね;;(しかもおいしそう)
症状がひどくならず、すぐ回復してなによりでした。

似ている山菜ってけっこうありそうですね〜。
本当にたいへんな体験をされてしまいましたが、
貴重なエピソードを教えて下さいまして、ありがとうございました。
Posted by 宮崎佐和子 at 2014年09月09日 18:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3652816

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->