2010年04月25日

■栗の木の箸置き。

箸置1
栗の木の箸置 



木目が個性的なクリ材。
そのクリを使った、すっきりした鼓型のお箸置です。

箸置2

クリの木目を素朴に出すために、漆をほどこすのは木地固め一回だけです。(金箔貼りを除く)
ここには4色を並べております…。
奥から溜、黒、朱、金溜です。


箸置

この形は、意外とない形で、とても使いやすいとご好評いただいております。
脇役のお箸置ですが、ちょっと気を使うと楽しいものですね。^^


ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 21:00| Comment(7) | TrackBack(0) | ■ 和うるしの作品
この記事へのコメント
「和うるしの器と装飾品展」のご案内、ありがとうございます!
あまり帰省できていませんが、できたらまた拝見したいと願っています。
お二人の作品は、現在の私ではなかなか手が届きませんが、
作品の雰囲気がとても好きですし、
夢を形にされていくお姿にも元気をいただいています!
Posted by daka at 2010年04月26日 19:28
書き忘れてしまいました。すいません。
そう、この箸置き、見た目もきれいな上に
本当に使いやすくて重宝しています!
Posted by daka at 2010年04月26日 19:30
dakaさん、こんばんは!!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
わ〜〜〜 おひさしぶり〜〜
転勤になって、しばらくだけど、ご家族の皆さんもお元気ですか?

ひさびさの岡山展なので…
dakaさんにも、お報せしました☆

こちらこそ、dakaさんのにぎやかなfamilyになごまされ… 元気をいただいております。
また、いつの日か独身時代の時のように楽しく無茶?をしたいなあ…。

お箸置も愛用してくださって、うれしいです。
これからも、ときどき見てくださいね〜
どうぞ,よろしくお願いいたします。♪♪
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年04月26日 23:08
ご無沙汰していながら、ブログをいつも楽しみに拝見していますので
私の方は勝手に近い気持ちでいます!

私も若さゆえの無茶?で一番に思いだす事は、
宮崎さん達とご一緒に働かせていただいていた、あの頃ですね!
仕事上ではご迷惑をおかけしてばかりでした。すいません。
今思うと、無知でめちゃくちゃで怖いです(苦笑)。
仕事外でもいろんな場所に連れて行っていただいて、
ひたすら大笑いしていた記憶があります。
宮崎さんは、どんな場所(笑)に行っても、落ち着いておられました!
また、ドキドキするような事がしたいですね!!
Posted by daka at 2010年04月27日 11:19
daka さん、こんばんは!!

>私の方は勝手に近い気持ちでいます!

わっ、そうなの??
なんだか、すごく嬉しいですよ…。(つд<)

dakaさんもそうかもしれないけど… 最近、友達と屈託なく楽しく過ごすなんてことはまったく無縁で;; ずっとこんなかんじで暮らしているような気がします。
(いけないなあ〜と思ったりもしながらも ^^;)

… 若い時のことをちょっと思い出すと、無謀で世間知らずだったことを思い出して(恥
今さらながら、うきゃ〜〜となったりすることもあるんですが(今さらながら)
でも,今はみんなそれぞれ収まるところに収まって幸せになっているから、私もきっとそうなんだろうな〜と無理に納得しようとしたりしています☆

ほんと、dakaさんもみんなも、こんな私に付き合ってくれていたなあ。
ありがとうね〜。

私達の年代って、まさに仕事&子育て真っ最中!で毎日忙しい頃じゃないかなと思いますが、いつか「いい人生だったな」としみじみ振り返ることができるようになりたいな〜と思います。

私も、dakaご夫婦が円満で、そしてちびちゃんたちが健やかに成長して幸福になることを、遠くから祈っています。☆☆

これからも、仲良くしてくださいね。
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年04月27日 23:55
なかなかご友人とのお時間が取れないのは、
やはりご多忙な毎日だからでしょうか?
世代的にも皆さんそれぞれお忙しい時期なのでしょうね。
私はハジケきれない自分に若干、年齢的なものも感じますが、
それにも負けず!?また宮崎さんとご一緒にはっちゃけられる日を
楽しみにしておきます(笑)

いつか「いい人生だったな」と、しみじみ振り返ることが
できるようになりたいな、という宮崎さんのお言葉に同感です。

女性が多様な道を選びやすい時代になり、
それゆえに周囲を見て、ふと迷う人が増えている気がします。
私の周りの迷っている人達も、私自身も、いつの日か
「自分らしい生き方ができたなぁ」と思えるといいな、
そう感じます。

岡山での作品展、充実したご様子が伝わってきます!
おふたりの作品をより多くの方に見ていただけると良いですね。

いつも私の家族にまで温かいお言葉、本当にありがとうございます。
おふたりもお忙しい事と存じますが、
どうぞお身体を大切にしてくださいませ。
Posted by daka at 2010年04月30日 06:12
dakaさん、こんばんは!
(お返事が遅くなってしまい、ごめんなさい;;)

今日は作品展の会場になつかしい人が来てくださって、とてもうれしかったです☆

dakaさんが言われるように、生き方が多様化して、逆に悩んでいる方は多いのかもしれないですね。
でも、きちんと家庭を持って子育てしている方は素晴らしいし、仕事を持って打ち込んでいる方もすてきですよね〜
(その両方されている方は… スーパーマンだ!)

人生に正解はないのかもしれないけど…
せいいっぱい頑張って、前の世代の人びとが残してくださった有形・無形の財産を、後の世代の子たちに胸を張って渡したいな、と思っています。

これからもよろしくお願いします ♪
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月02日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37364708

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->