2010年05月04日

■漆のタネから芽が…!

4月18日に、ウルシの種を蒔きました。
(昨年に実った、工房のウルシの木の実の種です)
「今年の発芽はいつかな〜〜」と心待ちしていたんですが… 
ついに発芽しましたよexclamation
ちょっとお見せいたしますね。


バッド(下向き矢印)ググッと頭をもたげています〜。

漆の芽1
漆の芽2

殻の帽子をかぶって… ^^
やがて可愛い双葉が出てきます。ムード


さて、昨年、工房の庭のウルシの木(まだ若い木だけど研修用に)漆掻きをしていました。

で、漆掻きをし終わったあと、木を切り倒したんですが…。
IMG_2831.jpg


バッド(下向き矢印)切り株からちゃんとわき芽が出てまいりました。ぴかぴか(新しい)
漆の芽3

この真っ赤っ赤な細〜い芽が、ウルシの芽です。

漆の芽4

根っこの方からも芽が出てきていますね。
この「ひこばえ」が、いつか切られた先代に取って代わる存在となるでしょう。

「役目の終わった木を切り倒すのはかわいそう」って、よく言われたりするんですが… (私も以前はそう思っていました。;;)

キズだらけになって弱った木をそのまま放置する方が、逆に可哀相なのです。
傷つき弱った木をきれいにスッパリ切ってやると…
新しく勢いのいい「次世代」の木に、スムーズに再生することができるんですよ。
木の生命力って、すごいですよね。ぴかぴか(新しい)



ミツバチさん今日もお天気のいい日でした…。本日も、工房の庭のラベンダーの花に、せっせと通うミツバチさん。(セイヨウミツバチ?)
みつばちマーヤみたいな子で可愛いです。ムード
ミツバチさんはウルシのお花も大好きなので… 花が咲いたら、きっとせっせとウルシの木にも通ってくれると思います。その様子がまた見られると思うと、とっても楽しみです。


posted by 宮崎佐和子 at 22:00| Comment(9) | TrackBack(0) |   漆の植栽
この記事へのコメント
こんにちは。

漆の芽の写真を見て、
今年は朝顔の種を植えてなかったことに気づきました^_^;

ここ2、3日で急に暖かくなってきたばかりなので
まだ間に合うかも知れないですね(笑)。

あと、小さい虫の写真を撮るのって
とても難しい気がしますが、
このミツバチの写真も素敵ですね!
Posted by GIL at 2010年05月05日 13:25
工房の庭のラベンダーの花に、せっせと通うミツバチさん。(セイヨウミツバチ?)

正解です。 座布団1枚!
Posted by 舁だんじり at 2010年05月05日 18:16
GILさん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
連休はいかがお過ごしになりましたか…?(私たちは結局仕事ばかりでした;;)


…朝顔!!!
そうだ、朝顔は今年も蒔いていないかも…。
(毎年、朝顔を植えよう!と思っているのですがいつもスッカリ忘れてしまいます)
GILさんのお住まいのところなら、まだ大丈夫じゃないでしょうか。

満開のすがすがしい花が見られるといいですね/^^


>あと、小さい虫の写真を撮るのって
とても難しい気がしますが、
このミツバチの写真も素敵ですね!


はい、奇跡の一枚なんです。(笑)
もっといいカメラがあればちゃんと撮れるんだけどな〜〜

いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月06日 22:45
舁だんじりさん、こんばんは!
暖かい… というよりもなんだか暑い日が続いていますね。^^;


>工房の庭のラベンダーの花に、せっせと通うミツバチさん。(セイヨウミツバチ?)

正解です。 座布団1枚!


わっ、やった! ^▽^
きれいなオレンジ色でまるまるとしてとても可愛らしいハチさんです。
毎朝、このラベンダーに通い詰めているんですよ。好きなんですね。

今日はニホンミツバチとおぼしきハチさんの写真を撮りましたので、またアップしようかと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月06日 22:49
実家が鹿児島なのですが現在杉の山林に漆の木を植えようと本気で考えています。主人は相手にしてくれませんが・・・やはり無謀なことでしょうか?岩手の漆掻きの研修も問い合わせをしたいと考えてます。子連れだと無理かな。九州だとベトナムの漆の木がいいのでは?とベトナムで活躍されてる方にアドバイスいただきました。和漆は難しいでしょうか?
Posted by キッキー at 2010年05月11日 21:48
キッキーさん、こんばんは!
このたびはコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
(…えっと、初めまして、ですよね)
多くの漆のサイトの中から、この日記を見つけてくださいまして、ありがとうございます☆

ウルシの植栽についてですが、
いただいたコメントの内容だけでは、キッキーさんの状況や、お考えになっていることが分からず… ;;

少し教えてくださいますと、私でもいくらお答えできる箇所があるか思います。


>実家が鹿児島なのですが現在杉の山林に漆の木を植えようと本気で考えています。主人は相手にしてくれませんが・・・やはり無謀なことでしょうか?

そうですね…。
まず、キッキーさんは、どんな目的でどのくらいの規模や予算で、ウルシの木を植えようと考えてらっしゃいますか。
杉の山林はどんな状態でしょうか、いま杉の木が生えていますか、それとも植栽用の開墾地がありますか。
また、山の仕事の経験は、どのくらいお持ちでしょうか。


>岩手の漆掻きの研修も問い合わせをしたいと考えてます。子連れだと無理かな。


「日本うるし掻き技術保存会」の研修制度のことですね。^^
(ということは、漆掻きにも挑戦されたいのですね〜)
長期研修生(春から晩秋頃まで滞在)、短期研修生(短い日数)どちらをお考えでしょうか。
また、お子さんはまだお小さいのでしょうか。

…いろいろおたずねしたいことを書いてしまいましたが ^^;
もう少し詳しくお知らせくださいますと、助かります。

どうぞ、よろしくお願いいたします!!
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月12日 21:40


目的は老後の職にと考えております。主人が40過ぎでゆくゆくは九州に戻ります。花粉症ではありませんが、杉花粉害はこれ以上増やさなくてもいいかなと。
規模や予算はまだ具体的ではありません。実際の山林の場所もはずかしながらよく知らない状態です。いまは杉の木が生えています。
山の仕事の経験は全くありません。山林はすべて林業組合(?)に委託管理しています

研修はできれば長期希望です。(今日問い合わせたら皆さん帰宅されてました(涙)

全くの素人には無理なのでしょうか。職人に憧れていますが。所詮夢なのでしょうか・・・

Posted by キッキー at 2010年05月12日 22:13


今日研修の件お問い合わせしてみました。
長期、短期とも今年はいっぱいとのことでした。やはりど素人は無理ですと遠回しに。まして女性には務まりませんとのことでした。
子供は今年四歳なので地元の保育園に預けて、と思ってました。悲しいです。

保存会の方の話では、国産の漆は売れずに余ってる状態で今後の需要の拡大は見込めないとおっしゃってました。がそうなのでしょうか?
国産漆の将来は・・・

茨木見学行ってこようかと思います

Posted by キッキー at 2010年05月13日 20:46
キッキーさん、こんばんは!
お返事をくださいまして、ありがとうございます。^^

保存会に、おたずねになられたのですね。
お疲れさまでした。

>保存会の方の話では、国産の漆は売れずに余ってる状態で今後の需要の拡大は見込めないとおっしゃってました。がそうなのでしょうか?

はい、保存会の方のおっしゃるとおりです。
国産うるしは、はっきり言って売れません。;;
キッキーさんの状況やご希望を、少しですが知りまして、どうお答えしようかと考えていましたが、保存会の方があらかたお話をしてくださったようですね。
「老後の職」として、少しでも収入をお考えでしたら、たいへん難しいと思います。
ほんと、キッキーさんの言われるとおり、日本漆の将来はどうなるのかな?と不安になります。


浄法寺の長期研修生は、過去には女性もいましたが…
浄法寺漆をとりまく制度の変化や、また近年のウルシの木の原木不足により、研修生に割り当てられる漆掻きの研修林が、年々厳しい環境の畑となってきて(よい畑、よいウルシの木は、やはり現職の漆掻きさんに優先的に使ってもらわないといけませんものね)受け入れの状況もかなり変わってきているように思います。(昨年の研修生は、皆さん立派な壮年の男性たちでしたが、それでもかなり大変そうでしたよ)


講師の方は、現役の漆掻き職人さんですから、たいへん勉強にはなりますが、講師自身が自分のお仕事で多忙なので、期間中、つきっきりで手取り足取り… というわけにはいかないです。
うっかり大きな事故になっても大変ですし、素人の女性、となるとやはり慎重になる部分も大きいと思います。

そして山の仕事は、慣れない人にはたいへんな重労働で、私も以前、短期研修に行きましたが…
今と違って、かなり環境の良いウルシ畑だったにもかかわらず、たった一日の漆掻きだけでヘトヘトでした;;
また、山には、怖い生き物?もいます。
人が日々管理して調整した、里の畑とは違うリズムで動いていて、里の畑の延長で考えるとかなりギャップがあると思います。


キッキーさんは、
・老後の職として漆掻きをしたい
・場所はご実家の杉の山林
・予算や規模は未定
       とのことなのですね。

(この「和うるし日記」をごらんになると、編集した情報を発信していますので、牧歌的な世界に見えてしまうかもしれませんが…)
まず、真剣にお考えでしたら、「いきなり漆掻き研修生!」というのではなくて、取材して、この世界の情報収集をすることをお勧めいたします。
いろいろ夢を思い描いてらっしゃるかもしれないのですが、実際は、考えていらっしゃる世界とは、もしイメージが違うとたいへん申しわけないです。;;

また、ご実家の山林の現状を確認してみてはいかがでしょう? 畑にするための検証も必要かなあと思います。
ウルシの木は肥沃で水はけのよい土地を好みます。
たいがいの杉の山林は痩せており、本格的に漆掻きをするためのウルシを植えて育てるのには、あまり向いているとは言えません。;; 
(杉の山林に、ウルシの木を植える実例の多くは具体的な漆の採取を目的としない補助金事業です)

そして、現在生えている杉を切り、切った材を搬出し、開墾し、土地改良をし… と考えるだけでもそうとうな費用がかかりそうな気がします。

茨城に、とりあえず見学に行ってみて現場の方の声を聞かれるのも一案だと思いますよ。^^


あと、これは私の個人的に感じたことですが…。
可愛いさかりの、4才のお子さんがいらっしゃるのですね〜。
もしも、キッキーさんの希望がかなって、半年間長期研修生、ということになり、お母さんがずっと家にいない…ということになってしまったら、お子さんはきっと寂しがると思います。
なので、キッキーさんにはたいへん申し訳ないのですが、ちょっとホッとした気持ちもなくはないです。
(ごめんなさいね ;;)

きっとご家族の協力は欠かせないと思いますし…

まずは、急がず慌てず、勉強しながら準備されても良いかと思いますよ。

なにかしら、ご参考になりますと幸いです。
どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月14日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37553753

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->