2010年05月09日

■子スズメさんが工房に「一泊」しました。

漆の話題がたまっているので、そのことを書こうと思ったのですが… 昨日、工房のネコ、名ハンター?ミルミルがまた新たな犠牲者を連れ帰ったので、その事件についてお知らせしますね。

そのかわいそうな獲物とは…。


バッド(下向き矢印)この子スズメちゃんです。
子スズメ1

か、かわいい〜ハートたち(複数ハート)
スズメのヒナを間近で見るのって、ほんとに久しぶりです。

でも、かわいそうな子スズメちゃん…。
ミルなんかに捕まっちゃって。でも、ケガはないみたいでホッとしました。^^

子スズメ2

羽毛がかなりそろっているので、巣立ち直前か直後の子なんでしょうか? 

それにしても、スズメの子を保護するなんて、ほんとに何年ぶりかの出来事です。
ネットでいろいろ調べて、この日はすり餌とミルワームを飼ってきて、子スズメちゃんにたっぷり(無理やりともいう)食べさせてやりました。
(ミルワームはまるまる一匹は食べにくそうだったので、半分にちぎって(ひええ〜がく〜(落胆した顔))ヒナちゃんのお口の中に入れてやりました)
…でも、納得いかない顔をして、イヤイヤ食べる子スズメちゃん。
そんなに嫌がらなくっていいじゃないか〜 もうやだ〜(悲しい顔)

夜になり、ヒナを即席の箱のベッドに入れて、松本と
「この子、どうする? 飼う?」
「う〜ん、うちにはネコがいるからなあ」
…と話しながら、眠りにつきました。眠い(睡眠)


翌日。
「この子の親スズメが探しに来るかもしれない」ということで、またもや、イヤイヤな顔をして朝ごはんを食べた子スズメちゃんを、箱ごとお外に出してみることにしました。


バッド(下向き矢印)箱の中で、じっとしている子スズメちゃん。(車の上に置いています)
親待ち
この子、ちっとも鳴かないんですよ。

…ほんとにお母さんが見つけてくれるのかなあ;;

で、1時間経ち、 しーーん。

さらに2時間経ち、 しーーん。


って、時々窓の外を見ている私も不安になってきました。あせあせ(飛び散る汗)
「この子には、お母さんは(お父さんでも)いないのかなあ?」

…と悲しくなっていたら、

チュンチュン、チチチッ というスズメの鳴き声が…exclamation


バッド(下向き矢印)やってきました、お母さんスズメが。
親待ち 
…お父さんスズメかもしれませんが。

お母さんが来た!
困ったお母さんスズメ2

箱の中の我が子に、困った様子のお母さん…。

箱の蓋をあけてそっとしてやると、子スズメさんはバッと飛び立ってお母さんと一緒にどこかに行ってしまいました。


さよなら 子スズメさん一泊だけした、可愛い子スズメさん。ホッペもうっすら黒くなりかけてほんとにかわいい子でしたよ…。
平凡な小鳥のスズメですが、最近はなぜか数が減少して問題になっているそうです。(ほんと、最近みかけるスズメの数がグッと減りました)
元気な成鳥になって、もうミルミルなんかに捕まらないでほしいなと思いました。ムード

posted by 宮崎佐和子 at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 日記
この記事へのコメント
昨日の四国新聞をみましたよ、漆芸作家さんたちも、国産漆が良いのは知っていると思いますが、価格とかで使用出来ないのでしょう。
 国産漆を使用している人が羨ましい。

 雀はかわいいですね、無事親元へ帰れて良かったです、私も子供の頃、雀を飼って居ましたが、その子は親の処へ、帰れ無かったのが、今でも心残りです。
Posted by 「キー」さん at 2010年05月10日 13:45
「キー」さん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
記事も見つけてくださって、うれしく思います☆

国産漆への敷居は高いみたいですね…;;

それでも、微力ながら国産漆の魅力を多くの方に知っていただけたらなと思い、がんばります。


>雀はかわいいですね、無事親元へ帰れて良かったです、私も子供の頃、雀を飼って居ましたが、その子は親の処へ、帰れ無かったのが、今でも心残りです。

はい、ほんとにかわいい子でした。
(でもフンって感じで飛んで行ってしまい、寂しい…)
「キー」さんも、スズメちゃんを飼っていらしたんですね。(拾ったのでしょうか)
ほんと、小鳥は小さくてあったかくて、健気な様子で可愛らしいです。
で、その子は、無事大きくなったのでしょうか…?
もう昔のお話なんですが、ちょっと気になったりします。^^;
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月11日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37765950

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->