2010年05月10日

■樽で貯蔵していた漆を濾しました。

工房には、たくさんの国産漆の入った木樽(多くは浄法寺漆)が、た〜くさんあります。(だんだん置き場所がなくなってきました…)
樽の状態で一番古いものは、2004年ごろからかな?

木樽の状態での熟成が、頃合いを迎えたので、そんな漆たちを、木樽から出して、荒越しして別の容器に移すことになりました。
ちょっとその様子をお見せいたしますね。^^


バッド(下向き矢印)いま、五貫樽の中の漆を濾しています。
漆濾し1

この樽の漆は、2005年大森俊三さんの裏目漆の精製です。
では,いよいよ荒濾ししますね。


漆濾し2漆濾し3

バッド(下向き矢印)見てください…!
漆濾し4
落ちる漆が、こ〜んなに長く伸びるんですよ。
よく「熟成している」みたいです。

写真はクリックで拡大します。
漆濾し5
裏目の漆は、品位が低いとされていますが…。
なかなか悪くない色だと思います。※裏目漆について


さて、この「浄法寺産の裏目漆」は…。
いよいよ「堆漆板」を作るために使おうと思います。
(国産漆100%の堆漆板…がく〜(落胆した顔)
いろいろ準備しないと取りかかれないのですが、楽しみな仕事の一つです。ムード



むぎ
今日のおまけは、むぎ君です。
…またもや、オシッコが出なくなってしまいました。(尿道結石じゃないかと…)たしか昨年も10月になっていたような…? ※くわしくはコチラを
冴えない顔をして、一日中トイレを出たり入ったのむぎ君… 大嫌いな病院で注射をされてしまいましたとさ。あせあせ(飛び散る汗)

いつも楽しみにしています☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
我が家にも猫(ロンちゃん)8歳がいます、1度(尿道結石)になりました、それ以後は餌に注意をしています、7歳以上用の結石に配慮した、低脂肪の餌にしています、高価です、動物病院に売っています。それ以後は1度もロンちゃんは病院に行ってません、代りに私が餌を買いに行ってます。
Posted by 「キー」さん at 2010年05月11日 11:21
「キー」さん、こんばんは!
いつもコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^

わっ、ネコちゃんがいるんですね〜 ♪
ロンちゃんも男の子なのでしょうか。
オス猫は、尿道が狭くて長いので結石が出来やすいそうですね。;;


>7歳以上用の結石に配慮した、低脂肪の餌にしています、高価です、動物病院に売っています。

…確かに、そんな治療フードがありました。(1、2キロでン千円したような…汗)
初結石の時、獣医さんに進められてしばらく、うちのネコに食べさせたことがあります〜。(…が、長続きしませんでした ;; )
でも、きっとそのフードは汎用フードと違って、原材料からよいんだなと思いました。ギュッと中身が詰まったような粒でした。

ロンちゃんは、とても大事にされているんですね。^^
きっと可愛いらしい子なんでしょう。

うちは、多頭飼いなので…。
一匹だけ特殊フードを食べさせるのは、ちょっと難しかったりもします。
三匹いるとそれぞれ個性があって楽しいけど、いろいろ難しいなあ〜と思います。

(またいつかロンちゃんを見せてくださいね)

それではまた、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月11日 21:26
息子が仕事で漆を使うのでこのブログをよく見ていました。私はむぎ君たちが好きなのと 漆の道具が美しい
Posted by 公平の母 at 2010年05月14日 21:50
むぎ君おしっこの調子はいかがですか?我が家は主人が獣医をしていますので この病気の猫ちゃんを診せていただきます。とにかくトイレに出たり入ったりの子を見るとつらいですよね。主治医の先生の説明をお聞になって早く良くなってください。ちなみに うちの病院も昨日から同じ病気の子が入院中です。
Posted by 公平の母 at 2010年05月14日 22:02
公平の母さん、はじめまして!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
たくさんの漆のブログの中から、この日記を見つけてくださって、とても嬉しく思います ♪


息子さんが、漆にかかわるお仕事をされてらっしゃるのですね。(作家さんなのかな?)
きっとご活躍されてらっしゃるのでしょう。
そして、お母さまのあたたかい応援が、息子さんの励みになってることでしょう。


>むぎ君おしっこの調子はいかがですか?我が家は主人が獣医をしていますので この病気の猫ちゃんを診せていただきます。


わ、獣医さんのおうちなんですね〜。
(私も小さい頃は獣医さんに憧れていたなあ…)
むぎの様子は、ちょっとはよくなったように思いますが… あいかわらずトイレの回数は多いです。
診察の時に、膀胱にまったくおしっこが入っていなくて、検査できませんでした;;

公平の母さんの病院に入院した子の様子は、いかがでしょうか。
ミルミルも血尿が出ちゃったし…。汗
ここ最近の冷え込みが関係あるのかな? と思ったりしています。

しゃべれない動物たちの命をあずかるお仕事、やりがいもあるけど、御苦労も多いかと思います。
ご主人さまと、息子さんによろしくお伝え下さいませ。

これからも、よろしくお願い申し上げます☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年05月15日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37856832

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->