2007年05月05日

■アシナガバチさんの営巣の様子。

野外ものばかり続きますが…。季節がら欠かせないのですみません。(松本がせっせと写真を撮って“のせて〜”というんですたらーっ(汗)

さて、昨年に工房の庭や木工場でさまざまなドラマを見せてくれた、アシナガバチファミリー
昨年、数匹が巣にしがみついて越冬し、そしてこの春に元ファミリーたちが「分家」して各所で営巣しだしています。

5/5 アシナガバチ1
いちばんおっきな巣になった、木工場天井の巣。
(最初はこんなに小さかったのになあ)
みな散ったかと思ったけど、1匹だけ鬼瓦のように残ってました。

5/5 アシナガバチ2
5/5 アシナガバチ3
『アンタ誰よ!? こっちにこないで〜ちっ(怒った顔)
かなりお怒り。上記の大きな巣の分家さんたちです。


5/5 アシナガバチ4
こちらは漆の木の近く。
もうひとつの古巣(地面に設巣した小型アシナガ)の分家さん。

以前も書きましたが、ハチの巣の付け根は、漆の樹液で固めているという噂があります。本当かどうかはわかりませんが、確かに黒光りした軸を作って巣を保っています…。
さて、今年はどんなドラマを見せてくれるのでしょうか。



5/5 蜘蛛おまけ。
漆の葉っぱに巣をかけたクモさん。




posted by 宮崎佐和子 at 08:42| Comment(11) | TrackBack(0) |   漆の木の住人
この記事へのコメント
蜂は恐いんですけど、写真で見るのは大好きです♪♪

機能美って言うかかっこいいですよねヾ(@^▽^@)ノ ワーイ
Posted by 黒柿 at 2007年05月05日 15:30
子供の頃 足長蜂の蜂の巣を取って 
蜂の子を食べたものです 
とろっと甘く美味しかったですよ 
最初は下の上で動くのがちょっと抵抗ありましたけどね 
香川ではそんなことはしなかったですか?
Posted by 大塚 at 2007年05月05日 23:36
ウチの足長バチは以前台風で巣ごと飛んでって以来、来なくなりました(´∀`;)
ま、まあ、良かったのかな?!
Posted by つゆくさ at 2007年05月06日 04:47
黒柿さんもそう思う??♪

ハチっておっかないけど
美しいんですよね。

Posted by 宮崎佐和子 at 2007年05月06日 20:47
大塚さん☆
わっ、体験者!なまで食べると甘いんだ〜〜
一般的ではないけど、
香川でも食べる習慣は残っていると思います。

(先日、舁だんじりさんが別記事のコメント欄に
料理法をレクチャーしてくださいました)

でも、ためす勇気は… (^^:)
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年05月06日 20:52
つゆくささん、おもしろ〜い!!
ハチさん巣ごと飛んでいっちゃって… 笑

特に虫が好きとか食べたいと思う人以外は
そうなっちゃった方がいいのかもしれないなあ。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年05月06日 20:57
先日、私がむんずと掴んだ巣…丁度掲載写真のごとく、
巣穴が10個程度のものでした。
せっせと一匹のアシナガバチが建築中だったのですね。
私を刺したハチは駆除しましたが、標本にすべく保管中。
小さな巣も残していますので、しみじみと付け根を確認すると、
黒くがっちりして強度満点といった感じです。
そろそろ、ナフタリンと共に箱に入れる予定!

そういえば、昔ハチの子は炒って食べた記憶が。
同様にマムシも…。
また、朽ち果てた木の中にいる幼虫も砂糖醤油で蒲焼風にして
食べた記憶があります。貴重な蛋白源でした。
もう、40年も前のことですが。
Posted by 敏ちゃん at 2007年05月08日 09:51
敏さん、こんばんは^^
あはは、ちゃんと巣を保管されてるんですね〜!

虫を食べるって、今の感覚では違和感あるんですが
少し前まではよくある光景だったんですね。
(イナゴもよく聞きますね♪)

>同様にマムシも…。

またすごいもんが…^^;
お酒に漬けたりとか、でしょうか。


Posted by 宮崎佐和子 at 2007年05月08日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3901570

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->