2010年06月27日

■大量のウルシの『ひこばえ』にびっくり。

先日、昨年切ったウルシの木(漆掻きの研修をした2本)の周囲にいっぱい『ひこばえ』が出ている、と少しお知らせしました。
この梅雨のおかげで、あれよあれよという間に『ひこばえ』ちゃんたちは勢力を拡大、工房のお庭が浸食されてきております。たらーっ(汗)


12_30_kiritaosi.jpg
この切り株が今どうなっているかというと…。


ウルシのひこばえ3
こ、こんなになっています。がく〜(落胆した顔)


ウルシノキに限らず、ハゼやヌルデなどのウルシ科の植物は、一般の方にはかぶれるいや〜な木でもあります。
しかし、一度根付くと生命力のとっても強い木でして…。
根にすごいパワーがあって、駆除のつもりで伐ったとしても、かえって増えてしまうことがよくあります。

どれだけすごいかと言いますと…。


バッド(下向き矢印)もう一本の切り株さんの、周囲を見てみましょう。
漆のひこばえ
クリックで写真が拡大します。
ウルシの伐採←もとの切り株さん。
これ、一本の切り株から出たひこばえたちなんですexclamation
ひこばえの出ているルート上に、ずーっと地中の浅いところに根が張っているのですね。
本体を伐られ、「非常事態宣言」の出た?地下の根っこたちが、次々と次世代の木を生み出しているのです…。(もっとひこばえは増えると思います;;)

これらが、一本一本の木になるとしたら、それはちょっとすごいことになりますね。
ハゼなども同様になると思われますので… 
対策をとらずにすぐ切ってしまうのは、かえって困ることになりそうなので、あんまりおススメできません。;;

でも、この『ひこばえ』たちは、私達にとっては宝の山。ぴかぴか(新しい)
ですから、出張から戻った松本が苗木に取っていたのですが…。

ウルシのひこばえ
あまりの多さにちょっとお休みです。あせあせ(飛び散る汗)
でも、梅雨の雨に感謝… また少しずつ苗にしていきたいなと思っています。^^



フリーカップの木地さて、こちらは木地固めをしたフリーカップの木地たちです。うっかりしている間に、OMエコショップすがさんのショップページに出させていただいているフリーカップが完売に…汗 
ご購入して下さったお客さま、本当にありがとうございます。(_ _)
また、出来のよい子をそのうち入れますので、どうぞよろしくお願いいたします。ムード

posted by 宮崎佐和子 at 23:25| Comment(10) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
この記事へのコメント
こんばんは。

普段は涼しいうちの地域ですが、
このところは結構(かなり?)暖かく(暑く?)、
やはり梅雨の影響もあってか
うちの朝顔も、すごい勢いで伸びてます。
昨日・一昨日と、一日で30cmずつ(!)伸びました。

植物の生命力は素晴らしいです^^;

そういえば、その切り倒した漆の木は、
もしかして作品作りに使われるのですか?

ただ立てておいても素敵な感じですね。
Posted by GIL at 2010年06月28日 01:36
漆の木で加工した、お椀に漆を塗りますと水を得た魚のように漆を沢山吸い込むそうです。
 
Posted by 「キー」さん at 2010年06月28日 10:54
去年畑の畦道に生えてたヒコバエを根っこ付きのまま二本ほど畑の使わなくなった場所に植え替えたら、今年になって大分育ってました。
うち一本は踏まれたかどうかわかりませんが
「←こんな感じのまま成長を続けてました(笑)
去年ヒコバエを取った場所にまたまたヒコバエがいい感じに育っていたので、今日雨の合間にまた二本ほど植え替えてきました。
驚くべき生命力ですよね。
少しずつですが徐々に増やしていき、いつかは漆林に…
なんて(^-^ゞ


こちらは六月に入ってからも最低気温が一桁の日もありましたが、日中急に暑い日が暫く続いて一気に木々が成長した感じがします。
最近やっと梅雨らしい天気で自然にとっては恵みの雨が降ってますが雨上がり後の気温30℃近くは流石にキツイです^^;

Posted by kyo at 2010年06月28日 19:13
おぉー、「ひこばえ」だらけで良い感じです。
Posted by ShopMaster at 2010年06月28日 20:51
GILさん、こんばんは!
岩手の様子を教えてくださいまして、ありがとうございます。
そちらも、かなり暑くなっているのですね〜 良かったです。


>うちの朝顔も、すごい勢いで伸びてます。
昨日・一昨日と、一日で30cmずつ(!)伸びました。


ええーっ!
朝顔さんって、そんなに伸びるんですね。(0。0)
本当に植物のパワーってすごいです… ちょっと遅い感がありますが、私もかくありたいなあ〜と思います。^^


>そういえば、その切り倒した漆の木は、
もしかして作品作りに使われるのですか?


GILさんらしい視点ですね ♪♪
ほんと、そう出来たらよかったのですけど…
あまり太くないまだ若木といっていいくらいの木でしたので、使えそうなところはあまりなくて、たいていは木灰にしてしまいました。;;
弟子が勉強のために掻いた木なので、掻きあとも下手だし、特にとっておくこともしなかったなあ…汗

また、太くていい木が掻けるようになりましたら、GILさんの言われるような使い方ができると思います☆

朝顔さんの成長とお花を楽しみにしていますね。
これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年06月29日 21:38
「キー」さん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^


>漆の木で加工した、お椀に漆を塗りますと水を得た魚のように漆を沢山吸い込むそうです。
 

わ、確かにそうかも…。
双方が『出会えた』という感じかもしれませんね☆ 
ウルシ材はキリ材に似ていて、加工もしやすく軽くて、強度はあまりないですが比較的扱いやすいです。
(あの黄色い木肌が、私は好きです)

また、いろいろ教えてくださいね。
これからも、よろしくお願いいたします ♪
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年06月29日 21:43
kyoさん、こんばんは!
やっはりそちらも暑いのですね。^^; 様子を教えてくださいまして、ありがとうございます。(それにしても、確かに6月は肌寒い日がありました、いま思い出しました)
雨の後のお天気は、人間にはキツいですが… 植物にとっては、伸び時なのでしょうね。


>去年畑の畦道に生えてたヒコバエを根っこ付きのまま二本ほど畑の使わなくなった場所に植え替えたら、今年になって大分育ってました。

わあ〜いい感じに育っているのですね☆
(しかもうち1本は、ちょっと面白い?育ち方になっているのですね〜)
ヒコバエのあとにまたヒコバエ…。
「お宝」発見!kyoさんの穴場ですよね。^m^
(ウルシの木がこわい人には奇妙な感覚かもしれないですが…;;)

管理栽培できる方が増やしてくださるのは、とても心強く思います☆
応援していますので、大事に育ててくださいますとうれしいです。

また、ご様子を教えてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。^^
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年06月29日 21:57
ShopMasterさん、こんばんは!
お久しぶりです… コメントを下さいまして、ありがとうございます。
(ShopMasterさんが、カメを釣り上げる勇姿にはビックリしました☆)


>おぉー、「ひこばえ」だらけで良い感じです。

わ、ありがとうございます!!
でも…ウルシの大量のひこばえを見て、そんなことを言ってくださる方って、ほんと少数派でしょうね;;
きっと、ふつうの方ならビックリして近寄りたくもないだろうなあ〜と思いつつ、ShopMasterさんのように、楽しんでくださる方もいらしてホッとしています。

また、お店のほうでもいろいろお世話になります。
どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年06月29日 22:02
ウルシの仲間だとヌルデが同様の性質を持っていますね。
土手など、若木を刈り払うような場所では、ひこばえでうんざりするほど繁茂していることがあります。
外来種のニセアカシアや、ニワウルシという植物も同様の性質を持っていますね。
Posted by KOH at 2010年07月02日 05:31
KOHさん、こんばんは!
コメントを下さいまして、ありがとうございます。^^


>ウルシの仲間だとヌルデが同様の性質を持っていますね。
土手など、若木を刈り払うような場所では、ひこばえでうんざりするほど繁茂していることがあります。


わっ、やっぱりそうなのですね;;
ハゼかヌルデかちょっと分かりませんが空き地などにいっぱい生えているのを見かけることがよくあって「うわ…」と思うことがよくあります。^^;


>外来種のニセアカシアや、ニワウルシという植物も同様の性質を持っていますね。


なるほど…('O')
勉強になりますね。

そうそう、KOHさんちの美味しそうなブルーベリーたちに私達、釘付けになりました。
可愛い実たちですね〜 原石みたいです。
松本が庭に植えてみたいって言いそうです。;;

また、いろいろ教えてくださいね。
どうぞ、よろしくお願いいたします☆
Posted by 宮崎 佐和子 at 2010年07月03日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39301284

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->