2010年08月20日

■松本の「漆かぶれ」、その後…。

8月15日のウルシの天日精製の時に、松本は大きな漆かぶれしていましたが…。
その後、お電話などでもいろいろご心配していただいて… 本当に申し訳ありません。あせあせ(飛び散る汗)
でも、本人はたいして苦痛を感じないらしく、いたって平気で過ごしているのがビックリです。がく〜(落胆した顔)

いま、漆かぶれはどんな状態になっているのか… ちょっとお見せいたします。
(勇気のある方だけ、拡大してみてください…)

     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓

バッド(下向き矢印)漆かぶれ翌日の16日の様子。(胸〜おなか部分)
漆かぶれ2

皮膚が茶色くなった部分が漆がしみこんだ場所。
赤くなっているのが腫れた場所です。
この時、松本は「漆のしみた部分の皮膚が、このあと剥がれる」と、世にも恐ろしい予言?をしていました。

…そしてそれは、現実となったのです。がく〜(落胆した顔)

バッド(下向き矢印)漆かぶれから5日後の今日。
漆かぶれ

けっこう広範囲でしょ?? ふらふら
ほんとに皮膚のところどころが取れているんです…。
剥がれだしたのは、3日後くらいからでした。
その時がピークで、昨日くらいから傷口が乾いて、腫れもだんだん枯れてきています。


バッド(下向き矢印)いちばん最初に漆が付いた部分。
漆かぶれ

…いちばんよく漆が浸透しているので、みごとに皮膚がなくなりました。

松本が、一般の方との「漆かぶれ」といちばん違うのは、カユミがない、ということだと思います。
幼い頃から、漆の仕事に慣れ親しんでいた松本…。
漆にかぶれたことは一切なく、漆芸研修所の同級生たちに「漆かぶれってナニ?それってツライの?」と聞いていた、可愛くない人でした。
しかし、神様はそんな不公平をゆるさず…。
浄法寺に漆掻き研修に行った2000年に、彼の運命が変わったんだそうです。
研修林の周囲に大量にあったらしい、杉のおかげでスギ花粉症になったというのです。
それ以降、松本の体質が劇的に変わったらしく、かぶれる時はかぶれる体になりました。
ただ、普通の人のかぶれと違って、カユくないらしいので、いつも自分のかぶれの進行を冷静に見つめて分析していたりします。あせあせ(飛び散る汗)

…はやくなおらないかなあ〜。


さて、最後にはキレイな写真で目を清めてくださいませ。(_ _)

スイレンうちの玄関先のスイレンさん。な、なんと今年七つ目のお花が咲きました。ぴかぴか(新しい)
いちばん最初に花が咲いたのが、5年ほど前。それから、とんと音沙汰なしだったのに…。(やっぱり植え替えしたのが良かったみたいです) いいことの兆しだとうれしいのですけどね。

posted by 宮崎佐和子 at 22:10| Comment(6) | TrackBack(1) |   漆かぶれについて
この記事へのコメント
3日前に職場のウルシを伐採して、現在かぶれに苦しんでます顔4(つかれたカオ)読ませて頂き凄く参考になりました手(パー)私の場合は顔、腕、腹、足までかぶれてますあせあせ(飛び散る汗)
Posted by 長谷川 晃一 at 2011年01月10日 05:58
長谷川さん、はじめまして。
このたびはコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^


>3日前に職場のウルシを伐採して、現在かぶれに苦しんでます

わっ…!!
長谷川さん、いまかぶれてらっしゃるんですか?? かなり辛い状態でしょうか。
会社の敷地にハゼノキでもあったのですね。
(ハゼは繁殖力旺盛なので、ちょっとした空き地やアスファルトの隙き間からも生えていたりします)
…お気の毒です。(>_<.))
でも、永遠に治らないわけではなく、2週間もあればほぼ完治しますので、ストレスを溜めず、患部を傷つけないようにお過ごしくださいね。

もし、未読でしたらカテゴリ「漆かぶれ」についてごらんください。
http://waurusi.sblo.jp/category/59665-1.html


あと、ウルシ科の植物の伐採の注意事項を以前書いた事があるので転載します。


>チェーンソーなどで木を切るときのお話をしますね。
樹液を含んだ木屑が飛び散りますから、ハゼやヌルデ、ウルシなどかぶれる木を切る時は、うんと注意したほうが良いです。
具体的には…。
湿った木屑が飛び散りますので、肌を完全に覆いゴーグルなどをつけてください。湿った木屑が衣服にもからみますから雨合羽の着用をおすすめします。さらに顔や首筋など皮膚の弱い部分はあらかじめ防護膜としてクリームなどを塗っておくのもよいです。
ウルシに慣れている人でも、切った生の木屑が素肌にからむとかぶれると思います。


お大事にしてくださいね。
Posted by 宮崎 佐和子 at 2011年01月10日 22:06
今年から仏壇屋に勤め始めました。
直接、漆を扱う事はほとんど無いのですが…
おとといから発疹が(´Д` )

指先から足の甲、顔まで(>_<)

痒みはマシですが…見た目がなんともな感じです(^_^;)
初めてかぶれたのですが、どのくらいで治まるものですか?やはり二週間とかですよね…?
Posted by ようさん at 2011年04月14日 22:04
ようさん、はじめまして!
この記事を見つけてコメントをくださいまして、ありがとうございます。


>おとといから発疹が(´Д` )

ええーっ。
それはお気の毒です。それでは今頃けっこうかゆい頃ですよね…。(暖かくなると、漆にかぶれやすくなります)


>どのくらいで治まるものですか?


程度はありますが、ようさんが言われるように2週間はみておいた方がよいと思います。
GWのころには良くなっていると思いますが、くれぐれも掻いたりして皮膚を荒らさないことをおススメします!!

はやく良くなるといいですね〜〜〜。

うちでは、漆かぶれの対処法でフルコートという軟膏をときどき使っています。
かゆみがおさまるので、助かりますよ。

Posted by 宮崎佐和子 at 2011年04月15日 18:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40281443

この記事へのトラックバック

花粉症を改善するなら漢方
Excerpt: 花粉症持ちの人にとっては、今年も辛い時期がやってきましたね。花粉症対策に追われて、出費もかさむし、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどといった花粉症の症状のせいで、仕事もままならない…という方も多いと思いま..
Weblog: 花粉症と戦う
Tracked: 2010-10-12 00:26
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->