2010年11月03日

■朱溜の三段丸重箱です。

バッド(下向き矢印)先月、制作途中でご紹介した、めんぱの丸重箱。
丸めんぱ重箱1

塗りあがりましたので、お見せしたいとおもいますexclamation


丸重箱1

もちろん下地から上塗りまで、国産漆(主に浄法寺漆)です。
上塗りの漆は、この夏に天日でクロメした、大森清太郎さんの2008年の盛漆です。

ほどよいしっとり感のある塗り肌となりました。


バッド(下向き矢印)内側の上塗りは、また違う漆を使っています。
丸重箱2

こちらは、茨城産漆なんですよ。
これも天日精製した漆です。微妙に肌の表情が違うのが楽しめます。ムード

それにしても、めんぱの木地って本当にふわっと軽いですね。
ヒノキやサワラの針葉樹が材なんです。柔らかい木なので、木地もデリケートで落としたり固いものでつついたりは厳禁なのですが…。

めんぱって、どこか素朴な感じがいいですね。^^



うりぼう今日のおまけ写真はうり坊です。先日、お外でケンカしてケガしたところが腫れてしまいました。あせあせ(飛び散る汗) 
…あした、また病院に行ってきます。


posted by 宮崎佐和子 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41585752

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->