2011年01月13日

■香川県森林センターの漆の森。

う〜〜ん、寒いですね!
でも、これくらい寒くないと冬って感じがしないし、そして春に向けて眠っている植物たちにとってはいいんだろうなあと思う今日この頃です。^^

さて、香川県仲多度郡まんのう町の香川県森林センターには、漆の森があるのをご存知でしょうか?
昨年末、久しぶりに見てきましたので、ご紹介しますね。


バッド(下向き矢印)葉っぱがなくて寒々しいですが…。あせあせ(飛び散る汗)
香川県森林センター 漆の森1
木は、ものすごくノッポになっていましたexclamation

バッド(下向き矢印)ちなみに葉っぱのある時(去年の5月)の写真はこちら。
P1050585.jpg
植えているウルシの木は、徳島産(阿波漆)です。

植栽が行われたのは、平成15年(2003年)の3月…。
だから、もう8年近くになるんですね。

バッド(下向き矢印)ほら、こんなに幹が太くなってますよ〜。
香川県森林センター 漆の森4

松本いわく「浄法寺の研修林なら、もう漆掻きに使っている大きさ」なんだそうです。
やっぱり暖かい四国、木の生長も早いんですね。
また、森林センターの土のコンディションがいいのも関係していると思います。



そして、漆の森の奥にある、別のウルシの木もお見せしたいな〜と思います。ムード
それは以前、松本が文化庁の研修に全国行脚をしてウルシの木の調査をした時に集めた、日本各地の苗木を植えたものなんです。

 植えたのは、5種。

(1)北海道網走市/大野明さんより
(2)東京青梅市/朱文筵工房さんより
(3)茨城県山方町/神長正則さんより
(4)奈良県吉野郡西吉野村/瀬古さんより
(5)長野県鬼無里村/和田佐七さんより


平成18年(2006年)3月に植えました。※レポはこちら

バッド(下向き矢印)ほら、この子たちもけっこう大きくなってるでしょ?
香川県森林センター 漆の森2
…ちなみに、この苗木の出身地は…。

バッド(下向き矢印)茨城県、神長さんからのウルシさんでした。ぴかぴか(新しい)
香川県森林センター 漆の森3

やっぱり、北方よりも南になる産地のウルシの木の方が、生育の状態は良さそうですよ。
昨年の夏はものすごい猛暑でしたが…。
今年は順調な天候で、しっかりこの子たちに大きくなってもらいたいなあ〜と思います。ムード

ランキング楽しみにしています →  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) |   漆の植栽
この記事へのコメント
こうやって漆の木を育てながら、作品を作るって素敵ですね。
8年で太もも位?
一滴一滴がとても貴重な漆。更に貴重さが増してきます。。
ありがとうございました。
Posted by ゆみっぺ at 2011年01月13日 19:07
ゆみっぺさん、こんばんは!
う〜 ブルブル 寒いですね〜〜 (>_<;;

いつも見てくださって、ありがとうございます☆


>8年で太もも位?

根本近くは、それくらいになっていると思います!(どんな太ももかにもよりますが… 笑)
今は便利な合成塗料がちまたにあふれていて、天然漆は小さく端っこになってしまいましたが;; ゆみっぺさんのように、優しい目で見てくださっている方もいらっしゃるんだな〜〜と嬉しく思います。

これからも、よろしくお願いいたします♪
Posted by 宮崎 佐和子 at 2011年01月14日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42547654

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->