2007年07月16日

■五色台のウルシ畑とニホントカゲ君。

今日は、東京からお客さんが来ていたので、五色台(高松市)にある工房の漆畑と、東かがわ市五名の「かぐや草」さんに行きました。
五色台の漆畑に行くのは、数ヶ月ぶり…(いつも日記で紹介しているのは、工房の隣りの庭に植えている漆の木なのです。将来、がっつり漆を採る畑は、高松にあるのです)

7/16五色台の漆畑1
    ↑これが漆の木。
しばらく見ない間に、ひえ〜1メートル以上ははあろうかという、巨大な雑草が伸びまくりです。あせあせ(飛び散る汗)(これが凄いんです)
ジャングル状態で、危なくて畑に入れず「うわ…」と上から眺めるだけに。ぜんぜん近寄れませんでした。もうやだ〜(悲しい顔)
7/16五色台の漆畑2
春先は、雨不足を心配していたんだけど、この梅雨で雑草とともに漆の木もすごく伸びていました。土が肥えているので両方よく育つんですね。^^:  さすがにそろそろ、草刈りしようかな…。


7/16ニホントカゲ1
ここで思わぬ「獲物」を捕獲。
ニホントカゲ君です!
(思いっきり噛まれましたが)

7/16ニホントカゲ2
山に住むトカゲで、街や平地で見かけることはありません。すばしこくって気の強いトカゲで、なかなか捕まらないのですが…ヤッタ〜。手(チョキ)
エナメルのような美しい金属色の体のトカゲさんで、この子はおとなですが、子トカゲはカワセミのような美しいコバルトブルーをしているんです! まるで「山の宝石」です。
この光沢のあるきれいな体、つるつるよく滑ります。だから、余計に捕まえにくいんですね。きっとヘビもこんな感じなんだろうなあ。(あ、カナヘビ君は滑らないので捕まえやすいです)

7/16ニホントカゲ3
早く離せよ〜〜
オレ様をカナヘビと一緒にすんな!ダッシュ(走り出すさま)



さて、この五色台の山は、土が肥えていてとても豊かでした。
トカゲさんだけでなくって、チョウも植物もぜんぜん平地と違います。でも、まわりはミカン畑なので山と言っても、ちょっと入っただけの所なんですが…。里山の自然っていいですね。ハートたち(複数ハート)

さて、あしたは「かぐや草」さんの紹介をしたいと思います。ここは、岩手県の大森俊三さんの漆で床を仕上げているんですね。^^
私も実際に出来上がったところはよく見ていなかったので、楽しみです。


ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング



posted by 宮崎佐和子 at 23:58| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ ウルシの木の記録
この記事へのコメント
五色台・・・今はどうなっているのかなあ。
25年前に西日本放送の送信所が廃止になる時に、放送局のクズ拾いに行ったのを思い出します。(トラック満載拾って帰りました)
当時は瀬戸大橋がまだ工事中だったのを五色台から眺めました。
Posted by 舁だんじり at 2007年07月17日 17:05
舁だんじりさん、こんばんは。^^
五色台は、基本的には変わっていないけど、周囲の景観は微妙に変わっていると思います。

>25年前に西日本放送の送信所が廃止になる時に、放送局のクズ拾いに行ったのを思い出します。

わわっそんなことがあったのですね。^^;
今はたぶん鉄塔だけですが…。(西日本放送さんか分からないけど鉄塔のボルトがなくなって騒ぎになりました)
当時の放送局の廃品を持ち帰ることができたのでしょうか? 
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年07月18日 01:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4724427

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->