2006年04月03日

■今日の仕事


松本は、朝から高松市の実家に行って「研摩」作業をして戻って来ました。
最近は新作のカップの研摩作業が続いています。
実家には昨年亡くなった父の工房がそのまま残っています。
以前、香川県の漆器業界は座卓がブレイクして、当時の職人さんもたくさん座卓の仕事があったそう。義父の仕事場も、大きな座卓の作業ができるものすごく広い「室」があります。
「研摩」作業も善通寺の工房でできるんですが、こっちは屋外。
春めいてきたといいつつも、まだ肌寒いので、室内で作業のできる高松市にせっせと通っているというわけなのです‥ (^^:) ごくろうさま。
「研摩」作業が続いているので、指先の皮膚がちびてきて
「しばらくほかの仕事に変えよう‥」とつぶやいていました。
私も経験あるんですが、砥石やペーパーを使って研摩作業(研摩の内容はいろいろですが)をしていると、気付かない間に指の皮膚がこすれてうすくなってくるんです。これがスゴク痛い!!
傷の痛みとはひと味違う、歯医者さんに神経を触られた時に近い“ゾクッ”とする痛さ。(キャッ(><))
しかもこれがなかなか治らないんです。
posted by 宮崎佐和子 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/526858

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->