2012年12月04日

■冬のウルシの木。

12月になり、空の色も風の音も冬らしくなってきましたね。
ウルシの木も冬ごもりを迎えています。

IMG_6192.jpg←一ヶ月前は、こんな感じだった工房の庭のウルシの木ですが…。









バッド(下向き矢印)いまは、すがすがしいほどすってんてんになってます。あせあせ(飛び散る汗)
冬のウルシの木
ウルシの実の房が垂れていますね。


白樺のよう…とまではいきませんが、ウルシの木の枝や幹はの色はすこし青白く感じます。特長ある枝振り(まっすぐな枝が箒状に上へ向かっている様子)から、まるで骨か角が天に向かって立っているような雰囲気さえあります。
なので、落葉したあとの方が、ウルシの木だと目立つ場合もあるんですよ〜。

というわけで、ウルシの木の下には…。


バッド(下向き矢印)こんなものがざくざく落ちています。
冬のウルシの木
動物が周期を終えた角を森に落とすがよろしく、今年の葉を支えていた茎が、用を終えて落ちているんですね。
今年の秋もかなり残っていたんですが、最近の強風であおられて一気に落ちてきてます。
残っている茎も、根元がゆるんでいるんで…。



バッド(下向き矢印)ちょっと押すとポッキリはずれます。
冬のウルシの木

  はずれたあと。
2012MG_6487.jpg

このようにハート型になっています。ムード

2012MG_6481.jpg
茎を落とした枝(または幹)には、来年の芽がしっかりと萌え出ています。

今年もあと1ヶ月弱、今から新しい年が楽しみです。ぴかぴか(新しい)


2012G_6408.jpgさて、今日のおまけ写真は…。寒くなったので、あまり外出しなくなったミル&うり坊です。井戸端…じゃなかった、ストーブ端で密談をしています。


posted by 宮崎佐和子 at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ■ 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60537393

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->