2012年12月15日

■クリ材のお弁当箱を挽いています。

調整中の漆室がまだ稼働していないので、木工旋盤での木地挽きをしている松本です。(…という名目で半分息抜きなんですが;;)


バッド(下向き矢印)挽いていたのは、この木地。
2012MG_6607.jpg
クリ材のお弁当箱になる予定の木地なんです。今日挽いて、中荒挽きの状態です。

この木地は、夏に荒挽きしたまま、忙しくて置いていました。そして12月中旬のいま頃になって中荒挽きをしたようです。
このあと、一ヶ月ほど置いて再び中荒挽きをして合口の寸法出しをします。(その後、やっと仕上げに入ります… う〜ん、なかなかかかりますね)
でも、ゆっくり時間をかけて挽かないと、きれいな木地ができないので気長にすすめます。


バッド(下向き矢印)中荒挽きの状態…。
2012MG_6610.jpg
2012MG_6603.jpg
クリの可愛らしい木目がいいですね。ムード
(ちょっと杢が入っていたります)
国産漆、国産無垢材、無溶剤、接着剤なしのお弁当箱… 探されている方が多いようなので、開発することにしました。


気晴らしの作業なので、今日2時間だけの仕事でした。また、進んだ時は経過をお見せしたいと思います。^^

それにしても、漆室(上塗りの回転漆室)の調子が出るのが待ち遠しいなあ…。
整い次第、今年最後の塗り仕事に入ります。木地を彫ったり挽いたりのお仕事は、年明けですね。特注のご注文をいろいろいただいていますので、気力十分で取りかかりたいと思います。



2012MG_6659.jpg今日のおまけ写真は… 東京のお客様からお祝いにいただいたアレンジメントです。(お花の正面の写真でなくてごめんなさい;;) スモーキーピンクが基調のおとなっぽい可愛らしさのアレンジでした。ありがとうございます。ハートたち(複数ハート)


いつも励みにしています☆→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング
posted by 宮崎佐和子 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) |   木工旋盤
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60791638

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->