2013年02月22日

■ウルシノキの端材をお譲りします。

気がつくと、もう日が長くなってきていますね。
午後6時になっても、まだ外が明るいです… 春分に向けて着実にお日様が近付いているようです。わーい(嬉しい顔)

さてさて、ちょっとお知らせがあります。

先日より、木工場で材の整理をしている松本… 

7/31漆の板材36年前、岩手県から漆掻き職人の大森俊三さんにお願いして仕入れてきた大量のウルシノキ。
少しづつ使ってきましたが、なかなか木工場が片付かないので、そのウルシノキの木地取りをしています。バンバン切っているのでどんどん片付く木工場…。やがて、木っ端たちがた〜くさんたまってきました。あせあせ(飛び散る汗)

ウルシの木の端材

「こりゃ、燃やすのたいへんだな〜」と思っていたのですが、ふと気づきました。
「これ、欲しい人っているかな?」


私たちにとってはありふれた素材でも、興味を持ってくれる方がいらっしゃるかも…ウルシの苗のように)と思い、試しにショップ和×和にてご紹介しています。

漆の木 ウルシの木 ウルシノキ 国産漆
60サイズ、80サイズ、100サイズの段ボールに無作為につめつめしました。
(詰め込みが上手な松本の手で、みっちり詰まっています〜)


ウルシはあちこちにある木ではないので(伐採もコツが要りますし)ちょっと珍しいと思います。木質としては、桐に近いです。軽くて水に強いので、昔はアバギ(うき)にも使われてきました。そして独特の黄色い色をしています。(この黄色は色あせます)
もし欲しい方がいらっしゃったら、着払いでお送りいたしますよ〜〜。
詳しくはお店のほうをごらんくださいね。ムード



ミルミルさて、今日のおまけ写真はミルミルちゃんです。今日もお天気がよかったので、木工場の日だまりの中でごきげんちゃんです。(しかし、木くずまみれになって、玄関で叩かれて一気にごきげんななめに…たらーっ(汗)


いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 22:23| Comment(7) | TrackBack(0) | ■ お知らせ
この記事へのコメント
「ウルシノキで私も何か作りたい!!」と思ったら、もうsold outでした…
皆さん早いなぁ…
ウルシノキは木材にすると、かぶれないんですね!意外です!
漆の樹液は湿度によって硬化するようですが、伐ったばかりのウルシノキは室に入れるとどうなるのでしょうか?
精錬されていないと硬化しないのですか?
変な質問ですみません…
Posted by ナツ at 2013年02月24日 17:09
ナツさん、お久しぶりです。^^ コメントをくださいまして、ありがとうございます。もうすぐ春休みですね。

漆樹液は、『漆液溝』というところだけにあります。(外樹皮と形成層の間にあります)ごく表面に近い所だけで、中の木部には漆樹液は含まれないのでかぶれないんですよ〜 なので、伐ったばかりのウルシノキを漆室に入れると漆液溝に残っている漆が硬化します。

>精錬されていないと硬化しないのですか?

精製していない生のウルシも乾きますよ。^^
Posted by 宮崎佐和子 at 2013年02月24日 20:21
そうなんですか!生き物は奥深いです。
流石、漆の専門家!木の構造まで熟知されているんですね!尊敬します。

こちらはツクシはまだですが、あちらこちらで春の香りです。
只今、こちらは学年末テストの真っ最中です…一年が経つのは早いですね。
高校では私と同じ「日本の職人になりたい」という稀有な友人に出会えました。
「いつか日本一周 手づくり巡りに行きたいねー」と話しています。

久しく投稿していなかったので、名前を覚えていただけていて嬉しかったです。
ありがとうございます。

Posted by ナツ at 2013年02月25日 17:23
ナツさん、こんばんは!

>高校では私と同じ「日本の職人になりたい」という稀有な友人に出会えました。
>「いつか日本一周 手づくり巡りに行きたいねー」と話しています。

わわっ、いいですね〜〜!!(若いっていいなあ…)
職人さんになるには、やはり少しでも若いうちに修行するのが吉ですよ☆(ちなみに松本は8才の時からしていました)
もし、一周で四国に来られる時は、ぜひうちの工房にもお寄りくださいね。(^^

これからも、よろしくお願い申し上げます。
Posted by 宮崎佐和子 at 2013年02月25日 21:12
始めまして杉本です。
ブログを見て、うるしの端材がたくさん残ってることで、
ご連絡させていただきました。
もし廃棄してしまうのであれば、分けて頂けたらと思っております。
こちらは東京都なので、
着払いで端材を送って頂きたいです。

お返事お待ちしております。
よろしくお願い致します。
Posted by 杉本 美智 at 2022年01月14日 08:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62809188

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->