2006年05月23日

■今日の仕事。



久々に漆の仕事の様子をお知らせしたいと思います。
5/23/作業1
5/23/作業アップ

4/16にトチ材の「フリーカップ」を枝漆で最初の木地固めをしました。(カテゴリ「工房の仕事」4/16参照) その後乾かして、約1ヶ月置いてよく枯らして(安定させる、よく乾燥させておくの意)いました。
その木地を薄く下地を付けて、しっかり目止めをしておいたのです。(そして下地はきれいに研摩。また、手の皮膚が下地といっしょに削れて痛い… (T_T) と松本が言っております)

今日の仕事は、一回目のすり漆。生うるしをまんべんなく塗り込んでよく吸わせ、ウエスで余分な漆をきれいに拭き取ります。
研摩したあとのかさかさした肌がしっとりして、一気に「漆の器」らしくなって、ちょっと嬉しくなる瞬間です。(^^) 

5/23/木地比較
※余分な漆を拭き取る前の写真ですが… 右側がすり漆をする前の、研摩後の木地です。

ランキング参加中、毎日ムード→  人気blogランキング
ブログ村美術ランキング

posted by 宮崎佐和子 at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ■ 工房の仕事
この記事へのコメント
おー!ええ感じです!
ai-japan新入荷も近し!って感じですね・・。
Posted by ShopMaster at 2006年05月24日 21:12
いや〜それがですね、ここからがけっこう長いんですよ (^^;)
仕事を急げないのが、漆の良さでも辛いところでもありなんです。じっくり進めていきます♪
Posted by 宮崎佐和子 at 2006年05月25日 21:13
プログ拝見いたしました。手作り感があってとても良いと思いました。私は展示会などで陶器、漆器等扱っています。ご連絡をいただけましたらと思います。
Posted by 高橋 at 2009年09月08日 14:01
高橋さん、はじめまして。
この日記を見つけてくださいまして、またコメントを下さいまして、ありがとうございます。^^
(3年以上の前のこの記事、懐かしく?読み返しました)

>私は展示会などで陶器、漆器等扱っています。ご連絡をいただけましたらと思います。

高橋さんは、プロデュースのようなお仕事をされてらっしゃるのでしょうか? 
うちのようなところに、目にとめてくださいまして、本当にありがとうございます。
恐れ入りますが、この秋〜年末は、催事の予定が押しておりまして… ;;
たいへんばたばたしております最中ですので、ご期待に添えずかえってご迷惑になっては申しわけないです。
また、時間ができましたら、ゆっくり考えさせていただきますね。^^

とりいそぎ、こんなお返事ですみません。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
Posted by 宮崎佐和子 at 2009年09月09日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/709613

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->