2007年11月25日

■黒田の水銀朱を持って帰りました。

今日は、松本が高松の実家に行ってきました。
お目当ては「黒田水銀朱」。
ごっそり、そのお宝の山ぴかぴか(新しい) を善通寺の工房に持って帰ってきたのでした…!

11/25 黒田朱1
これが黒田水銀朱。古いもので木箱にぎっしり入ってます。
ほこりをかぶってますが、これがなかなか貴重なものなのです。
11/25 黒田朱とむぎ1
今日のナビゲーターはむぎ君です。
『ウチに来た荷物は僕のチェックがいるんだよ』
11/25 黒田朱とむぎ2
木箱を部屋に担ぎ込むなり、猛烈なむぎチェックです。
(そしてそしらぬ顔でごはんをがっつくうり坊…)
この木箱、小ぶりですが1箱15キロの重量があります!


さて、気をとり直して…あせあせ(飛び散る汗)
11/25 黒田朱2
漆、といえば黒か朱色がまず頭に浮かびますが、漆本来の色は飴色です。これに着色をして黒や朱の美しい色を出しているわけですが、漆は古くから使われている素材だけあってその顔料はさまざまな種類があります。そして、それらはそれぞれ独特の色味を持っているのです。

※朱について
佐々木英著「漆芸の伝統技法」より引用させていただきます。
朱… 古くは天然に産出する辰砂(中国の辰州から多量に産出したので、この名があります)を使っていましたが、現在は同じ成分の硫化水銀から人工的に生産されます。天然の朱は産出した場所によって異なるのか、古い漆器の朱色には特長が見られます。
人工的に生産される朱は『銀朱』といいます。水銀と硫黄とを混合し、硫化水銀をつくるところからこの名があります。
つくるときの加熱温度により、本朱(紫紅色)、洗い朱(朱色、橙色)ができます。本朱、洗い朱赤口、洗い朱黄口、洗い朱淡口と、顔料が分かれていきます。
透き漆(木地呂漆、朱合い漆、梨子地漆、素くろめ漆)と混合させます。…(以下略)


なにやらおだやかならぬ語句も並びますが…。
この黒田水銀朱がなぜ貴重かというと、もうずいぶん前に生産が終わっているから。
それで今は入手しづらくなっているヴィンテージ的な存在の朱ですが、たいへん美しい朱漆を作る事ができるのです。


さて、松本が未開封の木箱を開いています…!
11/25黒田朱を開く松本11/25 出て来た黒田朱
わわっ、一面の黒田朱が…!
タイムカプセルを開くような気分です。


11/25 黒田朱3
今回、持ち込んだ朱たち。
左二つが一番多く入っていた、黒田朱。(製造時期が違うのか、箱の色が違います)
真ん中が「ダイヤカラー」という見慣れない銘の朱で、少量数入ってました。(松本も実家で使っているのを見たことがないので、おそらくサンプルとして当時購入したのだろうということで、松本は全く興味がなさそうでした…)
右のが「竹屋」の紅色です。これは朱ではないですが、とても美しい赤色の漆ができます。


さて、これらの貴重な黒田水銀朱を包んでいた昭和の新聞紙も、なかなか見入ってしまうものがあります。
11/25 黒田朱を包んだ古い新聞紙
日付けが昭和49年…!
私も松本も生まれてますが
物心つくかどうかの頃ですね。
(テレビの広告も懐かしいものが…)


工房では、普段使いできる漆と見て楽しむ漆、両方を作るようにして多くの方に見ていただけるよう少しずつ仕事を続けています。
これらの美しい水銀朱たちは、きれいだけどやはり普段使いの器には使わないようにしています。(見て楽しむ器や、漆絵画などには使っています。この朱を使って描く朱つばきがたいへん美しいのです)
さて、こんなに大量の朱を持ち込んだのには訳があり、これらの朱を使って美術工芸品としての漆も力をいれていこうと考えています。
日本産漆の中でも、高品質な漆にとって、この朱との出会いは欠かせないものだと思うのです。
形となるのは、そうとう先の事となりますが…、少しずつ準備をして輪郭をはっきりさせていきたいです。


今日は、古いものをひさびさに間近で見て触れて、手や床がざらざらになってしまいました。笑 
無邪気な猫たちは古新聞に飛び込んで大はしゃぎ。軽い興奮状態におちいって、なんだか落ち着かない一日の締めくくりとなりました。


11/25 黒田朱とむぎ3
『…それにしても、こんなもののどこが
いいのか分からないにぃ〜 ダッシュ(走り出すさま)

本日のむぎ君のコメントでした。^^



posted by 宮崎佐和子 at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) |   素材
この記事へのコメント
あはは(*´∀`*)


むぎチェックの後ろでごはん食べてるウリ坊の構図がめっちゃ笑えます
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャッ


野生で生きてきたウリ坊と坊ちゃん育ちのむぎ君って感じですね(和)
Posted by 黒柿 at 2007年11月27日 07:04
さすがは老舗! すごいお宝ですね。
大切にかつ必要なところには大胆に使ったすばらしい作品を期待しています。

お小遣いをためて、何か注文しようかなあ・・
Posted by 舁だんじり at 2007年11月27日 12:23
黒柿さん♪
そうなんですよ〜 うり坊は、いつもごはん食べてます。笑
先日、こっちの番組に少し工房の様子を紹介してもらった時に、三匹のネコも出たんですが、その時もうり坊は、自分のお茶碗に顔突っ込んでいる姿でした。

飼い猫になってもがっつきはあいかわらずです…
むぎ君はやっぱりかないません。
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年11月27日 23:35
舁だんじりさん、こんばんは。^^

黒田の水銀朱…といっても、分かる人しか分からないでしょうが…。
せっかく縁あって、すばらしい素材を使わせていただくので、いいものができないとおかしいですね。
って思うと、ちょっと緊張してきます。^_^;
Posted by 宮崎佐和子 at 2007年11月27日 23:40
初めてコメントさせて頂きます。私は京都に住んでおりますが、私の古くからのお客様が、大阪の黒田様です。妹様の代まで、黒田の朱を作ってられましたが、今は、長女の俊子様だけになり、1日にお宅に伺った折に、このブログのプリントを見せて頂きました。どなたかが、黒田さんに送られたそうで、とっても懐かしく、喜んでられました。家には未だ、僅か残っているそうなので、書道家である俊子さまは、その朱で陶板に字を書きたいと色々、研究してられます。もし、黒田の朱で出来上がった作品があれば、是非、お知らせ下さいませ。彼女に伝えたいと思います。
Posted by 佐野 由利子 at 2016年05月02日 16:34
佐野さん、はじめまして!!
このたびはコメントを下さいまして、ありがとうございます。(^ ^)
つい先日、黒田さんにお会いになられたのですね。
3月の大阪の展示会にお越しになられて、松本がごあいさつしました。
とてもすてきな方で、ほんとうに不思議なご縁でお会いできたのも、ネットのおかげだと感謝しています。

黒田朱を使った作品は、まだほとんどありませんが、美術仕様の作品展開で活かそうと思っています。
Posted by 宮崎佐和子 at 2016年05月02日 23:31
はじめまして。朱について調べていたら偶然このブログにたどり着きました。

随分前のブログのようで、もうご存知かも知れませんけど、とゆうか私自身確証ないのですが…ブログの中に出てきたダイヤカラーとゆう顔料、これってカドミウムレッドではないですか?
Posted by おおもり at 2016年05月28日 13:22
おおもりさん、はじめまして。

コメントを下さいまして、ありがとうございました♪♪

先日、黒田朱の製造元のお嬢さんにお会いした時に、そのようなことを教えていただきました。
廃棄の際は、業者さんに委託しないといけませんね〜〜〜。(^^;
Posted by 宮崎佐和子 at 2016年05月28日 14:14
お返事ありがとうございます。

お〜やはりそうでしたか!いや、貴重な物を見た気がします。話には聞いていたのですが今はもう作っていないし誰も持っていないものですよね。当然ですが…
確かにおいそれと廃棄はできない分処理が大変ですね。でも使えはしないかもですけど捨ててしまうのも勿体無い気がしますね。朱の歴史の一部と言うか笑
Posted by おおもり at 2016年05月28日 22:21
おおもりさん、こんばんは!(^ ^)
そうなんです〜〜 今までは何気なくずっと置いていて、使う予定もなかったんですが;;
ある意味ではけっこうなレア品かもですね。(汗
亡くなった義父の収集品の一部なんですが、
私たちが生きている間には、ちゃんと「お片づけ」しようかと思っています。
Posted by 宮崎佐和子 at 2016年05月29日 00:35
おはようございます。

お片づけしてしまうくらいなら私に譲ってくれはしないでしょうか(^^;;
この顔料もちろん使うわけではないのですが私も収集癖とゆうか、昔はこんなものがあったんだとゆうことで残しておきたいとゆうか…
管理に気を使う物でしょうから無理にとは言いません。
Posted by おおもり at 2016年05月29日 07:16
おおもりさん、こんばんは。(^^)
きっとマニアックな方なんでしょうね〜〜〜。たのしいです♪♪

ただ、こうしたコメント欄では、物品のやりとりはできかねますので…;;(いろんな方がごらんになってるので)
すみません(汗

またいつかお会いした時にでもお話しできたらな思います。(^^)
Posted by 宮崎佐和子 at 2016年05月29日 23:08
お返事ありがとうございます。

ですよね。失礼いたしました。
いつか個展など有りましたらお邪魔したいと思います。その際は宜しくお願いします!

ブログこれからも楽しみにしていますね^ ^
Posted by おおもり at 2016年05月30日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7185243

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->