2013年08月05日

■離乳食と漆のスプーン&うつわ。

昨年生まれた娘が、今日で10ヶ月になりました。
あと2ヶ月で1才になります。まだ移動はズリバイですが、つかまり立ち?を試みるような動きも始めて目が離せません。あせあせ(飛び散る汗)
あと、初めての言葉かどうか分かりませんが「マンマ、マンマ」とハッキリと発音するようになり、「こ、これか!!」と注目していたりします。

離乳食は、あまり進んでいる状態ではなく…
ごく最近になって、いくらか固まりのある柔らかい食事ができるようになりました。保健師さんが「焦らなくても大丈夫」と言ってくれたのもありますが『離乳がうまくいかなくて、大人になってもご飯が食べられない人』を見聞きしたことがないので、大丈夫だろうと気長に様子を見ていましたが…。
でもなんだかんだとよく食べてくれるようになったので、食事の時間も楽しくなりました。


そこで今日は、娘の食事風景を少しご紹介したいなと思います。ムード



↓あそこに、松本のつくった漆のお皿を目利きしている人物がいます。

2013_3603.jpgう〜ん、まだまだおぬしは半人前じゃ!


201210150724000.jpg←誕生したときは、こんなに小さかったのに…。
本当に赤ちゃんの成長は早いですね。たらーっ(汗)








さて、今日の昼食は、おかゆと、里芋とオクラの煮物の卵とじです。

離乳食の漆器、漆スプーン
里芋もオクラもネバネバ野菜で、おいしいですよね。よく食べてくれます。
白身魚や卵、枝豆などでたんぱく質を入れていますが… まだお肉とかは食べてくれそうな感じではありません。(そぼろは食べなかったです;;)


バッド(下向き矢印)そして、最近使っているスプーンは、この薬味匙です。
2012MG_5978.jpg
ものすご〜く華奢なこのスプーン…。
オーダーのお客様のためにつくったサンプルのスプーン※を最近よくつかっています。
粘りのあるミズメザクラ材(木櫛によく使用される材です)で作っていて、細くてしなやかなこのスプーン。
スッと小さなお口に入ってくれるので、とても使いやすいんです。


いただきま〜す。
2013_3645.jpg2013_3667.jpgニッコリです。ハートたち(複数ハート)

少しの量もきれいにすくえて、スッと口に入り、お口のまわりに残ったごはんもこのスプーンでサッとすくってまたお口に…。
スパスパとお食事がすすんでくれます。まわりもほとんど汚れないので、片付けもとってもラクなんですよ。

こんなにデリケートなスプーンなので、子供自身に使わせるわけにはいきませんが…。
親が食べさせるには、とても心地よいスプーンじゃないでしょうか。^^
いつか子供用のスプーンをいろいろ作ってみたいな〜と思います。

いつもありがとう…→  ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
posted by 宮崎佐和子 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) |   漆のうつわとの暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71883484

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ
y
<!-- [FC2 Analyzer] -->